本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


スターフライヤーの株主優待制度、その内容と特典を解説【2022/23シーズン最新】
− 個人投資家向け株主優待研究シリーズ −シリーズでお送りしている「個人投資家向け株主優待研究」。株主優待は各企業の決算期が関係します。ここでは決算期が近く、投資家の注目が集まる銘柄情報をピックアップしてお届けします!今回は2022年3月31日が本決算となる株式会社スターフライヤーをピックアップ。...
別窓で開く

「LCCではありません!」スカイマーク涙の5連投稿 「勘違い多い」の声も 実際どう違うの?
スカイマークの公式Twitterがハッシュタグに乗じ、「スカイマークは"LCC"ではありません」と投稿。フォロワーからは「これほんと勘違いしている人多そう」といったリプライが飛んでいます。LCCとはどのような差があるのでしょうか。...
別窓で開く

機材ほぼ全稼働のキツめダイヤでなぜ「定時運航率世界一」に? ソラシドエアの工夫がスゴい件
決して「コロナだからたまたま…」ではなさそうです。一般的には「遅延しやすい」環境? 宮崎県を拠点とする航空会社ソラシドエアが、航空データ分析を提供する英国CIRIUM社より、定時到着率部門「The On-Time Performance Awards」で、2021年LCCカテゴリーで世界ランキング1...
別窓で開く

楽譜がよめなくてもピアノが弾けるようになる、たった90分のレッスン。
 「ピアノって、子どもの頃からやっていないと弾けないんでしょ?」そう思ってはいないだろうか。 実は、音楽の経験が一切ない人、楽譜をまったくよめない人でも、たった90分間でピアノを両手で弾けるようになるレッスンが存在する。ボカロPのmonaca:factoryさんが都内で行っているそのレッスンを書籍化...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。コロナ禍の「自粛経済」と東京オリンピック・パラリンピックの開催に揺れた2021年。...
別窓で開く

日向坂46アリーナツアー「全国おひさま化計画 2021」ツアーを完走!「ひなくり 2021」開催発表!
日向坂46 アリーナツアー「全国おひさま化計画 2021」  カメラ:上山陽介来週10月27日に6枚目シングル「ってか」のリリースを控えた日向坂46が9月15日(水)広島県・広島グリーンアリーナ公演よりスタートさせた、日向坂46アリーナツアー「全国おひさま化計画 2021」が10月20日(水)愛知県...
別窓で開く

野沢直子、バッドボーイズ・清人などタレント32人が出版プレゼン大会に参加!
吉本興業×ブックオリティ「作家育成プロジェクト」プレゼン大会が、2021年6月30日に都内で行われた。...
別窓で開く

京急「歌う電車」なぜ生まれた? 最近は歌わないどころか「静かな電車」ばかりのワケ
発進時に音階を奏でる京急の「歌う電車」が、2021年夏に機器更新で「歌わなく」なります。そもそもこの「歌声」の正体は何だったのでしょうか。また、電車のモーター音が最近静かなのは、一体なぜなのでしょうか。一昔前の電車のモーター音が「シンセサイザー」みたいな音だったワケ 電車が発車するときに「ファソラシ...
別窓で開く

AIRDOとソラシドエア 共同持株会社設立後も両ブランドは「継続」へ コロナ禍で再編
どっちか(どっちも)なくなっちゃう…ということではないそうで。2022年10月めどに設立 北海道を拠点とする航空会社AIRDOと、宮崎を拠点とする航空会社ソラシドエアは、2021年5月31日(月)、共同持株会社設立に関する「基本合意書」を締結。2022年10月を目途として、共同持株会社の設立を目指し...
別窓で開く

「この星は家を1歩でも出たらすべて観光地」 47都道府県を制覇した旅人が痛感する「人生の短さ」
新型コロナウイルスの影響で、遠出や旅行がしにくい状況だ。だからといっては何だが、私、JタウンネットのI記者は、近所を散歩する機会が増えた。これまではGWともなれば、毎年飛行機で沖縄に行っていたが、今年は最寄りであるJR総武線・新小岩駅周辺をブラブラ。ためしにいつもと反対方向に歩いただけで、見知らぬ世...
別窓で開く


[ ソラシド ] の関連キーワード

airdo