本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『カムカムエヴリバディ』「京都茶道家殺人事件」が話題に 一恵は「聞き捨てならへんなあ」
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第18週「1984-1992」(第84回)が1日に放送。劇中に登場した「京都茶道家殺人事件」なるワードが話題になっている。 ある日、榊原(平埜生成)に呼ばれたひなた(川栄李奈)と一恵(三浦透子)は「京都茶道家殺人事件」とい...
別窓で開く

ひなた(川栄李奈)と「ノストラダムスの大予言」 「人類滅亡の瞬間」までの願いとは 【カムカムエヴリバディ 第18週の見どころ】
条映時代劇『妖怪七変化!隠れ里の決闘』リメイク版の敵役を決めるオーディション当日。大月ひなた(川栄李奈)は、謎の振付師(濱田岳)と並んでその行方を見守っている。大部屋俳優の五十嵐文四郎(本郷奏多)がベテラン俳優の伴虚無蔵(松重豊)と組んで披露した殺陣は、審査員をうならせる。...
別窓で開く

モモケンと虚無蔵の「噂」の真相 ひなたは聞き出すコトができるのか 【カムカムエヴリバディ 第17週の見どころ】
大月ひなた(川栄李奈)は、『破天荒将軍』の撮影現場で、時代劇女優・美咲すみれ(安達祐実)の行動を絶賛。しかし、「素人から口出しされた」とすみれは機嫌を損ねてしまう。俳優の五十嵐文四郎(本郷奏多)は、ひなたの腕をつかんで止めようとするが、それが返ってトラブル拡大につながってしまう。結局撮影は中止になり...
別窓で開く

安達祐実がさすがの「大女優」ぶり 「昭和っぽさ」もお見事! 【カムカムエヴリバディ】
■登場にびっくりのひなたそんなある日、時代劇で茶屋の娘役が人気の女優・美咲すみれ(安達祐実)がやってくる。「美咲すみれ」って女優の名前そのまんまである。ファッションも女優だと見てすぐにわかるスタイルでメイクも昭和っぽい。それに大人の笑顔とツンツン具合が、絵に描いたようなひと昔前の大女優ぶり。...
別窓で開く

ひなた(川栄李奈)の天敵(?)現る 演技審査で、あ〜あいつだ 【カムカムエヴリバディ 第16週の見どころ】
新人女優を発掘するための「ミス条映コンテスト」のポスターを見て、これこそ自分の進むべき道と直感した大月ひなた(川栄李奈)。母・るい(深津絵里)と父・錠一郎(オダギリジョー)の許しを得て、さっそく応募する。書類審査は無事通過。演技の審査で悪漢たちにからまれる茶屋の娘を演じることになる。...
別窓で開く


[ すみれ カムカムエヴリバディ ] の関連キーワード

カムカムエヴリバディ ノストラダムス

<前へ123次へ>