本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



受験生に香川照之がメッセージ 自身の体験から得た「開き直り」哲学
恒例の6時のオープニングメッセージで、きょう25日(2022年2月)から始まる国公立大学の2次試験について司会の香川照之が「38年前の1984年、私も受験した」と切り出し、自分の体験を思い返したと語った。「自分自身を受かったと思い込ませるために『〇〇大学合格』と書いた紙を貼ったりしました。...
別窓で開く

「まなゆいコンビ可愛い」「オシャレなふたり」岩渕真奈&長谷川唯の“びちょぬれ”私服2ショットに反響!
 アーセナル女子に所属するなでしこジャパンFWの岩渕真奈が2月22日、自身のインスタグラムを更新。仲良しコンビのプライベートショットを公開し、話題を呼んでいる。【PHOTO】キュートな笑顔がいっぱい! なでしこJの絶対エース、岩渕真奈の厳選フォトを一挙お届け! 岩渕は今年1月、なでしこジャパンの一員...
別窓で開く

「ちょ、可愛すぎ」なでしこ岩渕真奈の大人びた“バレンタイン”ショットに脚光!「美しいなぁ」
 イングランドのアーセナル女子に所属する日本女子代表の岩渕真奈が、2月14日にインスタグラムに投稿した一枚のセルフィが話題を集めている。【画像】キュートな笑顔がいっぱい! なでしこJの絶対エース、岩渕真奈の厳選フォトを一挙お届け! ベスト4で終わった先の女子アジアカップでは、コロナ陽性で出遅れ、無念...
別窓で開く

【女子アジア杯総括】同格以上に勝ち切れない悪癖を払拭できず。植木理子の本格化など収穫はあったが…
 先日の女子アジアカップで、日本女子代表はベスト4という成績だった。 短い準備期間で、上位5チームに与えられる女子ワールドカップ2023のチケットをしっかりと手にした。もしくは、大会3連覇まであと2勝のところで躓いた。どちらとも言えるだろう。 グループステージ初戦のミャンマー戦(5−0)では、欧州遠...
別窓で開く

「ますます綺麗に」「広末涼子かと思った」浦和L・塩越柚歩の眉メイク“ドアップ自撮り”にファンうっとり!
 WEリーグの三菱重工浦和レッズレディースに所属するMF塩越柚歩がインスタグラムを更新。「先日@x_clinic_ginzaさんで@xbrows_sugitaさんに眉のアートメイクをしていただきました」と報告した。...
別窓で開く

ベレーザ、FW小林里歌子の負傷を発表…左ひざ内側半月板損傷で全治約6カ月
日テレ・東京ヴェルディベレーザは9日、FW小林里歌子が負傷したことをクラブ公式サイトで発表した。 東京NBのクラブ公式サイトによると、小林は左ひざ内側半月板を損傷した模様。診断の結果、全治は約6カ月だという。 現在24歳の小林は、常盤木学園高等学校、法政大学を経て、2016年に東京NBへと加入した。...
別窓で開く

「覚えているよ…」ベッカムが躍動した“中国の天才少女”にまさかのメッセージ! 9年前の秘話を現地メディアが明かす
  スーパースターも思わず驚いたようだ。 インドで開催されていた女子アジアカップは、現地2月6日にファイナルが行なわれ、準決勝でなでしこジャパンを破った中国が、2点のビハインドから韓国を逆転して、3−2で劇的勝利。9度目の戴冠を果たしている。...
別窓で開く

【追悼】石原慎太郎さん「カラスの肉でパイを作ろう」撲滅作戦を決意させたゴルフ場での“珍事”
1999年、都庁に初登庁する石原慎太郎さん 昨夏開催された東京五輪・パラリンピックの“言い出しっぺ”は石原慎太郎さんだった。当初は2016年開催を目指して招致活動を展開し、リオデジャネイロに敗れると、涙を流して悔しがった。 国内の招致機運を高めるためならば……と、アイドルグループ・AKB48や漫画家...
別窓で開く

最高にかっこいいと思う40代の女性ミュージシャンランキング
圧倒的な歌唱力や独自の世界観を武器に人々を魅了するミュージシャンたち。人として深みが増した40代の女性ミュージシャンには、魅力的な人が多く存在します。そこで今回は、最高にかっこいいと思う40代の女性ミュージシャンは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

「決勝の後、全員でカップラーメンを食べた」中国女子代表主将が衝撃発言、“男女格差”に母国紛糾!「男子は3人のシェフがいて、毎日ナマコを食べているのにか」
 インドで開催されていた女子アジアカップは、現地2月6日に決勝が行なわれ、準決勝でなでしこジャパンを破った中国が、0−2からの大逆転で韓国に勝利。16年ぶり9度目の戴冠を果たした。 反響を呼んでいるのが、激闘から一夜明けた7日に、中国女子代表の主将ワン・シャンシャンが発した言葉だ。...
別窓で開く


[ なでしこ ] の関連キーワード

バレンタイン ドアップ アジア 長谷川 慎太郎