本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米中間選挙後にウクライナ戦争が一転、和平に向かう可能性 インフレ圧力に押され、戦略の舵を切り始めたバイデン政権
 11月8日は米国中間選挙である。現在、その結果が判明しつつあるのだが、筆者を含め多くのロシア関係者はこの選挙結果が現在進行中のウクライナ紛争に大きな影響を与えると考えている。 しかし、実際に選挙結果が明らかになる前に、米国の対ウクライナ政策変調の兆しが明らかになりつつある。...
別窓で開く

見えてきたプーチンの大敗北…冬将軍はロシア軍に味方せず、ウクライナ軍は教科書通りの戦術で
 ロシアがウクライナに侵攻を開始したのは今年2月24日。早くも8カ月が経過したわけだが、CNNは10月14日、「Russia is bruised as winter approaches. Can Ukraine land another blow?」の記事を配信した。...
別窓で開く

「ウクライナ人の子供は溺死させるか燃やすべきだ」 ロシアのニュース番組ディレクター発言をウクライナ外相が「虐殺の扇動」の非難ツイート
ロシアの実質的な国営メディアのニュース専門局『ロシア・トゥデイ(RT)』は、プロパガンダやフェイクニュースを拡散させているとして問題視されていますが、ある番組で司会者が「ウクライナの子供たちを溺死させるか焼き殺すしかない」と発言して非難が殺到しています。...
別窓で開く

ロシア、併合4州に戒厳令 「プーチン大統領は、それだけ追い詰められている」辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が10月20日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ロシアのプーチン大統領が、一方的に併合を宣言したウクライナの東・南部4州で戒厳令を導入する大統領令に署名したことについて、「自国領になったことを強烈にアピールする手段。それだけプ...
別窓で開く

ナダルに続きモンフィス、メドベージェフもパパに!テニス界の“おめでたラッシュ”<SMASH>
テニス界の“おめでたラッシュ”に大きな反響が上がっている。 まず先陣を切ったのが元世界ランク6位のガエル・モンフィス(フランス/現38位)と、その妻で今年5月に妊娠を発表した女子元世界3位のエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/現164位)だ。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻で注目を集める「ロシアにおける『指輪物語』への奇妙な執着」
今年2月より始まり、現在も不穏な状況が続いているロシアのウクライナ侵攻。先日はロシア政府が予備役の動員令を出したことからロシア国内を脱出する人々が増え、ウクライナで親ロシア派による住民投票が行われるなど、依然不穏な状況が続いている。 さて、ウクライナ侵攻が始まって以来、両国で引き合いに出される創作物...
別窓で開く

二枚舌外交を極める尹錫悦 米中二股にいら立つバイデンの「お仕置き」のタイミング
「米国側に戻る」と言いながら、中国に忖度し続ける尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領。露骨さを増す二枚舌外交に米国は苛立つ。通貨危機の足音が聞こる今、韓国観察者の鈴置高史氏が「米国のお仕置き」を予測する。■「親米路線」を疑うNYT鈴置:9月18日、NYT(ニューヨーク・タイムズ)が尹錫悦大統領の単独会見...
別窓で開く

兵隊を置いて司令官クラスの士官たちが逃げてしまったロシア軍
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が9月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ゼレンスキー大統領が「東部と南部で6000平方キロメートル以上を解放した」と発表したウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

クリミア半島「取り戻す」ゼレンスキー大統領発言でロシアの反発増大か 専門家が分析
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授・土屋大洋(つちや・もとひろ)が8月25日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナ侵略について、戦争が長引いている背景について分析した。...
別窓で開く

フィンランド企業が合成開口レーダー衛星をウクライナに提供 天候を問わずに地上観測が可能
ウクライナは、2022年8月18日にフィンランドの人工衛星企業ICEYEから、合成開口レーダー(SAR)衛星の画像提供の契約を締結。ICEYEが運用する衛星群21基のうち1基はウクライナ政府が自由に使用できるように譲渡され、そのほかの衛星群からのレーダー衛星画像を受信することができるようになるとして...
別窓で開く


[ with ロシア ウクライナ ] の関連キーワード

フィンランド クリミア半島 ゼレンスキ smash ウクライナ
プーチン ロシア

<前へ1234次へ>