本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『バズ・ライトイヤー』名作SF映画オマージュたっぷり!『トイ・ストーリー』ファン感涙のバズ誕生譚
『バズ・ライトイヤー』©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.■「無限の彼方へ、さぁ行くぞ!」「To infinity and beyond!」この映画史に残るキメ台詞を持つ男といえば、アニメ『トイ・ストーリー』シリーズ(1995年〜)に登場するお...
別窓で開く

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』追加キャスト発表  濱田めぐみ、武田真治らコメント到着
2023年5月に上演されるミュージカル『ファインディング・ネバーランド』の追加キャストが発表された。今作は、『ピーターパン』を生み出した劇作家J・M・バリと彼を囲む人々の物語を描く感動のミュージカル。スランプから抜け出せないバリがある家族に出会い、子供たちとの出逢いを通じて物語を書き上げ、劇場で『ピ...
別窓で開く

まだまだコロナの脅威は収まらない!夏にぴったりの免疫力アップ食材は?
 順調に収束に向かっているかに思われたコロナ禍だが、異変が起きている。「6月28日、島根県では過去最多の305人もの新型コロナの新規感染者が確認された。東京都でも、10日連続で前週を上回る感染者を確認しています。合わせて20の都府県で感染者が増加傾向にあり、国の専門家会議は、“感染者の増加も懸念され...
別窓で開く

浴室の改装中に鏡の裏から“骸骨” 一瞬恐怖も添えられたメモを見て苦笑い(カナダ)<動画あり>
海外では築50年や100年といった中古住宅が売買され、家主が自分たちでリフォームすることも多い。カナダのある家に住む家族も今年3月、築80年以上になる家の浴室をリフォームした。しかし鏡の裏から“骸骨”が現れたことで恐怖を覚えるも、一緒にあったメモを見て苦笑することになったという。『Newsweek』...
別窓で開く

仕事に向き合う姿勢がちょっと違う配達員からのメッセージ 「熱意がスゴイ」「チップを多めにあげないとね」
仕事に向き合う姿勢がちょっと違う配達員からのメッセージのスクリーンショットを投稿したツイートが話題を呼んでいます。...
別窓で開く

食事療法と少量の抗がん剤を使用「がん共存療法」とは 『病院で死ぬということ』著者が自ら実践
 約30年前、著書で現代医療に一石を投じた緩和ケア医の山崎章郎(ふみお)氏(74)は、数年前にステージ4のがんに侵されたことがわかり、治療を続けている。抗がん剤の副作用を経験し、思索の末にたどり着いた「がん治療」の答えとは。ご本人が「がん共存療法」の試みを記した。...
別窓で開く

CRAVITY、2年越しの初来日公演オフィシャルレポ「待っていてくれて、本当にありがとう」
韓国出身の9人組ボーイズグループCRAVITY(クレビティ)が、初来日公演『CRAVITY, THE 1ST FAN-CON 'CENTER OF GRAVITY' IN OSAKA』を開催。6月29日、30日の2日間、大阪・Zepp Osaka Baysideでの4公演は全て完売。その初回公演をレ...
別窓で開く

新たな脅威は、日増しに日本へ近づいてきている。世界でにわかに感染が拡大しているサル痘。世界保健機関(WHO)によると、6月22日時点で、3413の感染例と1人の死亡例が50カ国で確認された。感染例が多い地域はイギリスやドイツなど。ヨーロッパで全体の9割近くを占める。日本では6月30日現在、感染例は確...
別窓で開く

41歳美術教師の女、授業と称し女生徒らに卑猥なポーズをさせる 処罰が下されるも「芸術」と主張
生徒にとって教師は信頼できる存在であるべきだが、とある国では授業の一環として、教師が生徒にありえないことをさせ、教師がそれを正当化するという事件が起きた。 イギリス・ノーサンプトンシャー州で41歳の高校の美術教師の女が、当時15歳の女生徒らに卑猥なポーズをさせ、互いに写真を撮り合わせていた事件の処罰...
別窓で開く

「俺のガールフレンドが…」スターと盗難ギター、45年ぶりに再会
 「俺のガールフレンドがそこにいる!」。カナダのロックバンド「The Guess Who(ゲス・フー)」のメンバーだったランディ・バックマンさん(78)の元に、45年前に盗まれた愛用のギターが戻ってきた。巡り巡って8年前から所有していた日本人ミュージシャンのTAKESHIさんが1日、在日カナダ大使館...
別窓で開く


[ who ] の関連キーワード

cravity ネバーランド ライトイヤ カナダ めぐみ