本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



商務部が米CHIPS法可決で質疑応答
米国上院がこのほど、半導体分野における米国の競争力を強化し、中国と競うことを目指す「CHIPS法」を可決したことについて、商務部の報道官は「CHIPS法は米国内の半導体製造企業に巨額の補助金を提供するもので、典型的な差別化産業支援策だ」と述べました。...
別窓で開く

国連、G20等が直面するルールに基づく秩序形成の限界 モラルに基づく規範の共有化が必要、その主役は「民」
1.ルールに基づく国際秩序形成の限界 本年(2022)5月、ジョー・バイデン大統領の初訪日に際して、日米首脳共同声明が発表された。 両首脳はその中で「ルールに基づく国際秩序」を重視する姿勢を強調した。 しかし、近年のグローバル社会の重要課題を振り返ると、ルールがあっても国家間で合意が成立せず、国際秩...
別窓で開く

『チェンソーマン』ファンの間でアーニャが嫌われ者に…理不尽すぎる巻き込み事故発生
『チェンソーマン』11巻(藤本タツキ/集英社)7月14日、大人気漫画『チェンソーマン』の第2部が『少年ジャンプ+』でスタート。世界中のファンが待ち望んでいた注目作だったが、その熱気が悪い方向にも働き、『進撃の巨人』や『SPY×FAMILY』に波及することになってしまった。...
別窓で開く

「自由貿易の番人」WTO、久々の存在感...ウクライナ侵攻で深刻化する「食糧危機」対応...6年半ぶり「閣僚宣言」採択の舞台裏
「自由貿易の番人」といわれる世界貿易機関(WTO)が食料危機への対応などで合意した。このほど開かれた閣僚会議で宣言を採択したもので、機能不全が指摘されてきたWTOが久々に存在意義を示したと評される。ただ、利害が対立する課題は先送りしており、自由貿易の旗振り役の復活には程遠いのが実態だ。...
別窓で開く

【深センIPO】軍用設備など検査・測定サービスの西安西測測試技術が15日に公募開始、2110万株発行予定
 深セン証券取引所のメインボードへの上場を目指している、西安西測測試技術(301306/深セン)が7月15日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。2110万株を発行予定で、公募価格は43.23元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2010年設立の民営企業で、19年に株式会社化した...
別窓で開く

火を近づけても溶けないアイスに物議 「耐火素材として使えるのでは?」皮肉の声も(中国)<動画あり>
このほど中国で販売しているアイスに火を近づけても溶けない動画がネット上に公開され、物議を醸している。問題視されているのは中国の高級ブランドとして人気のアイスで、とてもアイスとは思えない状態に「プラスチックでできているんじゃないの?」などの声が相次いでいるようだ。『New York Post』などが伝...
別窓で開く

『チェンソーマン』第2部ついに開幕! コベニに重要人物フラグ浮上…登場はいつ?
『チェンソーマン』11巻(藤本タツキ/集英社)世間を賑わすダークヒーロー漫画『チェンソーマン』の第2部が、7月13日に『少年ジャンプ+』でついに幕を開けた。 第1部「公安編」完結から約1年半ぶりに描かれたのは、一層混沌とした藤本タツキワールド。謎が謎を呼ぶ展開が、さまざまな考察を呼んでいる。...
別窓で開く

◆危惧される改造銃マーケットの実態 7月8日全世界に激震が走った、安倍元首相の銃撃事件。犯行に使用されたのが自作した銃ということで、危惧されるのが改造銃マーケットの実態だ。 日本では銃砲刀剣類所持等取締法により、許可なく銃や刀剣類を所持することが違法となっている。カッターナイフですら取締の対象になる...
別窓で開く

対中追加関税を全撤廃することは中米と世界に有益=商務部
商務部の束??(そく・かくてい)報道官は7日の記者会見で、バイデン米大統領のチームが中国の対米輸出品に対する関税問題を検討しているとの報道に対して、「中国側は一貫して、対中追加関税を全撤廃することが中米両国にとって有益であり、世界全体とって有益と考えている」と述べました。...
別窓で開く

第14回BRICS首脳会議で豊かな成果=商務部副部長
中国商務部副部長兼国際貿易交渉副代表の王受文氏は24日、取材に応じ、このほど行われた第14回BRICS首脳会議について、「デジタル経済、グリーンで持続可能な開発、サプライチェーンをめぐる協力、世界貿易機関(WTO)改革の支持など経済面でも貿易面でも多くの成果を挙げた」と述べました。...
別窓で開く


[ wto ] の関連キーワード

チェンソーマン ウクライナ brics 深セン ipo