本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米露中がそれぞれウィークポイントを抱え、「多弱」となっている世界情勢
ジャーナリストの須田慎一郎が9月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ホワイトハウスで行われたゼレンスキー大統領とバイデン大統領の首脳会談について解説した。...
別窓で開く

西側はウクライナへの支援を続けるのか? 問題は欧州よりもアメリカにある
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が9月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。9月21日に行われるバイデン大統領とゼレンスキー大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

「岸田総理はどこまで外交に全振りするつもりなのだろうか?」 佐々木俊尚が言及
ジャーナリストの佐々木俊尚が9月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。国連総会の一般討論演説を行った岸田総理について解説した。...
別窓で開く

露朝首脳会談 「ロシアも落ちぶれた。国連改革待ったなし」萱野稔人氏が指摘
津田塾大学教授で哲学者の萱野稔人氏が9月20日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記の首脳会談について触れ、「国連改革は待ったなしだ。国連制裁中の『格下』北朝鮮に軍事協力を求めるロシアは落ちぶれた」と指摘した。...
別窓で開く

岸田文雄首相が狙った内閣支持率アップにはつながらず、「『変化を力』どころか『変化ゼロ』」などと評価も散々な第2次岸田再改造内閣だが、一連の人事の中で多くの永田町関係者が「政治的サプライズ」と口を揃えたのが、林芳正外相と木原誠二官房副長官の退任劇だった。林氏はG20外相会議の議長役として活躍し、人事直...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】ゼレンスキー大統領が国内で「汚職狩り」を始めた理由
レズニコフ国防相。ゼレンスキー大統領の有能な右腕として、このふたりのコンビでウクライナの対露戦争の最高指揮を執り続けてきた((C)Ukrinform/共同通信イメージズ)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

「おぐらが斬る!」岸田首相は内閣改造で何を考えているか?
13日に発足した第2次岸田再改造内閣は、改造前の閣僚19人のうち13人が交代した。新たに入閣した13人のうち、再入閣は外相に起用される上川陽子元法相と、新藤義孝元総務相の2人だけである。派閥別に見ると、安倍派4人、麻生派4人、茂木派3人、岸田派2人、二階派2人、谷垣グループ1人、無派閥2人、公明党1...
別窓で開く

インドでG20首脳会議が行われている最中の9月9日、林外相がウクライナを初訪問した。日本政府のウクライナ政府への支持を確認したという以外に特に目新しいものは見当たらないが、そもそも外交的にどのような意義がある訪問だったのか、あえて検討してみたい。G20のタイミングで訪問したワケまずはそのタイミングだ...
別窓で開く

徹底解説!! ウクライナ侵攻【新・珍兵器】コレクション
映画『トップガン マーヴェリック』の主役機であるF/A-18。オーストラリア空軍が使用していた機体の供与が調整されているロシア軍が誇る地対空ミサイル拠点を撃破。さらにはクリミア半島にウクライナ軍の特殊部隊が上陸を成功させるなどなど。...
別窓で開く

「NATO基金を通じたウクライナ支援」の裏にある岸田政権のしたたかな「軍事的戦略」
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也と元経産省官僚で政策アナリストの石川和男が8月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月29日に行われた岸田総理とウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談について解説した。...
別窓で開く


[ ゼレンスキ ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ nato ロシア 佐々木
おぐら