本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



子供の写真をSNSにのせないで!小児性愛者の異常な執念にゾッ|医師に聞く
子どもの成長を写真とともにSNSに投稿するアカウントは多く、フォロワーからの人気を集めているものもあります。微笑ましい子どもの写真ですが、一方で医師が子どもの写真を安易にアップしないように注意喚起をしたツイートが広がっています。 ツイートには「小児性加害者と話すと『親がSNSにあげる子供の写真を集め...
別窓で開く

サブリミックのワンダーシールド限定品
◆ヘア事業100周年を記念し、サブリミックからワンダーシールド限定品が2022年9月2日に発売資生堂プロフェッショナルのサロン専用トータルヘア&スカルプケアブランド「サブリミック」から、発売以来、高いヘアプロテクト効果となめらかな仕上がりが好評のアウトバスtreatment「ワンダーシールド」の限定...
別窓で開く

世界が「三極構造」になりつつあることを予兆するトルコの動き
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月18日に行われたウクライナ・ゼレンスキー大統領と国連・グテレス事務総長の会談について解説した。...
別窓で開く

地元・岡山で10代から77%の支持 「小野田紀美」参院議員はなぜ若年層から圧倒的に人気があるのか
 夕刊フジ(電子版)は7月12日、「安倍元首相が死去前日に語った『日本愛』 経済・安全保障・改憲、岡山選挙区の小野田氏応援演説で『国を守るのは私たち自身なんです』」の記事を配信した。 *** 7月8日、安倍晋三元首相(享年67)は奈良市内で凶弾に倒れた。その前日、7日の夜は、岡山市内で小野田紀美・参...
別窓で開く

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地...
別窓で開く

世界各地で新型コロナ再拡大、1か月間で新規感染者急増
アジアをはじめ、アメリカや欧州など世界各地で新型コロナの感染が再拡大の兆しを見せている。 7日、Our World in Dataによると、6日(現地時間)に報告された全世界の新型コロナ新規感染者数は120万6126人と集計された。1か月前の6月7日(65万634人)と比べると、85%以上急増した。...
別窓で開く

『バズ・ライトイヤー』名作SF映画オマージュたっぷり!『トイ・ストーリー』ファン感涙のバズ誕生譚
『バズ・ライトイヤー』©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.■「無限の彼方へ、さぁ行くぞ!」「To infinity and beyond!」この映画史に残るキメ台詞を持つ男といえば、アニメ『トイ・ストーリー』シリーズ(1995年〜)に登場するお...
別窓で開く

動物に噛まれた患者の80%が「犬に噛まれた」=韓国
韓国で、動物に噛まれた患者のうち80%が犬に噛まれたケースと集計された。11日、疾病管理庁の‘2021年度国内狂犬病咬傷(こうしょう)患者発生監視現況’資料によると、疾病管理庁の狂犬病発生監視システムで受け付けられた咬傷患者は2019年670件、2020年302件、2021年130件だった。...
別窓で開く

ウイグル自治区の収容所で“消える”25,000人の行方
英語圏の主流新聞は、中国政府による臓器収奪の調査結果を報道しているが、日本ではそこまで報道されてはいない。ウイグル人弾圧と関連して、現在も続く中国の生体臓器移植ビジネス。中国分析のベテランジャーナリストであるイーサン・ガットマン氏が指摘するのは、自由主義社会にも“共謀”するグループがいるという事実。...
別窓で開く

新内眞衣と学ぶSDGs 水の都・熊本で行われた「アジア・太平洋水サミット」とは
4月から新内眞衣がパーソナリティに就任したニッポン放送『SDGs MAGAZINE』。リニューアル第2回の後半では、当サイトの記事から今回のテーマ、目標6「安全な水とトイレを世界中に」に関連する話題をピックアップ。東京大学大学院工学研究科の沖大幹教授が解説した。...
別窓で開く


[ who アジア ] の関連キーワード

ライトイヤ ウイグル 太平洋 アジア 小野田
トルコ