本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全ては8年前に生まれた“懸念”から——。それでも球界屈指の「カリスマ遊撃手」コレアが大型契約締結に「楽観的」な理由
カリスマ遊撃手の去就が師走の球界を賑わせている。今オフにミネソタ・ツインズとの契約をオプトアウトし、FA(フリーエージェント)となったカルロス・コレアだ。【動画】3階席へズドン! 打撃でも存在感抜群のコレアが放った特大ホームランをチェック 今オフのFA市場における目玉でもあったコレア。...
別窓で開く

千賀獲得で総年俸は史上初の3億ドルの大台を突破!メッツの大富豪オーナーの“爆買い”はどこまで続く?<SLUGGER>
メッツの、いや、オーナーを務めるスティーブン・コーエンの“爆買い”が止まらない。このオフのFA(フリーエージェント)契約をまとめると、以下のようになる。...
別窓で開く

ジャッジがFA史上最高額でヤンキースと再契約!たった半年で200億円以上も価値を上げた男<SLUGGER>
“アーロン・ジャッジ狂騒曲”がついに決着した。 現地12月6日、今オフにフリーエージェント(FA)となっていた大砲ジャッジがニューヨーク・ヤンキースと9年3億6000万ドル(約489億6000万円)で再契約したとアメリカの複数メディアが一斉に報じた。契約総額3億6000万ドル...
別窓で開く

「投げる以外はすべてやった」NY紙記者がジャッジのMVPを再強調! 大谷翔平が「世界最高」でも獲れない理由は?
レギュラーシーズンが終了しても話題は尽きない。「史上最高に予想が難しい」とされるアメリカン・リーグのMVP争いだ。 一騎打ちの様相を呈している同レースで、目下、トップを争うのはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)である。 ともにヒストリカルなシーズン...
別窓で開く

大谷翔平の去就の話題は尽きず! 「トレードは現実的ではない」と説く米専門メディアが指摘した新天地候補は?
現地時間8月2日のトレードデッドラインが過ぎてもなお、球界屈指の偉才の動向は話題性が尽きない。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。 今夏のMLBトレード市場では、例年と同様に多くの大物選手たちの動きが目立った。そのなかで大谷の動向も話題となったのは記憶に新しい。...
別窓で開く

「彼は東海岸的じゃない」大谷翔平の“新天地”を他球団幹部が予想! 候補のジャイアンツ地元局は「間違いなく関心を持つ」
現地時間8月2日にデッドラインを迎えたMLBのトレード市場。今夏も興味深い交渉が相次いだが、なかでも大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のそれは、連日メディアに話題を振りまいていた。...
別窓で開く

大谷翔平の“トレード狂騒曲”は「から騒ぎだった」。NY紙がヤンキースも動いた交渉を分析「一切軌道に乗らなかった」
米球界の“盟主”は当代で唯一無二の二刀流戦士の獲得に乗り出していた。しかし、彼らの熱烈なオファーは、あえなく断られてしまった。 現地時間8月2日にトレード期限を迎えたMLB。各球団があらゆる動きを見せ、大物選手たちの移籍も目立った今夏で、小さくない注目を集めたのは、大谷翔平(...
別窓で開く

鈴木誠也との“共闘”もあった? 大谷翔平獲得に動いたカブス編成部長が明かす「エンジェルスには問い合わせた」
球界屈指のタレント性を誇るスラッガーたちの動向に関する娯楽性は尽きない。 現地時間8月2日にデッドラインデーを迎えたMLBのトレード市場。今夏も興味深い交渉が相次いだなかで、小さくない話題を振りまいたのは、ホアン・ソトと大谷翔平のそれだろう。 ともに話題性十分の動きを見せた。...
別窓で開く

「オオタニはFAで去る」大谷翔平を残留させたエンジェルスの決断に懸念の声。12球団からのオファーを拒んだ理由は?
当代屈指の偉才の動向を巡っては、水面下で緊張感のある交渉が重ねられていたようだ。現地時間8月4日、米紙『New York Post』の敏腕であるジョン・ヘイマン記者は、今月2日に幕が閉じた今夏のメジャーリーグのトレード市場の舞台裏を明かした。 今夏もドラマティックな移籍が相次いだなかで、小さくない話...
別窓で開く

大谷翔平の残留は「野球的に最悪」? 米メディアが話題となったエンジェルスの決断を辛辣分析「ビジネス的には良い」
現地時間8月2日のトレード・デッドラインまでに、ロサンゼルス・エンジェルスは小さくない動きを見せた。 ノア・シンダーガードをフィリーズ、昨オフに延長契約を結んだばかりの守護神ライセル・イグレシアスをブレーブスへ放出。そして将来が期待されてきた若手外野手ブランドン・マーシュをシンダーガードとは別の交渉...
別窓で開く


<前へ12次へ>