本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本橋三越本店「ステーショナリー ステーション」で2大文具フェア開催!
日本橋三越本店にある「ステーショナリー ステーション(STAs)」が文具フェアを開催する。会期中は「クラフト文具祭り」と「インク沼祭り」の2大フェアを企画。クラフト文具やインクにまつわるアイテムはもちろん、ガラスペンや紙製品ブランドも出店。さらにペンの名入れや万年筆ペン先調整の催しも。...
別窓で開く

自信が持てないのはどうして? “気にせず動く”敷居をぐっと下げる習慣とは
明日香出版社は3月15日、新刊『自信をつける習慣 よけいな迷いが消えていく58のヒント』(著・内藤誼人)を発売します。■単純なことでも、積み重ねれば自信はついていく!同書は、2022年8月発売・累計発行5万部(2/22時点)のベストセラー『気にしない習慣』の続編。...
別窓で開く

キャリア10戦オール連対レモンポップが春のダート王に一番近い!? 一方、史上初参戦の外国馬は能力に疑問符【フェブラリーS】
春のダート王決定戦、フェブラリーステークス(GⅠ、東京・ダート1600m)が19日に行なわれる。 今年は一昨年、昨年と本レースを連覇しているカフェファラオ(牡6歳/美浦・堀宣行厩舎)が2月25日のサウジカップ(GⅠ、キングアブドゥルアジーズ・ダート1800m)に出走するため、ここを回避。...
別窓で開く

合格率5%...難関の司法書士試験に合格すると、こんな仕事がある!
司法書士試験には、学歴・年齢などの制限がないため幅広い層が受験するが、合格率は約5%という難関である。本書「司法書士の仕事と働き方がイチからわかる本」(すばる舎)は、資格取得から仕事の内容まで、10人の声を集めた本だ。独立開業系の資格として人気の高い司法書士の実態がよく分かる。...
別窓で開く

「一見さん(いちげんさん)お断り」の本当の理由とは?【尾藤克之のオススメ】
京都の祇園を中心とした五花街で、舞踊、御囃子などの芸で宴席に興を添えることを仕事とする芸妓の見習い段階の少女、舞妓。その世界には、舞妓特有の厳しいしきたりがあり、かなりの忍耐が必要とされます。舞妓の仕事に馴染みは少ないかもしれませんが、私たちのビジネス社会に役立つヒントがないか探ってみます。...
別窓で開く

 昨年12月、「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2022』」が発表された。大賞に選ばれたのは「タイパ」。これは「かけた時間に対しての効果や満足度」「時間的な効率」などの意味で使われる言葉で、「コストパフォーマンス(コスパ)」をもじった「タイムパフォーマンス」の略である。「タイパ」を追求する人た...
別窓で開く

愛する男との別れを繰り返し、女は生きる。欲望と死の影渦巻く石見銀山が舞台の直木賞受賞作!
「男たちは命を賭して穴を穿つ。山に、私の躰に。」 第168回直木賞受賞作『しろがねの葉』(新潮社)。著者の千早茜さんは、これで3度目の直木賞ノミネートとなった。選考会は1月19日に行われ、受賞が決まった。「しろがねの葉」とは、銀の眠る場所に生えるといわれる羊歯(しだ)の葉のこと。舞台は戦国末期、シル...
別窓で開く

地方都市の飲食店と人間模様を描く。食をテーマにした、ごはん小説が登場
とんかつ店、ダイニングカフェ、ラーメン店、パン屋さん…。行成薫さんの新作『できたてごはんを君に。』は、とある地方都市で飲食業に関わる人たちの人生ドラマを描く。「以前、ごはんに関わる話を2編小説誌に寄稿した時、ごはんをテーマの短編集を作りましょうという話になって。それで書いた『本日のメニューは。...
別窓で開く

オンラインのコミュニケーションは「聞き方」が10割?!【尾藤克之のオススメ】
「聞くのが苦手」「人の話を聞く時間が苦痛だ」という人は多いものです。ところが、「聞き方のコツ」を押さえるだけで、聞くのが楽しくなり、コミュニケーションがうまくいくようになり、まわりから好かれるようになります。「聞き上手」になれば、自分も相手も安心できる空間をつくることができ全てがよりよい方向に動き出...
別窓で開く

「読んでためになるビジネス書」独自ランキング2022!埋もれた良書に注目を【尾藤克之のオススメ】
2019年の4月から、「尾藤克之のオススメ 読んでためになるビジネス本」の連載を開始しました。私のもとには毎年、300〜400冊程度の献本が届き、それらも参考にしながら、オススメ本として記事にしています。2021年に続いて、独自書籍ランキングをつくりました。「世の中に埋もれている優れた本を発掘するこ...
別窓で開く


[ すばる ] の関連キーワード

フェブラリ 日本橋 直木賞