本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国大統領府NSC「金正恩国務委員長の『南北通信線復元』措置を評価する」
国家安全保障会議(NSC)の常任委員たちは30日に定例会議を開き「10月初めに南北通信連絡線を復元する」としたキム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長の措置を評価したと韓国大統領府が明らかにした。常任委員たちは、南北間の懸案協議解決のため、速やかに対話チャンネルが復元されなければならないという考え...
別窓で開く

金正恩氏の演説検討…「対話チャンネルを速やかに復元すべき」=韓国大統領府NSC
韓国大統領府は30日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会会議を開き、北朝鮮の最高人民会議の開催とキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の施政演説などを検討した。大統領府はこの日午後、ソ・フン(徐勲)国家安全保障室長の主宰でNSC常任委員会会議を開催したと明らかにした。参加者らは金正恩委員長が言及し...
別窓で開く

韓国統一省「南北連絡線の回復に備える」…「安定的運用を期待」
韓国の統一部(省)はきょう(30日)、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党総書記が来月初めに「南北通信連絡線の回復」の意志を明らかにしたことから「それに備える」という立場を伝えた。統一部の報道官は「政府は当局間の対話が回復し、朝鮮半島情勢が安定される中、様々な懸案を協議・解決していくためには...
別窓で開く

金与正氏、国務委員に選出…北朝鮮で最高人民会議
北朝鮮の最高人民会議第14期第5回会議の2日目が29日、金正恩総書記の参加の下、平壌の万寿台(マンスデ)議事堂で行われた。金正恩氏は施政演説で、米国からの対話呼びかけは「欺まん」であると主張。北朝鮮に対する敵視政策がいっそう狡猾になっていると非難した。...
別窓で開く

金与正氏、党の核心「国務委員」に
キム・ジョンウン(金正恩)国務委員長の妹であり、対韓国・対米国政策を総括するキム・ヨジョン(金与正)労働党副部長が国務委員に名を連ねた。30日北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」によると、北朝鮮は前日、ピョンヤン(平壌)万寿台議事堂で開かれた最高人民会議14期5次の2日目の会議で、国務委員会副委員長、委...
別窓で開く

韓国統一相、北によるミサイル発射の中「対話を始めるべき時期だ」
韓国のイ・イニョン(李仁栄)統一相はきょう(29日)、北朝鮮による「南北首脳会談」言及と極超音速ミサイルの試験発射など朝鮮半島情勢が激しく動いている中「今が対話を始めるべき時期だ」と強調した。イ統一相はこの日、ヨーロッパ巡訪のためインチョン(仁川)国際空港から出国する前に記者たちに対し、南北対話再開...
別窓で開く

北朝鮮、韓国SLBM搭載潜水艦の進水式の日に短距離ミサイル発射
北朝鮮が短距離ミサイルを発射した28日、韓国では潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の搭載が可能な3000トン級の最新鋭潜水艦「チャン・ボゴ(張保皐)-3 Batch-1 3番艦」のシン・チェホ(申采浩)艦を進水した。申采浩艦はこれまでの「トサン・アン・チャンホ(島山安昌浩)やアンム(安武)」と同様、...
別窓で開く

北朝鮮、10・10節の「ミサイルカード」で韓国の「ダブルスタンダード」をテスト?
膠着していた南北関係と朝鮮半島情勢の時計の針が再び動き出そうとしているが、依然として薄氷を踏むような状況が続いている。一部では「北朝鮮が来月10日(10月10日)の朝鮮労働党の創党記念日に短距離ミサイルの試験発射などを通して、南北対話の再開と南北関係の回復の前提条件として掲げた “韓国側のダブルスタ...
別窓で開く

韓国大統領府「南北首脳会談、大統領選用の “ショー”ではない」
青瓦台(韓国大統領府)はきょう(27日)、南北首脳会談などについて言及し敵対視政策撤回を条件とした北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長の談話文に関して「具体的な要求事項が、過去のように提示されたわけではない」として、肯定的にみていることを明らかにした。...
別窓で開く

金与正氏の肯定的な談話で、南北首脳会談が急激に進展か
文大統領の「終戦宣言」の提案について、北朝鮮労働党副部長の金与正氏が連日肯定的な談話を発表したことで、南北首脳会談の実現に関心が高まっている。26日、韓国メディアのソウル経済新聞によると、金与正氏が二日連続で肯定的な信号を送ったという。日に日に「対話のテーブルにつく」という意思が強まっているようだ。...
別窓で開く


[ チャン 北朝鮮 ] の関連キーワード

slbm 北朝鮮 nsc