本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。...
別窓で開く

ロッテ・小野 益田の座狙う「好不調をなくして勝ちパターンで投げたい」
 8年目のロッテ・小野は勝利の方程式入りを狙う。ZOZOマリンで自主トレを公開し「好不調をなくして勝ちパターンで投げたい」。楽天から移籍2年目の昨季は自己最多の49試合で0勝3敗8ホールド、防御率3.48。益田、佐々木千に次ぐ登板数で存在感を示した。 昨年2月のオープン戦では自己最速160キロを計測...
別窓で開く

◆「身体が動かない」。51年ぶり優勝マジック点灯の朝、初めての経験 起きようと思ったら、身体が動かなかった。10月14日のバファローズ戦(京セラドーム)。先発を任されることになっていた佐々木朗希投手は朝10時に目を覚ました。ただ、身体は動かなかった。初めての経験だった。「起きようと思ったけど、身体が...
別窓で開く

宮迫博之の“お笑い力”低下か、YouTube登録者が減少で「100万円企画」に手を出す
宮迫博之、コレができたら100万円!■「どうも、宮迫です!コレ、コレ、コレ!“宮迫です!”を完璧にできたら100万円プレゼント!!」 10月26日、自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』に動画をアップした元「雨上がり決死隊」の宮迫博之。その内容というのが、■宮迫のギャグ「宮迫です!」を完璧に...
別窓で開く

故障を乗り越えて大輪の花を咲かせた5球団競合右腕・佐々木千隼の決意<SLUGGER>
Perfumeの『FLASH』が、ZOZOマリンにこの男が登場する合図だ。静かなイントロから徐々に盛り上がっていく曲調が、自然と球場のムードを盛り上げる。今や、彼がマウンドに上がればマリーンズファンはチームの勝利を確信するまでになった。「8回の男」として定着した佐々木千隼のことだ。 今シーズンの佐々...
別窓で開く

オリックス宮城大弥が両リーグ一番乗りの10勝目到達!苦手なロッテに勝ち越し優勝に向けて好発進
 プロ野球オールスター戦、侍ジャパンが野球日本代表として出場し、金メダルを獲得したオリンピックが終わり、プロ野球は13日から後半戦に突入した。この間、オリックスは本拠地である大阪・京セラドーム大阪でエキシビションマッチを9試合開催。4勝4敗1分と5割の成績で、一軍から育成までの選手を起用して、後半戦...
別窓で開く

ロッテ・佐々木、高校時代の投球が復活? 先発調整テストで出た好材料に井口監督も及第点か
 まるで、「夏の甲子園大会」に合わせるようにして、高校球界を賑わせた千葉ロッテ・佐々木朗希投手が結果を出した。 >>ロッテ・佐々木、剛速球を捨てて変化球投手に変貌? 過去登板から配球が一変、井口監督は交代タイミングも計算か<< 夏の甲子園大会の組合せ抽選会が行われた8月3日、...
別窓で開く

ロッテ・佐々木朗希に立ちはだかる「昭和イズム」
 令和の怪物・佐々木朗希投手が本当に克服しなければならないのは、「昭和イズム」のようだ。 佐々木がプロ2勝目を目指し、先発マウンドに上がったのは、7月9日の日本ハム戦だった。プロ最速となる157キロを記録したが、5回4失点で黒星を喫してしまった。「自己ワーストとなる被安打8、対する日本ハムのスタメン...
別窓で開く

「父親の命を奪った震災から10年後の翌日に…」佐々木朗希の実戦デビューに海外記者も感慨
3月11日のオープン戦は球界中の注目を集める試合となった。2019年ドラフトで4球団が競合した“163キロ右腕”、ロッテ・佐々木朗希の実戦デビューが決まっていたからだ。 プロ1年目の昨季、佐々木は一軍に帯同しながらも登板することなくシーズンを終え、その投球は完全にベールに包ま...
別窓で開く

【今週のパ・リーグ展望】正念場の楽天は首位ソフトバンクとの「絶対に負けられない」3連戦
●楽天−ソフトバンク(楽天生命パーク)【予告・予想先発】29日(火)則本昂大−千賀滉大30日(水)涌井秀章−武田翔太1日(木)松井裕樹−和田毅 3位楽天がホームに首位・ソフトバンクを迎えての大事な3連戦。楽天は決戦に合わせて強力なローテーションを組んできた。初戦の先発は9月4日以来の登板となる則本。...
別窓で開く


<前へ12次へ>