本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シャックが“ヒール街道”を歩むデュラントに苦言「自分に合わせたチームを作ったなら、契約期間中はそこにいるべき」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、4年総額1億9800万ドル(約264億円)の巨額契約を残すなかでチームにトレードを要求。「ヒール街道」まっしぐらだ。 騒動から1か月が経過した現在も去就に進展はなく、殿堂入りセンターであるシャキール・オニールは、ネッツで責務を果たすべきだと持論を展開してい...
別窓で開く

「信じられないほど愚か」レイカーズの運営を有名パーソナリティが酷評。ウエストブルックの残留にも「困惑してる」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンは33勝49敗、ウエスタン・カンファレンス11位に沈みプレーオフ進出を逃したロサンゼルス・レイカーズ。来たる2022−23シーズンはレブロン・ジェームズの現行契約ラストイヤーにあたり、勝負の1年になるのは間違いない。...
別窓で開く

デュラントがバークレーの“バスの乗客”発言を一蹴「どの選手よりも自分が優れていると感じてるよ」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントにとって、今季は不本意なシーズンとなった。 ビッグ3の一角カイリー・アービングは新型コロナウイルスに対するワクチン未接種問題によりわずか29試合の出場にとどまり、ジェームズ・ハーデンも2月のトレード・デッドライン当日にフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移...
別窓で開く

「偉大な選手を軽視している」キャブズ優勝戦士がジョーダンとレブロンを中心とするGOAT論争に疑問<DUNKSHOOT>
NBAの“史上最高”(GOAT)を巡る論争は、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)を中心に回ってきた。かつて“キング”とクリーブランド・キャバリアーズで共闘し、2016年にリーグ優勝も経験したチ...
別窓で開く

「あんな振る舞いは許さない」75周年記念式典でのロッドマンの“問題行動”にシャックが苦言<DUNKSHOOT>
2022年NBAオールスターのハーフタイム中に行なわれた、リーグ75周年記念チームの表彰セレモニー。マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)といったレジェンドから、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)やステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォ...
別窓で開く

ノビツキーが悲願のNBA制覇を遂げた2011年ファイナルを回顧「彼らが結成1年目だったのはすごく幸運だった」<DUNKSHOOT>
21年間のNBAキャリアで歴代4位の通算1522試合出場、同6位の通算3万1560得点、同13位の3ポイント成功数1982本を記録し、将来の殿堂入りが確実視されているダーク・ノビツキー。2011年には悲願のリーグ制覇を成し遂げたが、ダラス・マーベリックス一筋のレジェンドは“時の運&rdq...
別窓で開く

1990〜2000年代のNBAでアデトクンボは通用しない?マッグレディが持論を展開「当時だったら苦しんでいたと思う」<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、現代NBAを代表するスーパースターにして、歴代屈指のオールラウンダーだ。その実力に疑いの余地はないが、殿堂入り選手のトレイシー・マッグレディは、1990年代後半〜2000年代前半であればアジャストに苦戦していたはずだと持論を展開している。...
別窓で開く

シャックがヒート時代のボッシュを「ロールプレーヤー」と一刀両断!「ビッグ3として称賛されただけ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAには、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドを擁するロサンゼルス・レイカーズと、ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン、ブレイク・グリフィン、ラマーカス・...
別窓で開く

「俺はステフ・カリーを応援する」シャックが古巣レイカーズに愛のムチ。浮上に向けたキーマンも指名<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのロサンゼルス・レイカーズは、最も議論に挙がっているチームである。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドとオールスター経験者揃いの巨大戦力を誇りながら、ゴールデンステイト・ウォリアーズ...
別窓で開く

止まらないピッペンの放言にシャックも呆れ気味?「目の前で聞いたら、腹に一発喰らわせるね」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93年、96〜98年)を果たし、黄金時代のメンバーとして名を馳せたスコッティ・ピッペンは、今や“時の人”となっている。自身初の自伝『Unguarded』で、史上最高のデュオとも呼ばれた名相棒のマイケル・ジョーダンを辛辣に批判したことが波...
別窓で開く



<前へ123次へ>