本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「タフさ」をテーマに!伊達公子とヨネックスが取り組むジュニア育成プロジェクト<SMASH>
テニス元世界ランキング4位の伊達公子とヨネックスがともに取り組む女子トップジュニア育成プログラム「リポビタン?presents 伊達公子×YONEX PROJECT〜Go for the GRAND SLAM〜」の2期生第6回キャンプが、9月20日〜9月21日に神奈川県、荏原湘南スポーツ...
別窓で開く

西岡、ダニエル、綿貫ら5名の日本人選手がツアーに登場【9月26日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
9月26日からの週は、男子が3大会、女子が2大会のワールドツアーが開催される。 日本人男子選手は、西岡良仁、ダニエル太郎、綿貫陽介、内田海智、守屋宏紀の5名が「ユージン・コリア・オープン・テニス・チャンピオンシップス」の本戦に出場。大会初日の26日は、綿貫が左足首のケガのため1回戦を途中棄権し、ラッ...
別窓で開く

サムソノワが東レパンパシフィックオープン初優勝!ウインブルドンの除外期間が飛躍の転機に<SMASH>
世界ランキング30位対36位。 その数字だけ見れば、WTAツアー500の決勝の組み合わせとしては、やや物足りなく感じるかもしれない。 ただ現在の二人の勢いを思えば、これ以上に頂上決戦に相応しい顔合わせもないとも言える。  30位のリュドミラ・サムソノワは、直近の3大会で2度の優勝。 36位のジェン・...
別窓で開く

「めっちゃ惜しい」61発未遂の大飛球を放ったジャッジに現地メディアが悲鳴「ヤンキース史上最も劇的な本塁打のはずが…」
アメリカン・リーグ最多本塁打(61本)まであと1本に迫るアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)。そんな彼が球史を塗り替える瞬間を待ちわびるファンは多い。 現地時間9月22日、本拠地で行なわれたボストン・レッドソックス戦では、そんなファンが興奮する瞬間があった。...
別窓で開く

「くるみが頑張っているから、自分も頑張ろうとずっと思ってきた」土居美咲と奈良くるみ、コート上で今までの関係性を語リ合う<SMASH>
クリーンに放たれたソフィア・ケニンのフォアハンドボレーが、1時間11分の濃密な一戦に、そして、奈良くるみの約15年に及ぶ競技生活に、終止符を打った。 対戦相手と主審との握手を終えてベンチに戻った彼女は、即座にタオルに顔をうずめると、しばらくそのまま動かない。その顔を上げた時、広がっていたのは、清々し...
別窓で開く

日本のテニスコートに帰ってきた大坂なおみ。「テニスに関して、間違った方向にいっているとは思わない」
 新型コロナウィルスのパンデミックの影響で中止になっていた東レ パン パシフィックオープンテニス(以下東レPPO)が3年ぶりに開催され、大坂なおみが日本のテニスコートに帰って来た。「ディフェンディングチャンピオンと言われるのは妙な感じがしますが」と前置きをしながら、「もう一度ここ(東レPPO)で優勝...
別窓で開く

「倍返しみたいな感じで返ってくる」東レPPO本戦初出場の本玉真唯が世界28位に実力差を見せつけられる<SMASH>
日本で開催されている国際大会「東レPPOテニス2022」(9月19日〜25日/日本・有明コロシアム及び有明テニスの森公園/ハードコート/WTA500)。9月20日には本戦1回戦が行なわれ、本玉真唯(180位)が0−6、3−6でジャン・シューアイ(中国/28位)に敗退した。 本玉はワイルドカード(主催...
別窓で開く

大坂なおみ、今日3年ぶりに東レPPOで試合!「自分の中にはいいものがあると信じてプレーしたい」<SMASH>
日本開催の女子テニスツアーでは最高のグレードを誇る「東レ パン パシフィック オープンテニス 2022」(東京・有明コロシアム及び有明テニスの森公園/ハードコート/WTA500)。本戦初日を迎えた9月19日、大坂の試合は組まれていなかったものの午前中アウトドアコートで軽く汗を流したあと、記者会見に出...
別窓で開く

21歳の西郷里奈がWTAツアー初挑戦で予選を突破!「本戦で戦えるのはすごく楽しみ」<SMASH>
日本で開催される国際大会「東レPPOテニス2022」(本戦9月19日〜25日/日本・有明コロシアム及び有明テニスの森公園/ハードコート/WTA500)。9月18日には予選決勝が行なわれ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した21歳の西郷里奈が、2−6、6−3、6−0で、村松千裕に勝利し本戦出場権を手...
別窓で開く

ダニエル、大坂、土居ら7名の日本人選手が出場。フェデラーは引退試合【9月19日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
9月19日からの週は、男子が3大会、女子が2大会開催される。 日本人男子選手は、ダニエル太郎が「サンディエゴ・オープン」の本戦ストレートインし、1回戦で予選勝者と対戦する。この大会の第1シードはダニエル・エバンス(イギリス)、第2シードはジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)だ。...
別窓で開く