本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



安子(上白石萌音)にショックな一言 幼馴染が口走った「動機」 【カムカムエヴリバディ 第1週の見どころ】
『カムカムエヴリバディ』は3人のヒロインによる100年の物語。1925(大正14)年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日に、岡山で和菓子屋「たちばな」を営む一家に生まれた橘安子(上白石萌音)のストーリーから始まる。尋常小学校3年生になった安子(子役=網本唯舞葵)はラジオを手に入れ大興奮する。ラジ...
別窓で開く

稔くん(松村北斗)登場にドキドキ 安子(上白石萌音)の心音も聞こえそう... 【カムカムエヴリバディ】
<朝ドラ 今週の山場は?> 第1週の山場として取り上げたいのは、11月3日(2021年)放送のこのシーン。高等小学校を卒業し14歳になった安子(上白石萌音)は、家業の和菓子屋「たちばな」のお手伝いをして毎日過ごしていた。幼い時から変わらずあんこが好きで、少しでも可愛くなりたい普通の女の子だった。...
別窓で開く

朝ドラなの?青春恋愛映画? 上白石萌音と松村北斗の汽車シーンに「キュン死」 【カムカムエヴリバディ】
<朝ドラ 今週の山場は?> 11月10日(2021年)放送回にはこんなシーンが。いよいよ砂糖が配給制になり「たちばな」の菓子作りにも影響が大きく消極的に。そんな中、父・橘金太(甲本雅裕)が、ヒロイン安子(上白石萌音)に砂糖会社の息子との見合い話を持ちかける。突然の話に戸惑いを隠せない安子。...
別窓で開く

稔の母(YOU)の冷酷 安子(上白石萌音)のときめきを打ち砕く 【カムカムエヴリバディ 第3週の見どころ】
1942(昭和17)年。ラジオは、連日のように日本軍の戦果を伝えている。一方で、市民は衣類も自由に買えないようになっていた。3月、雉真家では、次男・勇(村上虹郎)が大学進学のために東京へ。入れ替わりに、大学が春休みになった長男・稔(松村北斗)が帰省してくる。軍に納入する軍服の生産が追い付かない雉真繊...
別窓で開く

鈴木奈穂子、朝ドラに涙腺崩壊 ゲストIKKO「まぼろし〜!」で「助かった」(大吉)
11月25日(2021年)の「あさイチ」(NHK総合)は、鈴木奈穂子キャスターの大号泣から始まった。(朝ドラのネタバレあり)直前に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」では、焼け野原と化した岡山で和菓子屋「たちばな」を再建しようと立ち上がった金太(甲本雅裕)のもとに、戦地に行った息子...
別窓で開く

安子(上白石萌音)が出産 娘を「るい」と名付けた理由 【カムカムエヴリバディ 第4週の見どころ】
安子(上白石萌音)との短い新婚生活を経て、雉真稔(松村北斗)は出征した。そしてその後、稔の弟・勇(村上虹郎)も召集される。それからしばらくして、妊娠していることに気付いた安子。稔のためにも、元気な子を産もうと心に誓う。1944(昭和19年)9月14日、安子は女の子を出産する。安子は赤ん坊を「るい」と...
別窓で開く

安子(上白石萌音)が別れの決心 「ありきたり」展開...でも涙腺は崩壊 【カムカムエヴリバディ】
<朝ドラ 今週の山場は?> 11月16日(2021年)にはこんなシーンが。雉真稔(松村北斗)の母・美都里(YOU)に、和菓子の配達のお金を渡され「二度と稔に近づくな」と言われた安子(上白石萌音)。それに対して怒りを露わにした稔だが、結局、父親・千吉(段田安則)に長男として将来を考えろと抑えられる。...
別窓で開く

上白石萌音、深津絵里、川栄李奈。3人のヒロインがつなぐ「バトン」に注目!
上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが3世代のヒロインを演じるNHK朝の連続ドラマ小説「カムカムエヴリバディ」が11月1日にスタートした。3人のヒロインを擁するのは、朝ドラ史上初。早くも続きが気になる人、ドラマをより楽しみたい人のために、おすすめの2冊を紹介する。...
別窓で開く

2代目シンデレラは“いぎなり東北産”・橘花怜! スタプラアイドルフェスに横浜アリーナが大熱狂!
ニッポン放送『ミューコミVR』とスターダストプロモーションのアイドルセクション『スターダストプラネット』がコラボレーションしてお届けするイベント、『ミューコミVR』 presentsスタプラアイドルフェスティバル〜今宵、2人目のシンデレラが決まる〜」がきょう横浜アリーナで開催された。...
別窓で開く

江原啓之「計り知れないエナジーを感じた」 沼津のスピリチュアルスポット2選
江原啓之さんがご縁に導かれた土地、沼津。そこには土地のエナジーに満ちた聖地がたくさんありました。今回、江原さんが出合った“特別な場所”をご紹介。祈りの聖地・スピリチュアルスポットへ、いざ!諸口神社(もろくちじんじゃ)導かれるようにして出合ったのは、今こそ必要な“御神威”を宿す神社。利他愛にあふれ、力...
別窓で開く