本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「投げる以外はすべてやった」NY紙記者がジャッジのMVPを再強調! 大谷翔平が「世界最高」でも獲れない理由は?
レギュラーシーズンが終了しても話題は尽きない。「史上最高に予想が難しい」とされるアメリカン・リーグのMVP争いだ。 一騎打ちの様相を呈している同レースで、目下、トップを争うのはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)である。 ともにヒストリカルなシーズン...
別窓で開く

「アメリカ中の誰もが認める大馬鹿者だ」ニューヨークの名物記者が薬物使用のタティースJr.を痛烈批判!「詐欺師であり、嘘つきだ」<SLUGGER>
現地8月12日に発覚した、フェルナンド・タティースJr.(パドレス)の禁止薬物使用。昨季の本塁打王が80試合の出場停止を科された問題には多くのファンやメディアが失望を表明しているが、なかでも強くタティースJr.を非難しているのが、『New York Post』紙のジョン・ヘイマンだ。...
別窓で開く

大谷翔平の“トレード狂騒曲”は「から騒ぎだった」。NY紙がヤンキースも動いた交渉を分析「一切軌道に乗らなかった」
米球界の“盟主”は当代で唯一無二の二刀流戦士の獲得に乗り出していた。しかし、彼らの熱烈なオファーは、あえなく断られてしまった。 現地時間8月2日にトレード期限を迎えたMLB。各球団があらゆる動きを見せ、大物選手たちの移籍も目立った今夏で、小さくない注目を集めたのは、大谷翔平(...
別窓で開く

大谷翔平の残留は「野球的に最悪」? 米メディアが話題となったエンジェルスの決断を辛辣分析「ビジネス的には良い」
現地時間8月2日のトレード・デッドラインまでに、ロサンゼルス・エンジェルスは小さくない動きを見せた。 ノア・シンダーガードをフィリーズ、昨オフに延長契約を結んだばかりの守護神ライセル・イグレシアスをブレーブスへ放出。そして将来が期待されてきた若手外野手ブランドン・マーシュをシンダーガードとは別の交渉...
別窓で開く

「残念である」大谷翔平のトレード断念にヤンキース専門サイトは悔恨の念!?「我がチームは本気のオファーを出していた」
現地時間8月2日に迫ったトレード・デッドラインに向け、メジャーリーグでは移籍に関する話題が錯綜。そのなかでひと際話題となったのは、ロサンゼルス・エンジェルスが大谷翔平を今夏は放出しない見込みだというニュースだった。 米紙『New York Post』の敏腕ジョン・ヘイマン記者が伝えたところによれば、...
別窓で開く

「なんら衝撃的ではない」米移籍専門サイトが大谷翔平の“残留”に見解!ヤンキースらのオファーも「どれだけ真剣だったか分からない」
今夏は残留が決定的となったようだ。現地時間8月1日、米紙『New York Post』は、ロサンゼルス・エンジェルスは大谷翔平を8月2日(現地時間)の期限までにトレード放出せず、チームに残す方針を固めたと報じた。 同紙の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏のレポートによれば、大谷の獲得には水面下でニューヨーク...
別窓で開く

大谷翔平か、ジャッジか? MVPを巡る議論が白熱! 米記者のヤンキース主砲推挙に異論噴出「オオタニはルース以外に比較できない」
「もうくだらない、でっち上げられたような議論はやめにしよう。アーロン・ジャッジはアメリカン・リーグのMVPだ」 これは、米紙『New York Post』などに寄稿する敏腕記者ジョン・ヘイマン氏が現地時間7月29日に投稿したツイートだ。彼はシーズン後半戦に突入したメジャーリーグで話題となっているテー...
別窓で開く

“ベースボールの吟遊詩人”ロジャー・エンジェルとの「終の別れ」。データではなく野球人生の機微を描き続けた不世出のコラムニストの生涯<SLUGGER>
史上最も愛された野球ライターの一人で、老舗雑誌『The New Yorker』で長年健筆を振るったロジャー・エンジェルが亡くなった。101歳の大往生で、同誌のデビッド・レムニック編集長は「人は誰も永遠に生き続けることはできない。しかし、彼ならばできるのではないかとすら思わせた」と追悼している。...
別窓で開く

大谷は2年連続MVPなるか、ダルビッシュは初のサイ・ヤング賞?現地記者5人のアウォード予想<SLUGGER>
いよいよ開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。SLUGGERでは、5人の現地記者にMVPとサイ・ヤング賞受賞者予想に加え、「最も興味深い選手」も挙げてもらった。各記者の回答をさっそく見ていこう。...
別窓で開く

「エンジェルスに不当な利益をもたらす」MLBが導入を勧める“大谷ルール”に米記者が異論!「違和感を覚える」
現地時間3月22日にMLBと選手会が合意した“新ルール”は、さまざまな反響を呼んでいる。 話題となっているのは、一度降板した投手が、DHとして試合に継続して出続けられるという新たなルールだ。昨夏のMLBオールスターにおいて、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が&ldquo...
別窓で開く


<前へ12次へ>