本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メガクラブを揺るがす“いじめ自殺”の可能性。チェルシーの新オーナーは「旧体制の見直し」を宣言
 プレミアリーグの名門を巡る、驚くべき事態だ。 発端は現地時間6月29日付けのアメリカ紙『New York Times』の一報だった。チェルシーのマーケティング部門で働く12人の従業員が、上司からの非難に苦しんでいる実情を告白。人が多い場所での叱責をはじめ、無茶な振る舞いが繰り返されたことで、当初5...
別窓で開く

「悪い円安」で物価高騰…生活への影響は? 本当に必要な対策は?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。4月25日(月)放送の「フラトピ!」のコーナーでは、“悪い円安”について深掘りしました。◆円安による物価上昇、怖いのはこれから!?4月15日、鈴木財務大臣は会見で、円安ドル高で物価の高騰に賃金の...
別窓で開く

「欧米金融勢力が共産革命に手を貸した」国際社会から見た日露戦争
世界は今、未曾有の大混乱に陥りグローバリズムの崩壊を目の当たりにしている。この刻々と変わる国際情勢を読み解くには、これまでの歴史に隠された事実を学び、キーとなる大国アメリカ・ロシア、そして日本の関係性を正確に捉える必要がある。在外歴約40年の元外交官・馬渕睦夫氏が、日露戦争を中心に解説します。...
別窓で開く


<前へ1次へ>