本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「珍機で北米〜アンカレッジ〜日本」就航目指すLCC、突然の計画変更 背景にロシア問題…ナゼ?
日本ではレアな旅客機である「ボーイング757」を用いて、北米と日本をアンカレッジ経由で結ぶ計画だった新LCCが、計画を大幅に変えました。背後にあるのは「ロシア領空の飛行制限」。どういった理由なのでしょうか。...
別窓で開く

JALも検討ボーイング767後継問題 エアバス「A321XLR」あり得る? 「単通路で国際線」が候補に入る理由
JALも検討を進める「ボーイング767の後継旅客機問題」。そのひとつとして、このほど初飛行したエアバス社の長距離向け単通路旅客機「A321XLR」はあり得るのでしょうか。あらゆる意味で特殊な新型機が、767の後継となる可能性を探ります。...
別窓で開く

単通路機の革命児 エアバスA321XLRは敵なしか 航空会社熱望の性能 かつての名機と共通点
エアバスが開発を進める小ぶりな単通路でも長距離を飛べる旅客機「A321XLR」。実はボーイングが初めて実用化させたジェット旅客機「707」との共通点があります。そこから、A321XLRの可能性を見ていきます。2023年就航を目指す エアバスが現代では珍しいコンセプトの単通路旅客機「A321XLR」の...
別窓で開く

日本じゃ激レア機「ボーイング757」まさかの22年日本就航!? 行先は懐かし極北の地
日本ではレアな旅客機として分類される「ボーイング757」。海外国内線への就航がメインで生産も終了済みのモデルです。しかし2022年、日本でこのモデルが見られる、乗れる可能性が出てきました。2005年に生産終了 767と姉妹機 日本ではレアな旅客機として分類されるのが、「ボーイング757」です。...
別窓で開く

航空会社の夢「単通路機で長距離路線」実現近づく A321XLR組立完了 なぜ航続距離UP?
まさに「エクストラ ロング レンジ」!!約8700kmの航続距離 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスが開発を進めている「A321XLR」。この飛行試験用初号機(MSN11000)の最終組み立てが完了したと、現地時間2021年12月6日(月)に発表されました。 A321XLRは、エアバスのベストセラ...
別窓で開く

世界の2大旅客機「737」vs「A320」なぜ爆売れ? 見た目似ててもハッキリ差別化 競争の裏側
世界の空港でもっともよく見る旅客機といえば、米国ボーイング社の「737」と欧州エアバス社の「A320」の2機種でしょう。これらはなぜ人気機種となったのでしょうか。両社とも歴史的に、火花をバチバチ散らし合ってきました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>