本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【NBAデュオ列伝|後編】軽率な言動への不信感、引退後に分かれた明と暗……“バッドボーイズの両頭”トーマスとデュマースの間になぜ隔たりが生じたのか<DUNKSHOOT>
■バッドボーイズの衰退。引退後に訪れた明と暗 しかし、ピストンズの栄華は長くは続かなかった。ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが、その牙城を崩したのである。 1991年のカンファレンス決勝は一方的な展開となり、ピストンズはブルズに4連敗。完膚なきまでに叩きのめされてしまった。この屈辱的な負け方が、トーマ...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

“バッドボーイズ”ピストンズの象徴。周囲の評価を活力に変えたレインビアとロッドマン【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■無名の存在からリーグ最高の守備選手となったロッドマン ロッドマンが最もプレースタイルの参考にしたのはレインビアだった。「ぜんぜんジャンプ力がないのに、よくあれだけリバウンドが取れるものだ」。ロッドマンはレインビアの動きやポジショニングを研究して自分のものとしていった。...
別窓で開く

ウォーレス、ピアース、ウェバーの殿堂入りを現地メディアが先行報道!ドラフト外からは史上初の快挙に<DUNKSHOOT>
5月15日(日本時間16日、日付は以下同)、コネチカット州アンカスビルにあるモヒガン・サン・アリーナにて、2020年のバスケットボール殿堂入りを決めたメンバーたちの式典が行なわれた。...
別窓で開く

“弟”コビーのプレゼンターは“神様”ジョーダン!2020年の殿堂入り式典が5月に開催<DUNKSHOOT>
年に一度行なわれる祭典のひとつがバスケットボール殿堂の式典だ。昨年は新型コロナウイルスの影響で開催が延期されていたが、2020年の殿堂入りメンバーの式典が5月16日にモヒガン・サン・アリーナで開催されることが発表された。 式典と言えば殿堂入りする人物はもちろん、彼らを紹介するプレゼンターを誰が務める...
別窓で開く

八村塁の“相棒”ブライアントがチームに合流!第二幕に向けて渡邊雄太の同僚とも契約
7月16日(日本時間17日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズとワシントン・ミスティックス(WNBA)は、今年6月に逝去したフランチャイズの功労者、ウェス・アンセルドの栄誉を称えるべく、右肩に背番号41のパッチを付けてプレーすることを発表した。「彼のプレーは何度か映像で観たし、いくつか彼のことに...
別窓で開く

レブロンとジョーダン、どちらが優れた選手?元ピストンズのレインビアは「レブロン最強説」を提唱。理由は“キャリア初期の戦績”の違い
1997-98シーズンのシカゴ・ブルズに密着して撮影したドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』の放映が4月19日(日本時間20日)に迫り、マイケル・ジョーダンが話題に挙がる機会が増えている。相手をねじ伏せる得点力、驚異的な跳躍力と闘争心で「史上最高の選手」としての地位を築いてきたが、無双時代に...
別窓で開く


<前へ1次へ>