本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「鳥の大群」を撃退したロッテ・角中外野手 鳥が恐れるのも納得の理由が判明…
20日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ戦で鳥の大群がグラウンドに入り込み、試合が中断するハプニングが発生。そんな鳥を撃退したのは、ロッテの角中勝也外野手であった。■緊迫した場面で現れた鳥の大群シーズンも最終盤に差し掛かり、優勝争いが白熱してきたパ・リ...
別窓で開く

鳥の襲来で球場真っ暗に ロッテ角中勝也が「ヒーロー」になったてん末
けさのスポーツニュースで「THE TIME,」のイチオシは、プロ野球日本選手新記録がかかるヤクルト・村上宗隆選手がホームランを打ったかどうかではなかった。最も話題になったのは「何かといいますと、なんと、試合中にまっ暗になりました」と21日(2022年9月)、司会の安住紳一郎アナウンサーがちょっと驚き...
別窓で開く

歴史的混戦のパ・リーグはどうなる! ソフトバンク、オリックスはCSほぼ確定で、問題は3位に!?【識者予想】
クライマックスシリーズ(CS)進出をかけ混戦模様を極めているパ・リーグ。野球ファンからすれば、ハラハラドキドキの展開が終盤戦の今なお続いているのだ。このペナントレースを制するのはどこの球団か。3名の有識者に最終順位を予想してもらった。——◆——◆——【出野哲也氏 予想】1位 オリックス2位 ソフトバ...
別窓で開く

村上、清宮とは異なる可能性…ロッテ・安田尚憲が大成するために何が必要か
 スポーツアナウンサーになった1987年からずっとロッテを応援し続けていますが、ここ3年くらいは安田尚憲選手に注目しています。履正社高校時代の豪快なスイングが目に焼き付いているのと同時に、時折見せる笑顔が純粋な子供のように愛らしいんですよ……って、還暦のオヤジがこんなことを書くとキモいだけですね(汗...
別窓で開く

“いてまえドッグ”だけではない…「球場グルメ」の誘惑
 プロ野球観戦の楽しみのひとつに「球場グルメ」があると思う。なかなか行く機会のない遠方の球場ともなればそのワクワクは一際格別である。関東在住オリックスファンの僕などは本拠地・京セラドームに行くのも「お祭り」だ。この時ばかりは散財上等の覚悟で新幹線に乗り込み、Bs SHOPの新商品をスマホでチェックし...
別窓で開く

2021プロ野球 「劇的すぎたサヨナラシーン」5選
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、2021年のプロ野球で特に印象に残った「サヨナラ打」にまつわるエピソードを紹介する。【プロ野球ロッテ対ソフトバンク】9回、サヨナラ本塁打を放ったロッテ・岡大海=2021年10月15日 ZOZOマリンスタジアム 写真提供:産経...
別窓で開く

【今週のパ・リーグ展望】正念場の楽天は首位ソフトバンクとの「絶対に負けられない」3連戦
●楽天−ソフトバンク(楽天生命パーク)【予告・予想先発】29日(火)則本昂大−千賀滉大30日(水)涌井秀章−武田翔太1日(木)松井裕樹−和田毅 3位楽天がホームに首位・ソフトバンクを迎えての大事な3連戦。楽天は決戦に合わせて強力なローテーションを組んできた。初戦の先発は9月4日以来の登板となる則本。...
別窓で開く

パ・リーグ「4番打者」点検!楽天・浅村は納得の◎、期待値の高かったジョーンズは…
ファンの期待を一身に背負い、試合を決める働きを求められる「4番打者」。その重責を担うパ・リーグの6人は、果たして期待に応えられているのか。ここまでの試合で見せたインパクトや、打率、本塁打、打点といったスタッツをもとに、彼らのパフォーマンスを査定しよう。...
別窓で開く

プロ野球の開幕カード&日程発表!西武とヤクルトは本拠地15連戦、巨人は神戸で7年ぶりの主催ゲームも
日本野球機構は6月1日、19日から始まるセ・パ両リーグの試合日程を発表した。新型コロナウイルス感染拡大により、当初予定されていた3月20日の開幕から約3ヵ月遅れでの“幕開け”を迎えるにあたり、対戦カード、球場ともにいくつかの変更がなされている。 セ・リーグの開幕カードは巨人−...
別窓で開く

【若手有望株ランキング:1〜10位】“怪物”佐々木をはじめ19年ドラフト組やファームの首位打者がトップ10入り
未来のプロ野球を担う若手有望株は誰か。将来性、潜在能力、ポジションを考慮しながら2020年のプロスペクト(若手有望株)・ランキングを作成した。1〜10位は、将来メジャーにも通用しそうなスターの大器が集まった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>