本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『新語・流行語』年間大賞発表 きんに君「ヤー!パワー!」はトップ10入り逃す
今年最も話題となった言葉を選ぶ『現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が1日に発表された。「年間大賞」に今季のセ・リーグMVPで“史上最年少の三冠王”に輝いたヤクルト・村上宗隆選手(22)を称えたワード「村神様」が選出され、ノミネート30語に選ばれていた、...
別窓で開く

『新語・流行語』年間大賞が決定 “三冠王”村上宗隆選手の「村神様」
今年最も話題となった言葉を選ぶ『現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が1日に発表され、「年間大賞」に今季のセ・リーグMVPで“史上最年少の三冠王”に輝いたヤクルト・村上宗隆選手(22)を称えたワード「村神様」が選出された。...
別窓で開く

米中間選挙後にウクライナ戦争が一転、和平に向かう可能性 インフレ圧力に押され、戦略の舵を切り始めたバイデン政権
 11月8日は米国中間選挙である。現在、その結果が判明しつつあるのだが、筆者を含め多くのロシア関係者はこの選挙結果が現在進行中のウクライナ紛争に大きな影響を与えると考えている。 しかし、実際に選挙結果が明らかになる前に、米国の対ウクライナ政策変調の兆しが明らかになりつつある。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻で注目を集める「ロシアにおける『指輪物語』への奇妙な執着」
今年2月より始まり、現在も不穏な状況が続いているロシアのウクライナ侵攻。先日はロシア政府が予備役の動員令を出したことからロシア国内を脱出する人々が増え、ウクライナで親ロシア派による住民投票が行われるなど、依然不穏な状況が続いている。 さて、ウクライナ侵攻が始まって以来、両国で引き合いに出される創作物...
別窓で開く

兵隊を置いて司令官クラスの士官たちが逃げてしまったロシア軍
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が9月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ゼレンスキー大統領が「東部と南部で6000平方キロメートル以上を解放した」と発表したウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

クリミア半島「取り戻す」ゼレンスキー大統領発言でロシアの反発増大か 専門家が分析
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授・土屋大洋(つちや・もとひろ)が8月25日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナ侵略について、戦争が長引いている背景について分析した。...
別窓で開く

「ロシアは仕方なくウクライナを侵攻した」と言う日本の言論者がいるのはなぜか
ジャーナリストの佐々木俊尚が7月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。2022年4月27日、議会関係者との会合で演説するプーチン大統領=ロシア・サンクトペテルブルク(タス=共同) 写真提供:共同通信社NATO全加盟国がフィンランドとスウェーデ...
別窓で開く

中国製のドローンや北朝鮮のミサイルにある「日本由来」の技術 「見えない情報の流出」をどう防ぐか
前国家安全保障局長の北村滋が6月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢以降の経済安全保障について解説した。2022年1月5日、米ラスベガスの家電・IT展「CES」に出展された中国企業のドローン=写真提供:産経新聞社ドイツでG7サミットが開幕日本を含めた主要7...
別窓で開く

ウクライナ情勢は「今日が勝負」 中村逸郎教授が読む今後の見通し
ロシア政治が専門の筑波学院大学・中村逸郎教授が6月8日(水)、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。今後のウクライナ情勢の見通しについて「今日が勝負」と述べた。...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻は「まだ3回裏が終わったところ。4回表からロシアは本気になる」元内閣官房副長官補・兼原信克氏が分析
元内閣官房副長官補で、同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによる軍事侵略開始から3か月が過ぎたウクライナ情勢について分析した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>