本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアでヒグマとホッキョクグマが交配、気候変動に対抗!?新たなハイブリッド生物「ブロラーベア」とは
近年、世界規模で温暖化や気候変動が起き、異常気象の発生が報告されている。極地では氷がとけ、寒冷地帯にいた生物たちの生息域が脅かされる状況となっている。 そんな中、生息域を減らしつつあるホッキョクグマがロシア極東に進出、さらにヒグマと交配して気候変動に強いハイブリッド種が誕生しつつあることが明らかにな...
別窓で開く

「イチャイチャ」国枝がフェデラーとのイベント写真を公開。「凄いツーショット」と大反響!<SMASH>
車いすテニス界レジェンド、国枝慎吾が自身のインスタグラム(@shingokunieda)でロジャー・フェデラー氏(スイス)とのイベント「UNIQLO LifeWear Day Tokyo 2022 with Roger Federer」の様子を公開して話題になっている。...
別窓で開く

「東京はいつもながら素晴らしかった」国枝慎吾らと共演したフェデラーが来日中の浅草での写真を公開!「特別な場所で過ごせて最高」<SMASH>
テニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラー氏(スイス)が3年ぶりに来日した様子を自身のインスタグラム(@rogerfederer)で公開し、プロフィール画面に固定(ピン留め)している。 フェデラー氏は11月19日に自身がグローバルアンバサダーを務めるユニクロ主催による有明コロシアム(東京)でのイベン...
別窓で開く

アデル、ラスベガス公演 高級ホテルのスイートルームに不満爆発? ライバルホテル滞在で「クーデター」の声
歌姫アデル(34)の待望のラスベガス公演が始まった。今年1月、公演の初日前日に突如中止を発表したアデルだったが、約10か月ぶりのステージではファンに謝罪し圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了した。しかし公演初日の成功の裏で、あるトラブルが起きていたようだ。...
別窓で開く

「私はまだ生きている」殿堂入りテニスコーチが“自身の死亡説”をきっぱりと否定!「元気でとても幸せだ」<SMASH>
現地11月20日、アメリカ・フロリダ州の名門テニスアカデミー「IMGアカデミー」の創設者として知られるニック・ボロテリー氏が、各種メディアで大々的に報じられた自身の訃報に対し、SNSで否定するという異例の事態が発生した。海外スポーツメディア『Sportskeeda』が伝えている。...
別窓で開く

フェデラーが3年ぶりに有明コロシアムに降臨!錦織圭らとともに満員のファンとの交流を楽しむ<SMASH>
3年ぶりに来日したテニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラー氏(スイス)は11月19日、自身がグローバルアンバサダーを務めるユニクロ主催による有明コロシアム(東京)でのイベント「UNIQLO LifeWear Day Tokyo 2022 with Roger Federer」に登場した。...
別窓で開く

ロジャー・フェデラー氏、錦織圭にエール「けがを治して、強くなって帰ってきて」
今年9月に現役を引退した、男子テニスシングルス元世界ランク1位のロジャー・フェデラー氏が19日、東京・有明コロシアムで行われた『UNIQLO LifeWear Day Tokyo 2022 with Roger Federer』に参加した。 イベントには、錦織圭選手、国枝慎吾選手、ゴードン・リード選...
別窓で開く

フェデラー氏が銀座のクリスマスツリー点灯式に登場!「ようやく日本に戻ってくることができて大変うれしく思う」<SMASH>
今年9月に現役を引退したロジャー・フェデラー氏(41)が、11月17日にUNIQLO TOKYO(東京・銀座)で行なわれた「ユニクロ ホリデーギフト クリスマスツリー点灯式」セレモニーに登場。トークセッションや、フェデラー氏がセレクトした「オリジナルギフト」のプレゼント企画の発表もあり、充実としたイ...
別窓で開く

フェデラーが11月19日のWOWOW特別番組に生出演することが決定!<SMASH>
今年9月に惜しまれながらも現役引退したテニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラー。レーバーカップで盟友ラファエル・ナダルとペアを組んだ最後の試合やセレモニーは記憶に新しい。その後はあまり表舞台に出てこなかったフェデラーが、WOWOWの特別番組に生出演することが決定した。...
別窓で開く

米中間選挙後にウクライナ戦争が一転、和平に向かう可能性 インフレ圧力に押され、戦略の舵を切り始めたバイデン政権
 11月8日は米国中間選挙である。現在、その結果が判明しつつあるのだが、筆者を含め多くのロシア関係者はこの選挙結果が現在進行中のウクライナ紛争に大きな影響を与えると考えている。 しかし、実際に選挙結果が明らかになる前に、米国の対ウクライナ政策変調の兆しが明らかになりつつある。...
別窓で開く



<前へ123456789次へ>