本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


北朝鮮、禁煙キャンペーン継続中なのに金正恩氏はあちこちで喫煙…かつて李雪主夫人が「聞いてくれない」と漏らしたことも
公共の場所での喫煙を禁止する法を採択した北朝鮮が、今月31日の世界禁煙デーを前に禁煙キャンペーンを続けている。しかし、最高指導者であるキム・ジョンウン(金正恩)総書記は新型コロナウイルス感染拡大の状況でも公式の場で幹部たちとは違い、マスクを外してたばこを吸う姿を見せてきた。...
別窓で開く

miwa、新曲「Bloom」配信決定 人気コミック『サクラ、サク。』とのスペシャルコラボPVが本日公開
miwaの新曲「Bloom」が、6月1日に配信リリースされることが決定した。「Bloom」は、『ストロボ・エッジ』『アオハライド』など映画化された原作を多数持つ漫画家・咲坂伊緒の最新作『サクラ、サク。』とのコラボレーション楽曲。作品の大ファンというmiwaが『サクラ、サク。...
別窓で開く

WHOも導入を促す自殺未遂者のデータベース化、そのメリットを解説
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。5月9日(月)放送の「FLAG NEWS」のコーナーでは、今年度から構築が始まる“自殺未遂者のデータベース”について取り上げました。...
別窓で開く

生まれつき顎がなく「醜い」と言われてきた男性 過去、現在、そして社会に望むこと(米)
生まれつき顎がほとんどなく、幼い頃からいじめや偏見に苦しんできた男性は今から約2年半前、生涯を共にする女性と出会い結婚した。「ありのままの自分を晒し、もっと自分に自信を持とう」と前向きになれたことが人生を変えるきっかけになったそうで、『New York Post』などに自身の思いや望みを語った。...
別窓で開く

WHO事務局長のテドロス氏再選…コロナ対応で「中国寄り」の批判も
 【ジュネーブ=森井雄一】世界保健機関(WHO)は24日の年次総会で、次期事務局長にエチオピア人で現職のテドロス・アダノム氏(57)を指名した。2期目は8月16日から5年間。3選はできない規定で、最後の任期となる。...
別窓で開く

テドロス事務局長再選=貧困層のコロナ対策に尽力—WHO
 【パリ時事】世界保健機関(WHO)は24日、ジュネーブで開催中の年次総会で、テドロス事務局長を再選した。加盟国から推薦された候補者はテドロス氏だけで、再選は確実視されていた。任期は5年。 テドロス氏はエチオピアの保健相と外相を務め、2017年にアフリカ出身者として初のWHO事務局長に就任。...
別窓で開く

「サル痘」海外で感染拡大、日本が心配 新型コロナやっと下火になったのに
新型コロナウイルスがようやく下火になってきたと思ったら、また新たな感染症がクローズアップされている。「サル痘」だ。肌に多数の発疹ができるなど、天然痘に似た症状が特徴だ。2022年5月21日現在、世界12か国で92人の感染が確認されている。日本国内ではまだ感染者は出ていない。■アフリカで散発的に発生N...
別窓で開く

『?めざまし8』三浦瑠麗氏、コロナ対策「間違った政策を取ってきた」主張を聞いてもらえなかったとし賛否
国際政治学者の三浦瑠麗氏が、24日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。政府のコロナ対策を改めて糾弾するとともに、自身の訴えがこれまで聞き入れられなかったことに憤慨している。 この日は、静岡県浜松市の浜松医療センターで感染症管理特別顧問を務める医師・矢野邦夫氏が登場。長いマスク生活の中で、人間...
別窓で開く

マスク生活で免役力低下か? “サル痘”感染 世界で広がる【ひるおび】
天然痘に似た症状の感染症“サル痘”の感染が拡大し、WHO(世界保健機関)が警戒を呼びかけています。5月21日時点で、イギリスやアメリカなど欧米を中心に12か国で92人が確認されていましたが、ロイター通信によるとスイス、オーストリア、イスラエルでも新たに患者が確認され、中東まで広がりをみせています。...
別窓で開く

コロナ以外の感染症が各国で急増 子どもたちの免疫力に何が?(めざまし8)
新型コロナ感染対策のマスク生活には、意外な影響が指摘されている。今日24日(2022年5月)の「めざまし8 わかるまで解説コーナー」では、マスク生活による免疫力低下と日本で注意すべき感染症について詳しく伝えた。■日本でも要注意「新型コロナパンデミックのロックダウンで子どもたちは、よくある感染症にさら...
別窓で開く


[ who ] の関連キーワード

bloom miwa 北朝鮮