本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



根尾昂は「中途半端」こそが最大の武器!? 投手専念ではなく“スーパーユーティリティ”として生きる道を<SLUGGER>
中日の根尾昂の投手転向が決まった。 ここまで一軍で2試合に登板した根尾はともに無失点に抑えている。しかし、いずれもあくまで敗戦処理としてのもの。立浪和義監督は将来的には先発として使いたい意向を明言しているが、今回の措置については「遊撃手として育てるべき」「中途半端」といった批判も少なくない。 果たし...
別窓で開く

1000ドル奮発した16年ワールドシリーズ現地観戦の感動、そして鈴木誠也への期待【オカモト“MOBY”タクヤが語るカブス愛:後編】<SLUGGER>
鈴木誠也の入団もあって、日本でも再び注目度が高まっているカブス。「SCOOBIE DO」のドラマーで、日本一熱狂的なカブスファンと言っても過言ではないオカモト"MOBY"タクヤ氏に、MLBでも独特の立ち位置を持つカブスというチームの魅力について語ってもらった(聞き手:久保田市郎/...
別窓で開く

数々の迷エピソードに彩られた“愛すべき負け犬”【オカモト“MOBY”タクヤが語るカブス愛:前編】<SLUGGER>
鈴木誠也入団もあって、日本でも再び注目度が高まっているシカゴ・カブス。「SCOOBIE DO」のドラマーで、日本一熱狂的なカブスファンと言っても過言ではないオカモト"MOBY"タクヤ氏に、MLBでも独特の立ち位置を持つカブスというチームの魅力について語ってもらった(聞き手:久保田...
別窓で開く

鈴木誠也と大谷翔平——日本が誇る強打者の“渡米前2年間”を徹底比較! データから「共通点」「相違点」を解き明かす<SLUGGER>
2021年、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)はMLBの歴史に名を刻んだ。そして今年、新たに日本球界のスーパースターが海を渡ろうとしている。鈴木誠也(シカゴ・カブス)である。16年から広島の3連覇に大きく貢献し、東京五輪でも4番を務めた日本球界最強打者だ。 奇しくも、鈴木と大谷は27歳の同い年。...
別窓で開く

【オカモト“MOBY”タクヤのMLB開幕直前予想】ワールドシリーズは30年ぶりにブレーブスとツインズが対戦!?カブスでは新加入のピーダーソンに期待<SLUGGER>
いよいよ現地時間4月1日に迫ったメジャーリーグ開幕。再び162試合に戻ったシーズンを勝ち抜くのはどこなのか? そして、今季注目すべき選手は誰か? 大のカブスファンで知られるロックバンドSCOOBIE DOのドラマー、オカモト“MOBY”タクヤ氏が、今季を占う3つの質問に答えて...
別窓で開く


<前へ1次へ>