本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「平和の祭典」となり得る「安倍元総理の国葬」 国際社会に日本をアピールするいいチャンス
数量政策学者の高橋洋一が7月27日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。安倍元総理の国葬について解説した。政治 安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件から、きょうで1週間。自民党本部に設置された献花台には雨の中、多くの人たちが訪れた=2022年7月15日午後、東京・永田町 写真提...
別窓で開く

<W解説>日韓外相会談を契機に再び非難の応酬=韓国メディア「日本に関係改善の意志はあるのか」
韓国メディアのイーデイリーは24日、「日本に関係改善の意志はあるのか」との見出しで記事を掲載した。日本政府が22日の閣議で了承した防衛白書に竹島(韓国名・独島)と記述したことや、日本の原子力規制委員会が22日に福島第一原子力発電所の処理水を海洋放出する計画を正式に認可したことを挙げ、「これら全ては韓...
別窓で開く

『報ステ』で放送事故発生!NHK党の立花孝志党首の暴走により大越キャスターもブチギレ
画像:時事16日に放送された「報道ステーション」(テレビ朝日系列)。同番組に出演をしたNHK党の立花孝志党首が不適切発言により、途中退席をするという放送事故が発生しました。NHK党の立花孝志党首、「報道ステーション」で途中退席する放送事故この日の放送では、9つの政党の党首が出席し、来月10日に迫った...
別窓で開く

「往生際が悪い」と地元後援会、疑惑の吉川赳議員に加藤浩次「う〜ん」
岩田絵里奈アナが「18歳の女子大学生に飲酒させたうえ、いわゆる「パパ活」を行ったと報じられた衆議院議員、離党した自民党からも議員辞職は当然という声が出ていますが、本人は雲隠れしています」と切り出した。吉川議員の地元、静岡・富士市の事務所を6月15日に訪れると、シャッターが下ろされ、ポスターもはがされ...
別窓で開く

ドラマのように描かれる、「朝日新聞政治部」の内実とは。
 朝日新聞が猛烈なバッシングを浴びたのは、2014年夏のことだった。福島第一原発事故にかかわる「吉田調書」問題、慰安婦にかかわる「吉田証言」記事取り消し、そして「池上コラム掲載拒否」が3点セットとして浮上。創業以来、最大の危機を迎えたが、リスク管理に失敗したため、社会的評価は失墜し、以後部数は低迷し...
別窓で開く

ネットの「デマ」が民主主義を脅かす
 ネット社会の現状について書かれた本は少なくない。本書『デマ映えの民主主義——ネット社会をどう生き抜くか』(かもがわ出版)もその一つだ。 類書と異なるのは、著者の蜷川真夫氏自身が、「J-CASTニュース」の発行人であること。すなわちネット業界の「中の人」による体験的ネット社会論となっている。...
別窓で開く

堀内ワクチン担当大臣退任の「本当の理由」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月24日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。堀内ワクチン担当大臣が3月末で退任する方針であることが判明したというニュースについて解説した。政治 衆院予算委員会 自民党・堀内詔子衆議員=2018年1月29日午前、国会・衆院第1委員室 写真提供:...
別窓で開く

年金受給者一律5000円給付案に怒りの声! 選挙で高齢者の「反乱」怖い?
「高齢有権者の買収」「年寄りによる年寄りのためのシルバー民主主義」......インターネット上では「怒りの声」が相次いだ。これは2022年3月15日、政府与党内に急浮上した「年金受給者に一律5000円の臨時給付金」を支給する案のことだ。いったいどういうことか。専門家の見方をまとめると——。...
別窓で開く

都議会各会派の幹事長に聞く 過去最大の東京都予算 その中身は?(後編)
東京都庁舎過去最大規模となった東京都の新年度予算案過去最大規模となった東京都の新年度予算案。いったい何にどう使われるのか? ポッドキャスト番組「ニッポン放送・報道記者レポート2022」(ニッポン放送 Podcast Station ほか)の3月17日配信回(担当:宮崎裕子記者)では、前編にひきつづき...
別窓で開く

義母が8歳サバ読み、離婚歴を隠していた?!  遺品整理で親の「不都合な真実」に慌てないために
「AERA(アエラ)2022年2月28日号」(朝日新聞出版)の巻頭特集、「コロナが変えた老親と子の距離感」では、会えないことで質・量ともに変化した親子のコミュニケーションの実態と、逆に見えなくなった「終活」をリモートで支援するノウハウを紹介している。??コロナで親子の距離は縮まった?コロナで帰省を控...
別窓で開く


[ たまえ 自民党 ] の関連キーワード

朝日新聞 nhk