本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



このままウクライナ情勢が長引くと「世界の経済体制」はどう変わるのか 今後の日本の役割は
前日本銀行政策委員会審議委員の片岡剛士が1月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢が世界経済に与える今後の影響について解説した。10月の露軍の攻撃で破壊された建物。...
別窓で開く

2023年「世界経済」の展望は暗い 戦争、コロナ、インフレが日本経済にも影響
IMF(国際通貨基金)が昨年10月に発表した経済成長見通しによると、2022年が3.2%、2023年はさらに下がって2.7%である。2021年は6.0%だったので、その低下ぶりが分かる。とくに先進国の経済成長率の低下が顕著で、2021年に5.2%だったのが、2022年が2.4%、2023年が1.1%...
別窓で開く

ロシア軍「卑劣エネルギーテロ」激化でウクライナ国民「数万人が凍死する」絶望
 12月を間近に、ウクライナではいよいよ寒さが本格化している。そんな状況下で、ロシア軍によるエネルギー施設に対する攻撃が日に日に激化。ウクライナの住民はいま、「最悪の冬」を迎えようとしている。「10月中旬から1カ月以上続いたロシアの攻撃で、ウクライナでは発電所の約半分破壊され、電力の供給が大幅にダウ...
別窓で開く

世界が「三極構造」になりつつあることを予兆するトルコの動き
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月18日に行われたウクライナ・ゼレンスキー大統領と国連・グテレス事務総長の会談について解説した。...
別窓で開く

中国・上海市のロックダウン トップの発言を撤回できない「権威国家のリスク」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・上海市のロックダウンについて解説した。政協全国委、新年茶話会を開催(北京=新華社記者/鞠鵬)= 2020(令和2)年12月31日 新華社/共同通信イメージズ中国、上海市のロックダウン 〜オ...
別窓で開く

WHO事務局長に勧められても「ゼロコロナ」政策を変換できない「中国の事情」
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が5月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国のゼロコロナ政策について解説した。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■改革が骨抜きになった東証再編「週刊東洋経済」(2022年4月9日号)2022年4月4日...
別窓で開く

ボン・ジョヴィの「イッツ・マイ・ライフ」で士気を上げながらロシア軍の攻撃に備えるウクライナの人々 「音楽の力を過小評価してはいけない」「なんというパワフルな動画なんだ」
アメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィが2000年にリリースしたヒット曲「イッツ・マイ・ライフ」。日本ではなかやまきんに君のネタで聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。大音量の「イッツ・マイ・ライフ」で士気を上げながらロシア軍の攻撃に備えるウクライナの人々が話題を呼んでいます。...
別窓で開く

男女差が大きいロシア人の平均寿命 男性は68.2歳でプーチン氏は?
2022年2月24日にロシアがウクライナに軍事侵攻。当初2日間で戦闘が終わりウクライナが降伏するという分析もありましたが、ウクライナ軍の頑強な抵抗などがあり、首都キーウ(キエフ)をはじめとする主要都市を陥落させるには至っていません。...
別窓で開く

20時間以上歩き続けてウクライナからポーランドに避難したアメリカ人が話題 「1日も早くこの悪夢が終わって欲しい」「これが現実だとはいまだに信じられない」
20時間以上歩き続けてウクライナからポーランドに避難したアメリカ人が注目を集めています。https://twitter.com/PoliticsJOE_UK/status/1498726546969960450注目を集めたのは、米ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の自称“アマチュア・ジャーナリスト”、...
別窓で開く


<前へ12次へ>