本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本人・韓国人はなぜマスクを外さないのか分析してみた」外信も気になる=韓国報道
韓国では、先月30日から病院・公共交通機関などの一部施設を除き、室内マスク着用義務が全面解除された。昨年5月の屋外マスク着用義務の解除に続く追加措置である。しかし、依然として室内・外でマスクをする人たちを簡単に見つけることができる。不便なマスクをもう外してもいいというのに、なぜまだこのような現象が現...
別窓で開く

アカデミー賞、アンドレア・ライズボローのノミネートは取り消さない キャンペーン活動に懸念で調査
『To Leslie(原題)』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたアンドレア・ライズボロー。賞を主催する映画芸術科学アカデミーは先週、今年度の候補者のキャンペーン手順に懸念があり調査すると発表し、名指しはされなかったものの、低予算映画で、限定公開しかされていなかった『To Leslie』のアン...
別窓で開く

世界有数のメディアであるニューヨーク・タイムズ(NYT)が発表した「2023年に行くべき52カ所」に岩手県盛岡市が選ばれ、ロンドンに次いで2番目に紹介された。「数ある日本の地方都市の中でなぜ盛岡が選ばれたのか」。この疑問に迫るため全国ネットの情報番組や全国紙の取材陣が盛岡に押し寄せた。一方、盛岡市民...
別窓で開く

大谷翔平WBC“ドタキャン”の可能性!? メジャー開幕前に「電撃トレード説」
(画像)MNAphotography / Shutterstock.comメジャーリーグ、エンゼルスが球団売却を中止したことで、「二刀流」大谷翔平の去就問題が再燃。開幕前のヤンキース電撃移籍が浮上した。...
別窓で開く

米司法省、ハイチ大統領暗殺で4人起訴
米紙ニューヨーク・タイムズによりますと、米司法省は1月31日、カリブ海のハイチでモイーズ大統領(当時)が暗殺された事件で、ハイチ系米国人3人とコロンビア人1人を起訴したと発表しました。起訴された4人はハイチで逮捕されました。ハイチ系米国人3人はハイチと米国の二重国籍者です。4人は1日にマイアミで出廷...
別窓で開く

トヨタ自動車、14年ぶりの社長交代でEV競争に急ハンドル切る—香港メディア
2023年1月30日、香港メディアの香港01は、豊田章男社長が4月1日付で退任する人事を発表したトヨタ自動車の今後について分析する記事を公開した。記事は初めに今回のトヨタ自動車の社長交代人事について「4月1日付で現社長で創業者一族出身の豊田章男氏は代表権を持つ会長に、53歳の佐藤恒治執行役員が社長を...
別窓で開く

村上春樹氏の6年ぶりの書き下ろし長編小説、4月13日に刊行…新潮社が発表
 新潮社は31日、村上春樹氏(74)の新作長編(1200枚)が4月13日、同社から刊行されることを発表した。村上氏にとって2017年2月刊行の「騎士団長殺し」(第1部顕れるイデア編、 第2部遷ろうメタファー編)以来、6年ぶりとなる書下ろし長編小説となる。 また、村上作品の長編小説としては初めて刊行と...
別窓で開く

村上春樹氏の新作4・13発売「騎士団長殺し」以来6年ぶりの長編小説を新潮社から刊行
新潮社は1日、作家の村上春樹氏(73)の新作小説を、4月13日に発売すると発表した。17年2月刊行の「騎士団長殺し」(第1部顕れるイデア編、第2部遷ろうメタファー編)以来、6年ぶりとなる書下ろし長編小説だという。同社は「書下ろし小説1200枚! 村上春樹の新作長編(1200枚)が、2023年4月13...
別窓で開く

村上春樹、6年ぶり新作長編4月に刊行決定 村上作品初の刊行と同日に電子書籍も配信
村上春樹の新作長編(1200枚)が、4月13日に新潮社より刊行されることが発表された。2017年2月刊行の『騎士団長殺し』(第1部顕れるイデア編、 第2部遷ろうメタファー編)以来、6年ぶりとなる書下ろし長編小説となる。また、村上作品の長編小説としては初めて、 刊行と同日に電子書籍も配信する。...
別窓で開く

華やかな人生の裏にあった生きづらさとは。現代医学を通じて偉人たちの「心の病」に迫る
 現代人にとっては身近なものとなった「心の病」。しかしそれは広く知られていなかっただけで、今に始まったものではないようです。歴史に名を残すような人物とて、華々しい偉業の裏で、多くの生きづらさを抱え、葛藤していた姿が見られます。...
別窓で開く


[ タイムズ ] の関連キーワード

トヨタ自動車 ドタキャン 新潮社 司法省 ハイチ