本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



桐谷健太×佐野玲於×森田剛の演技に鳥肌『インフォーマ』がドラマ界に与える“刺激”
「桐谷健太の覚醒の作品になったと自負しております」。1月19日にスタートする新ドラマ『インフォーマ』(カンテレ、毎週木曜24:25〜 ※関西ローカル)制作発表記者会見で、桐谷健太はこう語った。沖田臥竜??の同名小説をドラマ化した本作は、元ヤクザのカリスマ情報屋・木原慶次郎(桐谷)とゴシップ誌「週刊タ...
別窓で開く

ステラおばさんの「クッキー詰め放題」が明日19日(木)開催! 「朝からオーブンフル回転でクッキーを焼くわよ〜」 税込1,700円で3,500円以上詰められる。「ジッパーが閉まるまでチャレンジ!」
 森永製菓のグループ会社のアントステラが展開する、アメリカンカントリー焼き菓子専門店「ステラおばさんのクッキー」が、「クッキー詰め放題」イベントを、2023年1月から毎月日の9のつく日の「お客様感謝デー」に全国39店舗で定例開催します。...
別窓で開く

信頼できる発信者を識別する技術の実用化・ウェブ標準化を目指す「オリジネーター・プロファイル(OP)技術研究組合」設立 村井純・慶應大教授が理事長に
オリジネーター・プロファイル(OP)技術研究組合のウェブサイト  インターネット上で信頼性のあるコンテンツ作成者などを識別する技術「オリジネーター・プロファイル(Originat...
別窓で開く

「石油人民元」は世界のエネルギー新秩序構築の第一歩か
新型コロナ対策をこれまでの「動的ゼロコロナ」から事実上の「ウィズコロナ」に調整した中国。今後は経済回復に重点を置き、対外的な経済活動も始まりつつある。経済の回復には電力消費が伴うが、周知のように、ウクライナ情勢を受け、国際的なエネルギー価格が上昇しているため、中国にとってエネルギーの確保は重要だ。...
別窓で開く

大谷翔平の残留は「伏線」だった…成績低迷のエンゼルス、新オーナーの“候補”と大谷の“ゆくえ”
 メジャー5年目のエンゼルス大谷翔平が2022年、投手として15勝を挙げ、打者としても34本塁打を放ち、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりとなる「2桁勝利&2桁本塁打」を達成した。今や大谷は、MVP争いを演じたアーロン・ジャッジ(ヤンキース)と人気を二分する世界的なスーパースターとなった。...
別窓で開く

アーセナル、英代表MFライスに熱視線…夏にクラブ史上最高額を注ぎ込む可能性も?
アーセナルがウェストハム所属のイングランド代表MFデクラン・ライスへの関心を強めているようだ。16日、『タイムズ』や『デイリーメール』など複数のイギリス紙が伝えている。 今シーズンのプレミアリーグでここまで15勝2分1敗・勝ち点「47」の成績で首位を快走しているアーセナル。...
別窓で開く

56歳・ダンディ坂野、“ゲッツ”71連発 小島よしお「マシンガンみたい」
お笑い芸人のダンディ坂野と小島よしおが17日、都内にて開催された3DCGアニメ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac バトル・サンクチュアリ』配信記念イベントに出席。ダンディがお馴染みのギャグ「ゲッツ」を71連発し、小島に「マシンガンみたい」と言わしめる場面があった。...
別窓で開く

「戦争起きればソウルからの脱出は不可能」…「戦争を知る前にすべては終わる」=英メディア
英国経済紙のフィナンシャルタイムズ(FT)のソウル支局長であるクリスチャン・デイビス氏は「朝鮮半島で戦争が起きる場合、自分の生存する確率は0%に近い」というコラムを書いたことで話題となっている。最近、北朝鮮による挑発が続いている中、韓国内に住んでいる外国人たちも「偶発的状況が起きる場合、どのように対...
別窓で開く

NYタイムズ「行くべき52カ所」にあの東北都市 ロバート・キャンベル「目の付け所は心憎い」
米国のニューヨークタイムズが「2023年に行くべき52カ所」として世界各地の旅行先を発表したが、英国・ロンドンに次いで2番目に紹介されたのが、なんと岩手県盛岡市だった。きょう17日(2023年1月)の「スッキリ」は、盛岡市の魅力を探った。県庁所在地である盛岡市は、人口約29万人、東京駅から新幹線で2...
別窓で開く

中国メディア「日本が米国の手下として動けば、アジアのウクライナになるだろう」
中国は、日米首脳会談などを通して米国との密着を強化している最近の日本に対し「けん制のレベル」を上げている。中国の官営英字紙“グローバルタイムズ”は16日「『日本が米国の戦略路線に従えば、自分たちをアジアのウクライナにする危険がある』というタイトルのコラムを掲載した。...
別窓で開く