本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、ベッキーさんと関根勤さん。ここでは、お2人がレギュラー出演していた「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)について、語り合いました。...
別窓で開く

バカリズム脚本ドラマが“あの番組”そっくり?「絶妙なユルさで面白い」
4月5日深夜、ピン芸人・バカリズムが原案・脚本を手掛けたドラマ『ノンレムの窓』(日本テレビ系)が放送された。既視感たっぷりのストーリーが賛否両論を招いているようだ。放送されたのは3つのショートドラマ。【関連】伝説のバラエティー企画復活も“名物キャラ”不在…「牛丼の肉抜き」 ほか風間俊介主演の『私達の...
別窓で開く

段ボール箱や洗濯板など変わったコントローラーで遊べるゲームイベント「make.ctrl.Japan」第2弾は東京ビッグサイトで! 4月23日と24日の「ゲームマーケット2022春」と併催
2020年2月に秋葉原・ガジェット通信フロアで第1弾が開催された、“変わったコントローラーのゲーム”が一堂に会するゲームイベント「make.ctrl.Japan」の第2弾が、4月23日と24日に東京ビッグサイトで開催されることが発表されました。「ゲームマーケット2022春」との併催となっています。...
別窓で開く

JP、ダークホースだった後輩芸人の躍進に焦った過去「正直、もう終わったと思った」
松本人志のものまねで知られるJPが、4月6日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のドッキリ企画で先輩芸人のダウソタウソ・松本等しいから「キャラ被り」に難癖をつけられて号泣した。そのオンエア翌日にお笑いコンビ・ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)と対談したところ、ものまねについて熱く語るうち...
別窓で開く

加護亜依の“携帯待ち受け”はあの男性タレント!「運気ほんとにあがる?」
タレントの加護亜依が、4月7日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。携帯電話の待ち受け画像にしていた芸能人の名を公表し、運気が上がると明かした。視聴者は、加護の発言が本当なのかとザワついている。【関連】浜田雅功“大物芸能人”の名前をド忘れ…「扱い雑過ぎ」「あかんて」 ほか番組では芸能人た...
別窓で開く

三宅健、“自分から声をかけられない”奥手な恋愛観を明かす「仲良くなりたいなと思ってたりしても…」
三宅健、“自分から声をかけられない”奥手な恋愛観を明かす「仲良くなりたいなと思ってたりしても…」 4月5日に放送されたフジテレビ系『ノンストップ!』に、三宅健が出演した。...
別窓で開く

岡村隆史、楽屋での江頭2:50の素顔を語る「しゃべりかけられへん、全然」
岡村隆史(ナインティナイン)、なるみがMCを務める『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABC、毎週月曜23:17〜 ほか)が4月4日に放送。自身の根暗キャラを生むきっかけになったという、上京時の楽屋エピソードを語る。今回は、岡村がパパになったことを発表した番組『過ぎるTV ザ・ベストテンSUPERLIVE...
別窓で開く

2000年から2006年までフジテレビで放送されたバラエティ番組『ワンナイR&R』で人気を博したガレッジセールのゴリ演じるコントキャラ・ゴリエの新番組「ゴリエと申します。」が4月15日(金)からスタートする。そこで今回は2000年代のバラエティー番組にスポットを当て、30〜49歳男...
別窓で開く

タモリ流「沈黙の流儀」ここにあり!松本人志も絶賛した『タモリステーション』で視聴者の心をつかんだ理由とは?
 タモリ(76)がMCを務めた、3月18日放送の報道特番『タモリステーション』(テレビ朝日系)が話題を呼んでいる。ウクライナ情勢を報じた生放送で、タモリは約2時間、ほぼ沈黙を貫いたのだ。「“タモリ”の冠がついていながら、進行の大下容子アナと小木逸平アナ、解説を務める専門家で番組は進みました。...
別窓で開く

「江頭や出川君以前の、嫌われタレントの代表格が僕でした」ルー大柴(68)が語る、それでもキャラを変えられなかったワケ
姉たちとは異父姉弟と発覚、10代でヨーロッパ放浪へ…ルー大柴(68)が語る、複雑すぎた“青春時代” から続く 90年代の1度目のブレイクを経て、00年代にブログ経由で再ブレイクしたタレントのルー大柴(68)。「藪からスティック」「寝耳にウォーター」といったルー語は、いまや老若男女を問わずすっかり...
別窓で開く


[ タモリ ] の関連キーワード

japan バラエティ ルー大柴 make