本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



迷走どころか屈指の超名機「ボーイング737」 歴史は半世紀 選ばれ続ける理由とは?
「MAX」の相次ぐトラブルなどで少々「出口の見えないトンネル」に入ってしまっている感のあるボーイング737ですが、実は半世紀もシリーズが続く超ベストセラー機です。なおも売れ続ける理由はどこにあるのでしょうか。...
別窓で開く

日本の航空会社、なぜここまで激増? 一強→三強 そして群雄割拠になった歴史
かつて日本ではJAL、ANA、JASの3社がほとんどの国内線を飛ぶ時代が続いていました。そこに至るまでどのような経緯があったのでしょうか。そして、新規航空会社が一気に増えた現代、その3社体制からどう変わったのでしょう。...
別窓で開く

ソラシドエアが「念願の」羽田〜那覇線開設 初の幹線参入、沖縄方面のネットワークを強化
東京から沖縄に行く選択肢が増えました。那覇〜石垣線も増便 宮崎を拠点とする航空会社、ソラシドエアが2021年3月28日(日)から、羽田〜那覇線に就航しました。 同社は九州や沖縄を中心に路線網を構築していますが、これまで羽田発は宮崎、熊本、大分、長崎、鹿児島の5路線。いわゆる国内幹線(新千歳、伊丹、福...
別窓で開く

航空会社の英訳「エアラインズ」「エアウェイズ」どう違う? 国際的には&日本では?
「エアラインズ」、「エアウェイズ」は、日本語では「〜航空(会社)」などと訳されるのが一般的です。海外では、そして日本ではどのような使い分けがなされているのでしょうか。その変遷を見ていきます。...
別窓で開く

令和の「ポケモンジェット」あらわる まさかの?「ナッシー」チョイスのワケ ソラシド
どうしても某老舗の黄色いネズミのイメージですが……。 宮崎県に本拠を構える航空会社、ソラシドエアは2020年12月19日(土)、機体に『ポケットモンスター』の「ナッシー」があしらわれた特別塗装機「ナッシーリゾート in 宮崎号」(ボーイング737型機、機番:JA812X)の運航を開始したと発表しまし...
別窓で開く

まるで新海誠の世界... 近鉄奈良線の車窓風景に絶賛「本当に感動した」「美しすぎる」
車窓からの光景が、まるでアニメの世界だった——2020年11月29日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。近鉄奈良線、噂には聞いてたけど優れすぎているにも程があるやろ......アニメの世界だった pic.twitter.com/4zQa778FKX- ソラシド (@yunye...
別窓で開く

ソラシドエア名物「一風変わったスープ」 9日から機内提供復活 コーヒーも
国内航空会社のスープ復活の流れに乗りました! 宮崎を拠点とする航空会社、ソラシドエアが2020年11月9日(月)の初便から、機内でのホットドリンクの提供を再開しています。 新型コロナウイルス感染拡大下の機内衛生策向上の一環としてソラシドエアはホットドリンクの提供を休止していましたが、今回、ホットコー...
別窓で開く

国内線機内ドリンク人気No.1「スープ」 続々復活? 航空会社ごとに異なる現状とは
新型コロナ感染拡大の影響で、国内航空会社で提供されることの多い「スープ」類が飲める機会は一時的に大きく減っていました。この状況が過渡期を迎え、復活する傾向にあります。各社の現状はどのようになっているのでしょうか。アンケート調査では「選ぶドリンクNo.1」に 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、...
別窓で開く

ソラシドエア 羽田〜大分線が就航10周年 「おしゃれ路線」の記念イベント続々
クーポンはありがたいですね。 宮崎を拠点とするソラシドエアの羽田〜大分線が、2020年10月31日(土)に就航10周年を迎えました。 当日の大分線の搭乗者には、就航10周年記念企画として、大分市在住の画家である北村直登さんとのコラボレーション企画も実施されたほか、この日の同路線の搭乗者には、羽田空港...
別窓で開く

思わず声に出して読みたくなる!? 突飛な名前の特別デザイン機運航開始 ソラシドエア
「ハートマーク」はどう読むべきか……。 宮崎県を拠点とする航空会社、ソラシドエアが2020年10月17日(土)から1年間、同社が取り組んでいる地域振興プロジェクトの一環として、突飛な名前の特別デザイン機をデビューさせています。 その名は、「食・おおいた県南うすきつくみきてくださいき号」(「・」はハー...
別窓で開く