本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



子供の写真をSNSにのせないで!小児性愛者の異常な執念にゾッ|医師に聞く
子どもの成長を写真とともにSNSに投稿するアカウントは多く、フォロワーからの人気を集めているものもあります。微笑ましい子どもの写真ですが、一方で医師が子どもの写真を安易にアップしないように注意喚起をしたツイートが広がっています。 ツイートには「小児性加害者と話すと『親がSNSにあげる子供の写真を集め...
別窓で開く

妻の浮気現場を目撃した男、浮気相手の尻にカーテンポールを突っ込むなど制裁を加える
愛するパートナーの浮気を知ってしまったら、心中穏やかではいられない。海外では、浮気相手に暴行を加えたうえに、とんでもない制裁を加えた人がいる。 アイルランド・ロングフォード県の住宅で、妻の浮気現場を目撃した男が浮気相手の男性を暴行したとして起訴されていた事件で、裁判所が男に有罪判決を言い渡したと、海...
別窓で開く

多額の誤送金問題、海外では「町側が無能」「人生を変えられた男性に同情する」の反応
4月8日に発覚した山口県阿武町での誤送金事件。ことの発端は、阿武町が新型コロナウイルス対策関連の給付金として4630万円を誤って同町に住む男性に振り込んでしまったことだ。最終的に男性は逮捕され、決済代行業者が支払いをして4300万円が町に返金されたとされている。 日本では連日多くのメディアがこの事件...
別窓で開く

WHOも導入を促す自殺未遂者のデータベース化、そのメリットを解説
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。5月9日(月)放送の「FLAG NEWS」のコーナーでは、今年度から構築が始まる“自殺未遂者のデータベース”について取り上げました。...
別窓で開く

謎の人物が始めたホラーテーマの宝探し 現金のお宝に住民は大興奮(カナダ)<動画あり>
今月2日、新しいFacebookグループが正体不明の人物によって立ち上げられた。この人物はカナダのある都市をターゲットにし、町中の人々を巻き込んでホラーテーマの宝探しイベントを開始した。Facebookグループで発表されるヒントを辿っていくとお宝として現金が見つかる仕様になっており、最初は簡単なもの...
別窓で開く

胸部から結合した“奇跡”の双子、生後6週になり「ハグが大好き」(北アイルランド)
北アイルランドで今年3月、胸部から骨盤にかけて結合した双子の女の子が誕生した。「死産も覚悟した」という双子の両親がこのほど『ITV News』のインタビューに応じ、ハグが大好きだという“奇跡の双子”について語った。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! ミステリー編】理知的で公正な修道女フィデルマに魅了される『修道女フィデルマの采配』
 探偵キャラクターの登場するシリーズでは世界最高峰の人気を誇る。 それが最新刊『修道女フィデルマの采配』が刊行されたピーター・トレメインの修道女フィデルマシリーズだ。 本シリーズの魅力の大部分は探偵であるフィデルマの人物造形にある。...
別窓で開く

欧州は「ウィズ・オミクロン」…ノルウェーやオーストリアなどで防疫解除=韓国報道
オミクロン株の拡散で、欧州では新型コロナの感染者が急増している。そうした中でも、防疫レベルを下げて「ウィズ・オミクロン」体制にシフトする国家が増えていることが分かった。「ウィズ・オミクロン」体制にシフトする理由は、幾何級数的な感染者の増加傾向とは裏腹に入院患者数に大きな変化がないため、オミクロンとの...
別窓で開く

独・仏・伊アストラゼネカワクチンの使用中断…18日のEMA結果に注目
最近アストラゼネカのコロナワクチンを接種し、血栓が生じたという事例が相次いで報告され、欧州連合(EU)主要国がワクチンの使用を暫定的に中止している。AFP通信は15日(現地時間)、ドイツ、イタリア、フランス、スペインがアストラゼネカワクチンの使用を一時的に中断することを決定したと報道した。...
別窓で開く

WHO「問題ない」と言っているが…ヨーロッパ13か国「アストラゼネカ社ワクチンを“接種中断”」
アイルランドにつづいてオランダも、アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症ワクチンの使用を一時 中断した。接種後の「血液凝固」の副作用を考慮しての予防措置という、国家保健当局の説明である。これにより アストラゼネカ社ワクチンの一部または全部における接種を保留したヨーロッパの国は、13か国に増えた。...
別窓で開く


<前へ12次へ>