本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「小さいのでバスケを辞めました」のSNSのメッセージに女子バスケ・町田瑠唯が伝えたいこと
富士通レッドウェーブ・町田瑠唯インタビュー 後編東京五輪で銀メダルを獲得し、2024年のパリ五輪でも期待がかかる日本女子バスケットボール。東京大会でアシスト王に輝くなど、日本女子バスケ界を牽引する町田瑠唯(29歳)は、2年後を見据える。今年は米女子プロリーグWNBAに挑戦。帰国後すぐに富士通レッドウ...
別窓で開く

「目立ちたいタイプではなくて」女子バスケ・町田瑠唯がアメリカ挑戦を経ても変えないチーム意識
富士通レッドウェーブ・町田瑠唯インタビュー 前編東京五輪女子バスケットボールで1試合の五輪史上最多アシストを記録するなど、日本の銀メダル獲得に大きく貢献した町田瑠唯、29歳。彼女は今年、日本人選手で史上4人目の米女子プロリーグWNBAデビューを果たし、1シーズンを過ごした。世界最高峰の舞台は、町田に...
別窓で開く

「誰もウォリアーズを恐れていない」昨季王者が不振の理由をレジェンドが分析「守備の脆さを露呈している」<DUNKSHOOT>
昨季のNBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、開幕10試合で3勝7敗とスタートダッシュに失敗。なぜ彼らは低迷しているのか。オールスター出場8回、通算2万5728得点を記録したレジェンドで、現在は『ESPN』のアナリストを務めるヴィンス・カーターが、その問題点を指摘した。...
別窓で開く

【NBAデュオ列伝|後編】軽率な言動への不信感、引退後に分かれた明と暗……“バッドボーイズの両頭”トーマスとデュマースの間になぜ隔たりが生じたのか<DUNKSHOOT>
■バッドボーイズの衰退。引退後に訪れた明と暗 しかし、ピストンズの栄華は長くは続かなかった。ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが、その牙城を崩したのである。 1991年のカンファレンス決勝は一方的な展開となり、ピストンズはブルズに4連敗。完膚なきまでに叩きのめされてしまった。この屈辱的な負け方が、トーマ...
別窓で開く

NBAサンズのオーナーが球団売却へ。過去の差別発言などに対し、1年間の資格停止&罰金処分の直後<DUNKSHOOT>
現地時間9月21日、NBAフェニックス・サンズのオーナーであるロバート・サーバー氏が、同球団とWNBAフェニックス・マーキュリーを売却する意向を表明した。 2004年から球団を保有しているサーバー氏は、過去の人種差別発言や従業員に対する不適切な行為(セクハラやパワハラ)が明るみになり、今月13日にリ...
別窓で開く

人種差別の被害を告白したオコエ桃仁花がファンに感謝!「日本人であることに誇りをかんじます」
人種差別的な誹謗中傷の被害に遭っていることを告白した、バスケットボール女子日本代表のオコエ桃仁花。攻撃的な差別被害を明かした彼女に、ファンやアスリートから心配の声が多数寄せられた。 ナイジェリア出身の父と日本人の母の間に生まれた彼女は9月7日、自身のSNSで心無いメッセージのスクリーンショットを公開...
別窓で開く

バスケ女子日本代表がW杯メンバーを発表!東京五輪銀メダリスト6人に渡嘉敷ら新戦力が加入<DUNKSHOOT>
日本バスケットボール協会は8日、9月22日からオーストラリアで開催される「FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022 」に臨む日本代表メンバーを発表した。 悲願の世界一、そして24年パリ五輪の出場権をかけた戦いに挑む12名は以下の通りだ(※年齢・所属は9月8日現在)。...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

町田瑠唯のWNBA1年目は全試合出場で平均2.6アシスト。ミスティックス指揮官は「ルイはシーズンを通じて成長した」<DUNKSHOOT>
バスケットボール女子日本代表の司令塔、町田瑠唯がプレーするWNBAは現地時間8月17日からプレーオフがスタート。 町田の所属するワシントン・ミスティックスは、第4シードのシアトル・ストームとの1回戦シリーズ初戦を83−86で惜敗。 後がない状態(ファーストラウンドは2勝先取)で迎えた本日の第2戦。...
別窓で開く

ウィザーズが改称25周年記念、復刻ユニフォームを発表!八村塁が“神様”ジョーダンと同じ装いに<DUNKSHOOT>
現地時間8月11日、ワシントン・ウィザーズが新シーズンに着用する「クラシック・エディション・ユニフォーム」を発表した。 現チーム名への改称25周年を祝う記念行事の一環として制作され、ウィザーズは2022−23シーズンの一部の試合で同ユニフォームや当時のロゴがデザインされたコートなどを採用し、節目の年...
別窓で開く



<前へ12345次へ>