本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「自信に溢れ、常に自然体」名将ポポビッチも高評価!名門セルティックスを率いるユドカHCのキャリア<DUNKSHOOT>
連日、熱戦が繰り広げられているNBAプレーオフ。 その中で、今シーズン初めてヘッドコーチ(HC)に就任したルーキー指揮官、ボストン・セルティックスのイーメイ・ユドカ、ニューオリンズ・ペリカンズのウィリー・グリーンの2人も、ペリカンズはここまで1勝2敗、セルティックスは3戦全勝と奮闘している。...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

揺るがないリラードの“ブレイザーズ愛”「ここにいたいし、チームもそう望んでると思う」<DUNKSHOOT>
数年ぶりに一足早いオフを迎えているポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、改めてチーム愛を示した。米放送局『CNBC』のインタビューで、「ここ(ポートランド)にいたいし、チームも自分がここにいることを望んでいると思う」と語っている。 リラードにとってキャリア10年目の今季は苦しい...
別窓で開く

「恐ろしい状況だ」成績不振の責任を指揮官に押し付けたレイカーズに非難の声が続出!「完全に混乱。無礼な対応だ」<DUNKSHOOT>
現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)の解任を発表した。 今季のレイカーズは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーとタレントを擁しながら33勝49敗(勝率40.2%)でウエスタン・カンファレンス1...
別窓で開く

「スリーを向上させて引き出しを増やした」八村塁の今季を指揮官が高評価!来季の課題は守備力向上<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズに所属する八村塁はキャリア3年目の今季、42試合(先発13試合)の出場で平均11.3点、3.8リバウンド、1.1アシストを記録。 出場試合数、主要3部門(得点、リバウンド、アシスト)の成績は自己ワーストに終わったものの、3ポイント成功数(55本)と成功率44.7%はキャリアハイ...
別窓で開く

「王座を勝ち取るためにここへ来た」プレーオフを逃したレブロンが悔しさ胸に来季へ決意「またやり遂げたい」<DUNKSHOOT>
現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズの選手たち並びにバスケットボール運営部門代表兼ゼネラルマネージャー(GM)のロブ・ペリンカが2021−22シーズン終了会見を行なった。 今季のレイカーズは一昨季に球団史上17度目の優勝をもたらしたレブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという2枚看板にラ...
別窓で開く

「今の状態で開幕したらMVPになれたかも」絶好調セルティックスがイースト首位浮上、直近28戦で24勝にテイタムも手応え<DUNKSHOOT>
今季序盤のボストン・セルティックスは、10月に2勝4敗、12月にも6勝9敗と負け越し、一時はイースタン・カンファレンスのプレーイン・トーナメント進出圏外にまで沈んでいた。 ところが、1月に入って白星先行へと好転する。1月下旬から9連勝と勝ちまくり、連敗もなしと絶好調。リーグベストのディフェンシブ・レ...
別窓で開く

ウエストブルックの未来は“厄介者”?元同僚が辛辣意見「ロースターに入れたいと思うヤツは誰もいない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックは、前人未到の平均トリプルダブルを4回達成するなど、攻撃的ガードとして現役トップクラスの実績を誇る。 しかし、今季は新天地でアジャストに苦戦して株を落としており、たびたび批判の対象となってきた。...
別窓で開く

国を追われても信念を貫き、ノーベル平和賞にノミネートされたエネス・カンター“フリーダム”の闘い<DUNKSHOOT>
今季のトレード・デッドライン前にボストン・セルティックスからヒューストン・ロケッツに放出され、4日後に解雇されて現在FA(フリーエージェント)となっているトルコ人センター、エネス・カンター・フリーダム。その彼が、2022年のノーベル平和賞にノミネートされた。...
別窓で開く

セルティックス躍進の鍵は新加入のホワイト?大学時代の恩師が魅力を熱弁!「本物の2WAYコンボガード」<DUNKSHOOT>
ボストン・セルティックスは現地時間2月10日(日本時間11日、日付は以下同)のトレード・デッドラインに、サンアントニオ・スパーズからコンボガードのデリック・ホワイト、ヒューストン・ロケッツからセンターのダニエル・タイスを獲得した。 29歳のタイスは昨季途中まで約4シーズン在籍したビッグマンで、復帰後...
別窓で開く


[ ゼネラル dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot レブロン ノーベル ベネット カンタ