本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロッテ・朗希は「MLB最強右腕」デグロムに匹敵 重なる投球スタイル
 プロ野球史上最年少で完全試合を達成するなど、3年目で大ブレーク中のロッテ・佐々木朗希投手(20)。現役大リーガーと比べると、どの程度のレベルなのか。パドレスのダルビッシュも認めた「プロウト(プロの素人)」評論家・お股ニキ氏は、18、19年サイ・ヤング賞の「現役最強右腕」ジェイコブ・デグロム投手(3...
別窓で開く

ZOZOの業績が好調です。直近決算の2022年3月期(2021年度)は商品取扱高、営業利益ともに過去最高となりました。株価も回復し昨年、ひさしぶりの時価総額1兆円超えを記録した場面もありました(その後、日本株全体の低迷もあり直近の時価総額は約8400億円)。そのような好状況の中で先週、ひっそりとサー...
別窓で開く

コンテンツとプラットフォーム——4つのサービスが「終了」を発表 ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2022/5/19〜5/26】
eHrach/Shutterstock.com 1. コンテンツとプラットフォーム——4つのサービスが「終了」を発表  先週は相次いで著名なサービスの終了が発表さ...
別窓で開く

佐々木朗希を潰さず伸ばした「じっくり育成」の真実
驚異のピッチングを披露する"令和の怪物"佐々木朗希(ささき・ろうき)。高校時代も、そしてプロ入り後も、彼が慎重に慎重を重ねて育てられた裏には、最先端のスポーツ科学・医療に基づく的確な判断があった!* * *■体の強さを測定して投球強度を調整これがフィクションだとしたら、「やりすぎ」と思ってしまうくら...
別窓で開く

「100年に1度の記録的負け方」という阪神 矢野監督が目先の1勝にこだわり過ぎて犯している過ち
 スポーツ報知(電子版)は4月27日、「【阪神】矢野燿大監督、連勝も喜べない…ボーンヘッド三重殺『本当に恥ずかしいプレー』一問一答」との記事を配信した。 *** せっかく今季2度目となる連勝を成し遂げたにもかかわらず、球団としては23年ぶりという三重殺という”不名誉”な記録も残ってしまった。...
別窓で開く

米国仕込みのゴルフで初優勝を狙う貞方章男【きょうは誰の誕生日?】
きょう4月24日は、奈良県出身の貞方章男の誕生日。1979年生まれで、きょうで43歳になった。14歳で単身渡米し、フロリダ州のゴルフアカデミーに入学。15歳のとき、試合で今田竜二と出会い、今田を教えていたコーチのリチャード・エイブル氏に「僕も教えて欲しい」と直談判。2人が住むアパートに転がり込んで腕...
別窓で開く

米放送局も佐々木朗希の“規格外のポテンシャル”に熱視線! 「8回で101マイルを投げていたのは要注意」と大絶賛
2戦連続での“無双投球”は、アメリカにも大きな衝撃を与え、「ロウキ・ササキ」の名を世界に知らしめるものとなっている。【動画】日ハム打線が手も足も出ず! 佐々木朗希の快投シーンをチェック 世界中で話題となっているのは、4月17日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行なわれた日本ハ...
別窓で開く

佐々木朗希は「もっと良くなる」。完全試合中の降板も井口監督の決断を米記者は高評!カーショウを引き合いに賛辞
惜しくも大記録を成立させられはしなかった。しかし、弱冠二十歳の投球は、間違いなく球史に残るそれだった。【動画】日ハム打線が手も足も出ず! 佐々木朗希の快投シーンをチェック 4月17日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれた日本ハム戦に先発したロッテの佐々木朗希は、8回を投げてパーフェクトピッチングを披...
別窓で開く

佐々木朗希、2試合連続完全投球も降板! 日ハム打線を寄せ付けずにダルビッシュ、野茂に並ぶ奪三振記録は更新
“令和の怪物”は非現実的と思われた投球を実現させた。 4月17日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれている日本ハム戦に先発したロッテの佐々木朗希は、8回を投げてパーフェクトピッチングを披露。前回登板のオリックス戦で史上16人目の完全試合を達成した右腕は8回に降板したものの、1...
別窓で開く

佐々木朗希の怪物ぶりに米メディアも熱狂! ヤンキース剛腕エースより速球は上?「エリート級。名声と富になる」
怪物たる所以とも言える快投だった。4月10日にZOZOマリンスタジアムのオリックス戦で、プロ野球史上16人目の完全試合を成し遂げた佐々木朗希(ロッテ)だ。【動画】佐々木が脅威の奪三振ショー! オリックスで見せた“歴史的ピッチング”をチェック 一日にして数多の記録を呼び起こした...
別窓で開く


[ zozo アメリカ ] の関連キーワード

ヤンキース suit zozo 佐々木 日ハム
ロッテ mlb

<前へ1234次へ>