本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【ポワロ、ホームズをおさえて人気No.1名探偵】『ガマシュ警部 スリー・パインズ村の事件簿』
カナダの郊外に位置する小さな集落「スリー・パインズ村」で起きる殺人事件に、温厚で頭脳明晰なガマシュ警部が挑む新作ドラマがAXNミステリーにて独占日本初放送!閉鎖的な村を舞台に繰り広げられる推理劇と、現代のカナダが抱えている社会問題を丁寧に織り交ぜた上質な刑事ドラマです。今回は、そんな本作を見る前に抑...
別窓で開く

村上春樹新作『街とその不確かな壁』のテーマは「早稲田大学の殺人事件」?
 その街に行かなくてはならない。なにがあろうと—— 〈古い夢〉が奥まった書庫でひもとかれ、呼び覚まされるように、封印された"物語"が深く静かに動きだす。 2023年3月1日、村上春樹さんの新作長編小説のタイトルと装幀が新潮社から公開された。作品のタイトルは『街とその不確かな壁』。装画は気鋭のイラスト...
別窓で開く

リヴァプールがバイエルンの20歳MFに関心、父親と接触か…値札は約41.5億円?
リヴァプールは、バイエルンに所属するオランダ代表MFライアン・フラーフェンベルフの獲得に関心を示しているようだ。15日、イギリス紙『タイムズ』が報じた。 リヴァプールは来シーズンに向けて中盤の再編が必須となっており、今夏の移籍市場でのMF補強が確実視されている。...
別窓で開く

尹大統領の支持率20%台に…政府や与党に批判の声も=韓国
韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領の支持率が20%台に下落したことで、政府や与党に対する批判の声も上がっている。1か月以上続いた対日外交問題とともに、米中央情報局(CIA)が大統領室を盗聴したとされる問題に対しても、韓国政府のずさんな対応が、大統領支持率の下落につながったという評価が出ている。...
別窓で開く

日本の小説が海外でブームに!? 中村文則×村田沙耶香の対談から探る“海外翻訳”最前線
海外で最もよく読まれている作家といえば、必ず名前があがる中村文則さんと村田沙耶香さん。2人の対談から小説の海外翻訳の最前線を探ります。村田沙耶香(以下、村田):この数年、日本の小説がイタリアでブームなのだと、イタリアの翻訳家さんから教えてもらいました。イタリア語翻訳ができる人が足りなくて、たくさんの...
別窓で開く

「シェア活を取り入れよう」お金の教科書Vol.18 #リアルボイス
毎日の暮らしや将来に必要なお金のこと、きちんと把握してますか? 「わからない」ゆえの不安は、知ることで解消できるはず! “お金初心者”3人と一緒に、お金の勉強を始めましょう。「お金の教科書」、今回のテーマは「シェア活を取り入れよう」です。シェア活を取り入れよう和田由貴さん 節約アドバイザー。...
別窓で開く

アメリカの機密文書流出 「ウクライナの戦争遂行能力が落ちる」辛坊治郎が解説
キャスターの辛坊治郎が4月13日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。アメリカの機密文書が流出した事態を巡り、「ウクライナの戦争遂行能力が一時的に極端に落ちる可能性がある」と解説した。...
別窓で開く

<W解説>米国による韓国政府内の通信傍受疑惑、韓国大統領室が早急に幕引きを図りたい理由
米ニューヨーク・タイムズが今月7日、米国の機密文書がSNSに流出していることが分かったと報じた。その後、流出した機密文書の中には、米国が同盟国である韓国の政府内の通信を傍受していたことを示唆する文書も含まれていたとこともわかった。...
別窓で開く

本当にあった!? 超豪華「喫煙者専用航空会社」の伝説 デビュー予定は成田線…なぜ?
航空業界ではもはや常識となっている「機内禁煙」がスタンダードになり始めたころ、「全席タバコOK・嫌煙者NG」を掲げる航空会社の設立準備が進められていました。どのような航空会社だったのでしょうか。最初はデュッセルドルフ〜成田線に 現在、「旅客機の機内は禁煙」というのは、常識のひとつです。...
別窓で開く

山口周氏が語る、激動の時代で生き残る組織に必要なニュータイプの人材とは 「わがままな問題提起者」の起用が、組織の課題解決の鍵
 かつて「実直・誠実に取り組む」「正解を出す」「綿密に計画する」といった、誠実な問題解決型のオールドタイプ人材は大きな成果を出していた。しかし、社会環境が大きく変わりつつある中、世界では「問題を提案する」「直感で動く」「行き当たりばったり」といったニュータイプの思考・行動様式が大きな成果を生んでいる...
別窓で開く