本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ポケモンSV』アオキの“投球フォーム”が話題に 「謎の既視感」の正体とは…
Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に登場するジムリーダー・アオキ。その「モンスターボールの投げ方」に注目が集まっている。■ジムリーダー・アオキアオキはチャンプルタウンのジムリーダーであり、専門タイプはノーマル。...
別窓で開く

◆紅白の人選に不満が噴出 大みそかの『第73回NHK紅白歌合戦』の人選について「若者向けの人選すぎる」という不満の声がやまない。韓国系アーチストが5組で、ジャニーズ事務所勢が6組出る。若者を意識した人選なのは間違いない。もっとも、若者に観てもらうための人選は1970年代、80年代から行われていた。若...
別窓で開く

春日俊彰、TV番組出演本数発表に手応え? 1位獲得で「ビールかけしたい」
30日放送『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、翌1日発表の「テレビ番組出演本数ランキング」について言及。1位を目指してきたオードリー・春日俊彰が、カウントされる最後の出演となる同番組で心境を明かし話題を集めている。■明日、発表11月30日までの出演本数がカウントされる「テレビ番組出演本数ランキ...
別窓で開く

「阪神じゃない…!」サッカーW杯のさなか、“熱烈な虎党”デイリースポーツが報じた「意外なニュース」とは
 サッカー日本代表の決勝トーナメント進出は、スペインに勝てば自力進出・負ければ敗退。ワールドカップはすごい展開に。ではここまでの報道をおさらいします。 初戦は日本がドイツに歴史的な勝利。となるとどうしても気になったのが翌日のスポーツ紙である。それは、「デイリースポーツの一面は何か?」 デイリーは熱烈...
別窓で開く

中日・江藤慎一は水原茂監督に土下座も許されず。仲裁に向かった張本勲には「お前、入るな」
昭和の名選手が語る、"闘将"江藤慎一(第8回)前回を読む>>江藤慎一の専属バッティング投手だった大島康徳。打撃練習なのにニューボールを使う決まりごとに驚いた1960年代から70年代にかけて、野球界をにぎわせた江藤慎一という野球選手がいた(2008年没)。ファイトあふれるプレーで"闘将"と呼ばれ、日本...
別窓で開く

阪神・佐藤、三塁レギュラー剥奪の危機? 岡田新監督が与えたオフの“宿題”は
阪神タイガース選手会の来季の役員人事が発表された(11月24日)。選手会長は3年連続で近本光司、副会長には中野拓夢が、役員には湯浅京己が選出された。中野と湯浅は新任である。 「佐藤が選出されるってウワサもあったんだけどね…」 佐藤輝明は来季がプロ3年目だが、“大学卒のオトナ...
別窓で開く

米アナリストが来日取材で感じた大谷翔平の“凄み”とは? 驚異的な二刀流の裏側に見出した「仕事に対する姿勢」
2022年シーズンも驚異の二刀流パフォーマンスを披露し、米球界を大いに沸かせた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。オフに入ったいまも、図抜けた活躍への余韻は冷めやらない。 【動画】異次元の活躍!打っては34本塁打、投げては15勝!大谷翔平の2022年まとめ メジャー5年目の今季は、打者...
別窓で開く

阪神ファンの蝉川泰果、TVマッチで鳥谷敬さんとの共演に感激「めっちゃ男前!」
10月31日にプロ転向したばかりの蝉川泰果が、試合以外の“初仕事”を行った。プロ転向3戦目の「ダンロップフェニックス」を終えた翌日、トム・ワトソンGCでテレビマッチ「京セラ フェニックスチャレンジ」(※)に参加。世界ランキング43位のミト・ペレイラ(チリ)、片岡尚之、笠りつ子、岩井明愛・千怜姉妹がそ...
別窓で開く

「オオタニとは対戦したくない」——超遅球に三振を喫した大谷翔平は“ゴリアテ”!? 米識者がクレメンス息子の投球に再脚光!
伝説の名投手の血を受け継ぐ男と“偉才”の対決が、ふたたび脚光を浴びている。 現地時間11月19日、“ピッチングニンジャ”の愛称で知られるアメリカの投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで、「ピッチングニンジャアワード2022」を投稿。...
別窓で開く

大谷翔平が「地球上で最高の選手」だったからこそのMVP。ジャッジが漏らした言葉に感じたヤ軍主砲の“本音”
さまざまな論争を巻き起こしたレースに終止符が打たれた。現地時間11月17日、ア・リーグMVP投票の結果が発表され、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)が1位票を28も集めて初の栄冠を手にした。昨季に満票で同賞を手にしていた大谷翔平(エンジェルス)は、2位にとどまった。...
別窓で開く


[ タイガース ] の関連キーワード

デイリースポーツ ポケモン