本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「母を返して…私の血液と腎臓を提供します」ウイグル人女性の叫び
中国分析のベテランジャーナリストであるイーサン・ガットマン氏によって指摘された、中国政府によるウイグル人弾圧と関連する、臓器移植ツーリズムに参加する日本人の存在。中国本土の生体臓器ビジネスとの関わりを絶つために、まずは“知る”ことから始めてほしい。それが、これまでの死者(そして生きている者)に意味を...
別窓で開く

ウイグル自治区の収容所で“消える”25,000人の行方
英語圏の主流新聞は、中国政府による臓器収奪の調査結果を報道しているが、日本ではそこまで報道されてはいない。ウイグル人弾圧と関連して、現在も続く中国の生体臓器移植ビジネス。中国分析のベテランジャーナリストであるイーサン・ガットマン氏が指摘するのは、自由主義社会にも“共謀”するグループがいるという事実。...
別窓で開く

中国での臓器移植ツアー売上第1位が日本人であるという事実
ウイグル人弾圧と関連して、現在も続く中国での生体臓器移植ビジネス。新鮮な臓器を生きながらに摘出・殺害し、臓器移植のために提供する中国政府の蛮行は、日本人にとっても他人事ではない。中国分析のベテランジャーナリストであるイーサン・ガットマン氏は、移植ツーリズムに参加する日本人顧客の存在を示唆しています。...
別窓で開く

G7外相会議が共同声明で「香港」「新疆」に言及…中国側は猛反発
G7=主要7カ国の外相が共同声明を発表し、香港や新疆ウイグル自治区に言及したことに対し、中国が強く反発している。中国外交部の趙立堅(ちょう・りっけん)報道官は16日の定例記者会見で、「(G7の共同声明は)中国政府の厳正なる立場と客観的事実を無視したものであり、中国に対する著しい内政干渉だ。...
別窓で開く

ウイグル人権問題の“きっかけ”となった「#Me Too運動」
中国政府のウイグル人に対する人権問題は、アメリカだけでなくイギリスでも大きな問題となり、両国の関係が悪化しているなどの報道もされている。ウイグル人の間で自分の身内に安否不明者がいることをSNSで呼びかけた「#Me Too運動」と、それを報じた『NYタイムズ』を発端とした一連の流れを内藤陽介氏が解説し...
別窓で開く

トランプ「中国ウイルス」VS習近平「政治化するな」…国連総会で「米中激突」
米国と中国は国連総会で、新型コロナウイルス感染症事態において「正面衝突」した。ドナルド・トランプ米国大統領は22日(現地時間)、「中国ウイルス」と公開発言し、中国責任論を際立たせたことに対して、習近平 中国国家主席は「新型コロナを“政治化”するな」と反発した。...
別窓で開く

すでに中国が仕掛けたハイブリット戦が始まっている
第3次世界大戦が進行中かもしれない——そう考えると、新型コロナウイルスをめぐるさまざまな「陰謀論」も、トンデモ論と一蹴するだけでなく、きちんと検証・分析して、その情報が何を目的としているのかを考える必要があると中国ウォッチャーの第一人者・福島香織氏は語る。※本記事は、福島香織:著『新型コロナ、香港、...
別窓で開く


<前へ1次へ>