本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジャッジがFA史上最高額でヤンキースと再契約!たった半年で200億円以上も価値を上げた男<SLUGGER>
“アーロン・ジャッジ狂騒曲”がついに決着した。 現地12月6日、今オフにフリーエージェント(FA)となっていた大砲ジャッジがニューヨーク・ヤンキースと9年3億6000万ドル(約489億6000万円)で再契約したとアメリカの複数メディアが一斉に報じた。契約総額3億6000万ドル...
別窓で開く

“不名誉記録”から始まった1年目。阪神からの逆輸入で快進撃続くスアレスの凄み「球界で違いを生んでいる」
「彼の出現はパドレスのポストシーズンにとって最も重要な展開かもしれない。今は誰も打てる気がしない」 米紙『New York Post』の敏腕記者であるジョエル・シャーマン氏は、現地10月15日に行なわれたナショナル・リーグの地区シリーズ第4戦、ロサンゼルス・ドジャース打線に対峙したサンディエゴ・パド...
別窓で開く

「3000万ドルはあまりに安すぎる!」元MLB球団社長が大谷翔平の“異例契約”に意見「合理的にも理解ができない」
去る10月2日、ロサンゼルス・エンジェルスは、チームの大黒柱である大谷翔平と年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約を締結させた。 年俸550万ドル(約7億9600万円)から5倍以上の大幅昇給。年俸調停権を持つ選手としては、2020年にムーキー・ベッツ(現ロサンゼルス・ドジャース)が、ボ...
別窓で開く

熱狂のドジャース撃破で際立った圧巻ピッチ! 元阪神スアレスの“神救援”に米記者も感嘆「今は誰も打てる気がしない」
球場中で「Beat LA(ドジャースを倒せ!)!」のチャントがこだまし、お祭りムードの中でも、31歳のオールドルーキーは淡々と自らに課せられた仕事を全うした。 現地10月15日に行なわれたナショナル・リーグの地区シリーズ第4戦で、本拠地ペトコ・パークでロサンゼルス・ドジャースを迎え撃ったサンディエゴ...
別窓で開く

「投げる以外はすべてやった」NY紙記者がジャッジのMVPを再強調! 大谷翔平が「世界最高」でも獲れない理由は?
レギュラーシーズンが終了しても話題は尽きない。「史上最高に予想が難しい」とされるアメリカン・リーグのMVP争いだ。 一騎打ちの様相を呈している同レースで、目下、トップを争うのはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)である。 ともにヒストリカルなシーズン...
別窓で開く

「センガって誰だ?」米メディアが千賀滉大のメジャー移籍に熱視線! 敏腕記者が「魅力的な契約を手にする」と断言する理由は?
レギュラーシーズンが無事に終了したMLB。引き続き、ポストシーズンとワールドチャンピオンの行方に注目が集まる一方で、じわじわと話題性が出てきているのは、ストーブリーグに関するニュースだ。 今オフも大物選手の移籍が注目されるなかで、各球団が熱視線を向けているのが、ソフトバンクの千賀滉大である。...
別窓で開く

「アメリカ中の誰もが認める大馬鹿者だ」ニューヨークの名物記者が薬物使用のタティースJr.を痛烈批判!「詐欺師であり、嘘つきだ」<SLUGGER>
現地8月12日に発覚した、フェルナンド・タティースJr.(パドレス)の禁止薬物使用。昨季の本塁打王が80試合の出場停止を科された問題には多くのファンやメディアが失望を表明しているが、なかでも強くタティースJr.を非難しているのが、『New York Post』紙のジョン・ヘイマンだ。...
別窓で開く

160キロ超え連発で大谷翔平以来2人目の偉業も! 約1年ぶりの白星を掴んだデグロムが残した2つの“大記録”とは?
剛腕から放たれたボールは、唸りをあげるかのように鋭く、相手打者もことごとく翻弄された。現地時間8月7日に行なわれたアトランタ・ブレーブス戦で、今季初勝利を飾ったニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロムである。 昨年7月に右前腕の張りとひじの挫傷により離脱し、今季も春先に右肩甲骨の炎症が判明。...
別窓で開く

大谷翔平の去就の話題は尽きず! 「トレードは現実的ではない」と説く米専門メディアが指摘した新天地候補は?
現地時間8月2日のトレードデッドラインが過ぎてもなお、球界屈指の偉才の動向は話題性が尽きない。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。 今夏のMLBトレード市場では、例年と同様に多くの大物選手たちの動きが目立った。そのなかで大谷の動向も話題となったのは記憶に新しい。...
別窓で開く

「彼は東海岸的じゃない」大谷翔平の“新天地”を他球団幹部が予想! 候補のジャイアンツ地元局は「間違いなく関心を持つ」
現地時間8月2日にデッドラインを迎えたMLBのトレード市場。今夏も興味深い交渉が相次いだが、なかでも大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のそれは、連日メディアに話題を振りまいていた。...
別窓で開く



<前へ123次へ>