本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



20歳以下で結婚していたと知って驚く有名人ランキング
何かと取り上げられる機会が多い有名人の結婚。テレビや雑誌で見かけても驚かない人が多いと思いますが、結婚した年齢があまりにも若いと、ちょっとびっくりしてしまいますよね。そこで今回は、20歳以下で結婚していたと知って驚く有名人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

「素敵なお別れ」のために。4000人見送った納棺師が伝えたいこと。
 コロナ禍で葬儀の簡素化、小規模化が進み、「大事な家族とじゅうぶんなお別れができない」と感じている人が増えているという。 「もっと〇〇しておけばよかった」「本当は○○したかった」......。そんな思いで故人を見送った経験が、今もひっかかっている人は多いだろう。...
別窓で開く

国会議員「文通費」の甘い仕組み 玉川徹「経費にして、全部公開を」
「在職1日でも1月分全額支給されるという問題です」と司会の羽鳥慎一がけさ16日(2021年11月)のモーニングショーで取り上げた。国会議員に支給される文書通信交通滞在費(文通費)のことだ。給与に当たる歳費とは別に毎月一律100万円支給されている。今回も10月31日に投開票された衆院選で当選した新人と...
別窓で開く

「職なし、貯金なし、彼氏なし」人生詰んだ元アイドル自伝がコミックに 大木亜希子インタビュー(2)
 「小説現代」2021年7月号で新作小説「MILK」を発表した大木亜希子さん。前回「同性でしか味わえない官能と癒しの世界 大木亜希子インタビュー(1)」では、作品「MILK」に込めた想いなどを聞いた。 第2回となる今回は、彼女の作品を原作にして描かれたコミック『つんドル! 〜人生に詰んだ元アイドルの...
別窓で開く

同性でしか味わえない官能と癒しの世界 大木亜希子インタビュー(1)
 「小説現代」2021年7月号は、「NEO官能小説特集 性と生のあわいに」と題して、官能小説を特集している。表紙も、ベッドで背を向ける男にゆるめに抱きつく女性が描かれた、なかなか刺激的なカットだ。 写真は、「小説現代」2021年7月号(講談社) 文学で性はタブーではないことは重々承知しているが、今回...
別窓で開く

エアコンの除湿と冷房、電気代が安いのはどっち?…プロに聞く簡単節約術
あなたはどれだけわかってる? クイズで覚える、ちりつも節約術。教えてくれたのは、節約アドバイザー・和田由貴さんです。Q. 電気代の節約で、最初に注目すべきなのはどんな家電?A. “あたためる”家電「熱を発生させて何かをあたためる家電は、電力を多く消費します。特に料金が高くつくのは、ポットや炊飯器、温...
別窓で開く

佐久間由衣、夏の“トレンドボトムス”に挑戦! ハイウエストで美脚に
はくだけで美脚を叶える優秀ボトムスのポイントは? 夏のワードローブに今すぐ投入したいトレンド感たっぷりのアイテムを佐久間由衣さんが着こなしてくれました。ショートパンツ美脚ラインを演出するボックスシルエットに注目。今季トレンドのショートパンツは、ぴったりタイトに着こなすのではなく、ゆとりあるスタイルで...
別窓で開く

初恋相手が人気俳優に!? 東村アキコの日韓同時連載『私のことを憶えていますか』
現代を生きる等身大の女性たちの悲喜こもごもをリアルに描いてきた東村アキコさん。『私のことを憶えていますか』で選んだテーマは、初恋だ。誰しもが甘酸っぱく、あるいはほろ苦く思い出すその記憶が、いまの自分の人生とつながったら…。主人公の遥はそんな偶然に直面する。遥は、ゴシップサイト編集部のライターとして仕...
別窓で開く

便秘や免疫にも!…即席スープの「腸内環境が整う」簡単アレンジレシピ4選
冬は温かいスープが美味しい季節。さらに腸活もできるスープならより嬉しいですよね。ということで今回は、ちょっと料理が苦手な人でも市販のインスタントスープで簡単に作れちゃう「腸内環境を整えるスープレシピ」を4つご紹介します!文・椎原茜インスタントスープに腸活にいい食材をプラス!先日、日本スープ協会による...
別窓で開く

静岡伊勢丹で「布百貨店」開催! 最新の日本のテキスタイルが大集結
遠州織物の産地、静岡。静岡伊勢丹では、静岡県西部地域の“遠州”に受け継がれてきた上質な織物 「遠州織物」をはじめ、創造性が光る気鋭のクリエーターのテキスタイルから、産地が誇る確かな技術と最新 のトレンドを掛け合わせたファクトリーブランドのテキスタイルまで幅広くご紹介。伝統の技術の他、新たな感性に出会...
別窓で開く


[ あきこ ] の関連キーワード

トレンドボトムス 佐久間 伊勢丹 亜希子 アキコ