本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



珠城りょう「宝塚って愛に満ちた場所なんだな」 14年間の宝塚人生を振り返る
入団9年目という宝塚歌劇団でも史上2番目の早さでトップスターに就任した、元月組の珠城りょうさん。男役芸の習得に10年といわれる世界で、若きトップスターとしての苦労も多かったはずだ。あらためて今年8月に退団するまでの約14年間の宝塚人生を振り返ってもらった。「本当に山あり谷ありで、向かい風が強かったこ...
別窓で開く

珠城りょう「心強さと心地よさとで終始幸せで…」 宝塚退団後、初の舞台に挑む
今年8月に宝塚歌劇団を退団した、元月組トップスターの珠城りょうさん。舞台上で目を引くスターの華、恵まれた体格を生かしたダイナミックなダンスと深く響く歌声、そして何より、まっすぐに役の心情が伝わってくる嘘のないお芝居で、多くのファンを魅了してきた人。このたび、宝塚OGたちが一堂に会す公演にて舞台復帰を...
別窓で開く

『ラジエーションハウスII』第7話 “杏”本田翼の父、手術も不可能なすい臓がんに
俳優の窪田正孝が主演を務めるドラマ『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)第7話が今夜放送。第7話では、甘春杏(本田翼)の父・正一(佐戸井けん太)が、外科手術も不可能なすい臓がんだと明らかとなる。 五十嵐唯織(窪田)のもとへ、杏の父親で、離島で診療所を開...
別窓で開く

『ラジエーションハウスII』第6話 “辻村”鈴木伸之、医療過誤で訴えられる
俳優の窪田正孝が主演を務めるドラマ『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)第6話が今夜放送。エリート弁護士役でGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太がゲスト出演する第6話では、辻村(鈴木伸之)が医療過誤で訴えられる。...
別窓で開く

生後半年でデビュー、転機は4歳!? 田牧そら「最初は習い事感覚だったけど…」
今、注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回は俳優の田牧そらさんです。子役でデビューして15年。活動の幅を広げることに意欲的!生後半年でデビューし、幼少期から数多くの広告に出演。「最初は習い事感覚だったけど、4歳の時、ドラマ撮影でうまくできずに怒られたことがあって。頑張らな...
別窓で開く

あの子、誰…? 「メンヘラっぽい表情」の女子キャラクターのイラスト詰め合わせ
 「メンヘラ」とは、元々2ちゃんねるの「心の健康」を扱うメンタルヘルス板にいるような人たちのことで、主に心に病気を抱えた人について使われる言葉と言われています。 本記事では、イラストをコメント付きで楽しめるサイト「ニコニコ静画」に投稿された「メンヘラっぽい表情の女の子」の画像をお届けします。...
別窓で開く

『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-』がアニメ映画化! キャスト情報と豪華声優コメントが発表
漫画雑誌『月刊コミック@バンチ』にて連載されていた漫画『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-』。埼玉県熊谷市にある妻沼滑空場を舞台に、上昇気流(サーマル)のみで飛行する『グライダー』に魅入られた主人公・都留たまきと、彼女が所属するサークル生たちが繰り広げる青春群像劇です。...
別窓で開く

「アタック25」に「秋終了」報道 46年の歴史と最新状況
「パネルクイズ アタック25」(ABCテレビ、テレビ朝日系)が今2021年秋終了すると、朝日新聞などが6月24日に報じた。1975年にスタートし、今年で46年の歴史ある長寿番組の終了はただただ寂しい。初代司会者俳優・児玉清。学習院大学卒業で、書評番組も長らく務め、インテリ俳優と言われていた。...
別窓で開く

災いを吸い取ってくれる!? 『視えるんです。』伊藤三巳華がパワーを感じる神社
幽霊や不思議な存在が視えることで、ご自身が遭遇した衝撃体験をつづるホラーエッセイ漫画『視えるんです。』の著書の伊藤三巳華さん。神社仏閣の新たな魅力を発見する『スピ散歩ぶらりパワスポ霊感旅』(HONKOWAコミックス)でも、多数の神社仏閣を巡った伊藤さんならではの参拝の仕方とは?その寺社に伝わる作法を...
別窓で開く

“かわいい”の元祖! 竹久夢二のセンス抜群のデザインに俳優・片桐仁も感嘆
TOKYO MX(地上波9ch)のアート番組「わたしの芸術劇場」(毎週土曜日 11:30〜)。この番組では、多摩美術大学卒業で芸術家としても活躍する片桐仁が、美術館を“アートを体験できる劇場”と捉え、独自の視点から作品の楽しみ方を紹介します。5月8日(土)の放送では、「竹久夢二美術館」に伺いました。...
別窓で開く


[ たまき ] の関連キーワード

ラジエーションハウス ブルーサーマル