本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



宮沢りえVS樋口可南子…“解禁”で大ブーム「伝説的写真集」誕生の裏側
宮沢りえ、樋口可南子 (C)週刊実話Web何より衝撃的だった宮沢りえ(当時=18)の『Santa Fe』。1991年1月に突如、発売された写真家・篠山紀信氏による樋口可南子(当時=33)の写真集『water fruit』によって事実上の〝アンダー解禁〟となると、空前の大ブームが巻き起こった。...
別窓で開く

吉澤ひとみ、芸能界復帰を模索?「反省してるなら禁酒を」ネットから厳しい声
 2018年に芸能界を引退した吉澤ひとみが復帰に向けて動いていることを5月12日、ニュースサイト「WEB女性自身」が報じた。 同記事によると吉澤は18年9月に酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げ事件をおこして逮捕。懲役2年、執行猶予5年の判決が下されたことで芸能界を引退した。 その後は都内のストレッチ...
別窓で開く

「ダチョウの中で1番いいやつだったのに…」南部虎弾が上島竜兵さんを追悼 2019年には新旧ダチョウ倶楽部で共演も
過激なパフォーマンスで知られる「電撃ネットワーク」の一員でデビュー当初はダチョウ倶楽部のリーダーだった南部虎弾(70)が、11日に死去したダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(61)へ追悼の言葉をツイッターで述べている。...
別窓で開く

『ウッチャンナンチャン』南原清隆ついに再ブレイク!“インスタで人気爆発中
南原清隆 (C)週刊実話Web『ウッチャンナンチャン』の南原清隆が、ついに本物の〝国民的愛されコメディアン〟になろうとしている。「南原といえば、今や〝日本の昼〟の代表となった『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)MCを務める芸歴37年の大御所。...
別窓で開く

田原総一朗氏、関口宏、池上彰氏に“限界説”!? 苦悩する各局幹部の「本音」は…
田原総一朗氏、関口宏、池上彰氏 (C)週刊実話Web4月29日深夜の放送回で35周年を迎えたテレビ朝日系の討論番組『朝まで生テレビ!』で、司会を務めるジャーナリストの田原総一朗氏(88)が、番組終盤でブチ切れる一幕があった。この日の番組では、パネリストの一般社団法人「リディラバ」代表・安部敏樹氏(3...
別窓で開く

林田理沙に結婚報道、和久田麻由子は第1子出産、桑子真帆は新婚…NHK“人妻アナ”大増殖のウラ
「NHKニュース7」を担当し、同局の次期エースとして注目される林田理沙アナ(32)の結婚が報じられた。お相手は一般男性で今年に入って婚姻届を提出したという。 林田アナは神奈川県出身。5歳からピアノを習い始め、絶対音感の持ち主。東京芸大大学院修了後、2014年にNHK入局。...
別窓で開く

NHK林田理沙、「バストの張り」「目元のクマ」で結婚報道に「やっぱり…」の悶絶指摘
 5月3日の「サンケイスポーツ」でNHKの林田理沙アナが一般男性と結婚していたことが報じられ、女子アナファンに衝撃が走った。 林田アナは2014年にNHKに入局後、長崎放送局から福岡放送局と渡り歩き、18年4月から東京アナウンス室に異動。「ブラタモリ」5代目アシスタントや「ニュースおはよう日本」を担...
別窓で開く

タモリの”心の声”を高畑充希が実況「本当においしそうって思うテンポでお話しされる」
タレントのタモリが出演する『本麒麟』の新CM、『飲み飽きない味わい』篇はきょう10日より全国で放送開始する。俳優の高畑充希がアテレコでタモリの心の声を担当するWeb限定動画『醸造家のこだわりを語ってみた』篇も同日より公開する。 同CMは「今日も、あなたの一番うまい! になる」をテーマに、一杯の『本麒...
別窓で開く

石橋貴明『いいとも』グランドフィナーレの裏側「フジの誰かが忖度した」 ダウンタウンとの不仲説を否定「そんなことない」
お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、6日に配信されたYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』に出演。2014年3月31日に放送された『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』で、司会のタモリをはじめ、お笑いタレントの明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑...
別窓で開く

テレビ芸を潔く諦め…清水ミチコが努力を努力と感じず手にした芸の高み
【今週グサッときた名言珍言】「ダウンタウンやウンナンとの情熱が全然、違ってた」(清水ミチコ/テレビ朝日系「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」4月25日放送) ◇  ◇  ◇ 今や、モノマネ芸人として唯一無二の立ち位置を確立した清水ミチコ(62)。...
別窓で開く