本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鮎川誠さん“ロック葬”会場変更「星かげの迎賓館」で4日に 当初予定の代沢・森巌寺はドタキャン
膵臓(すいぞう)がんのため亡くなったロックバンド、シーナ&ロケッツのリーダーでギタリストの鮎川誠(あゆかわ・まこと)さんの“ロック葬”会場が変更され、東京・世田谷区の「星かげの迎賓館」で執り行われることが、シーナ&ザ・ロケッツ公式ホームページで1日、発表された。...
別窓で開く

宮迫博之、上沼恵美子に無視された過去 「あんま言うてないんですけど…」
お笑いタレントの宮迫博之が1日、自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!【宮迫博之】』を更新。「西の女帝」と称されるタレント・上沼恵美子から無視された過去について明かした。【動画】「プイッ」ってされた…■新旧『M−1』審査員今回の動画は、昨年の『M−1グランプリ』(テレビ朝日系)で審...
別窓で開く

映画賞席巻の名作『事件』が配信スタート 今年の「プラス松竹」ラインナップもアツい!
松竹作品を見放題で楽しめるAmazonプライムビデオ「プラス松竹」チャンネルにて、映画『事件』の配信がスタート。あわせて2023年追加配信の作品ラインナップが発表された。本作は、日本推理作家協会賞を受賞した大岡昇平のベストセラー小説を基に描く社会派ヒューマンサスペンス。...
別窓で開く

鮎川陽子、亡くなった父・誠さんの葬儀予定の寺院から「ドタキャンされました」とトラブル明かす
膵臓(すいぞう)がんのため亡くなったロックバンド、シーナ&ロケッツのリーダーでギタリストの鮎川誠(あゆかわ・まこと)さんの長女でモデルの鮎川陽子(46)が1日までにツイッターを更新。父・誠さんの葬儀を執り行う予定だった寺院から”ドタキャン”されるトラブルが生じていたことを明かした。...
別窓で開く

伝説の電波系サイト「愛の妖精ぷりんてぃん」初代運営者にインタビュー 立ち上げ理由から「検索してはいけない言葉」まで聞いてみた
 インターネット黎明期である2004年、突如2ちゃんねるを始めとするインターネット上で大いに話題となった伝説のサイト、「愛の妖精ぷりんてぃん」をご存知でしょうか。 はじめは電波系サイトとして注目を集めたのですが、後にGoogle検索を使って行う肝試しの一種「検索してはいけない言葉」(※1)のリストに...
別窓で開く

大竹まこと 「男が俺の前に立ちはだかって…」ドライブ中に恐怖体験も「屋根の上に…」
 タレントの大竹まこと(73)が31日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月〜金曜後1・00)に出演。ドライブ中に起きた、まさかのハプニングを打ち明けた。 大竹は先週の土曜日、赤坂見附でお茶をし、駐車場から車を出して帰ろうとしたという。...
別窓で開く

評論家の山本七平氏は、1977年刊行のベストセラー『「空気」の研究』で「日本社会は空気に支配されている」と説いた。ライター・編集者の中川淳一郎さんは「その支配力はますます強くなっている。『空気』に翻弄される生き方を続ける日本人が、幸せにはなれるはずはない」という──。■日本社会を支配する「空気」に目...
別窓で開く

「シーナ&ロケッツ」鮎川誠さん死去 74歳、膵臓がん 15年に旅立った妻・シーナさんの元へ
 ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のギタリストでミュージシャンの鮎川誠(あゆかわ・まこと)さんが29日午前5時47分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の自宅で死去した。74歳。福岡県出身。2月4日に東京・下北沢の森巖寺で通夜・葬儀を兼ねた「ロック葬」を執り行い、同5日に家族のみで告別式を営む。喪主はモ...
別窓で開く

シーナ&ロケッツ 「めんたいロック」元祖 日本語歌詞と攻撃的ビートで人気
 ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のギタリストでミュージシャンの鮎川誠(あゆかわ・まこと)さんが29日午前5時47分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の自宅で死去した。74歳。福岡県出身。2月4日に東京・下北沢の森巖寺で通夜・葬儀を兼ねた「ロック葬」を執り行い、同5日に家族のみで告別式を営む。喪主はモ...
別窓で開く

【悼む】いちずだった鮎川誠さん 妻シーナさんへの愛もギター1本への思い入れも住まいもずっと
<悼む>ロックバンド、シーナ&ロケッツのリーダーでギタリストの鮎川誠(あゆかわ・まこと=本名同じ)さんが29日午前5時47分、膵臓(すいぞう)がんのため亡くなった。74歳。所属事務所が30日、発表した。昨年5月にがんが発覚し、余命5カ月程という宣告を受けたが、本人の強い思いで公表しなかったという。...
別窓で開く


[ まこと ] の関連キーワード

ドタキャン ロケッツ シーナ 恵美子