本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ流行から3年:シニア世代の外出・社会参加影響を調査
外出頻度・社会参加について流行前水準に戻らずWHILL株式会社(東京都品川区)は、2022年12月6日(火)〜16日(金)、全国65歳以上の男女600名(平均年齢74.3歳)を対象に、「シニア世代における新型コロナウイルス流行前とコロナ禍、withコロナ時代の外出・社会参加影響調査」を実施しました。...
別窓で開く

歩道走れる4輪「スクーター」登場 最高速度6km/h シニアカーとも違う選択肢
電動車いすでもシニアカーでもないんです。カーディーラーなどと提案 電動車いすなどのモビリティを手掛けるWHILLが2022年9月13日より、“歩道を走れるスクーター”をうたった新モデル「WHILL Model S」を発表、先行受注を開始しました。...
別窓で開く

車いすのイメージ刷新! 誰でも乗れる、驚きの進化を遂げる最新車いす
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「フラトピ!」のコーナーでは、“進化する車いす”をキャスターの田中陽南が取材しました。◆既存のイメージを払拭する最新の電動車いすとは?今回、田中が向かったのは「WHILL株式会社」。...
別窓で開く

もはや操作レスも!? 電動車いすの進化が止まらない ポスト自家用車として注目も「踏切は避けて」
運転免許を返納し、自家用車を手放す高齢者が増えるなか、その受け皿になっている移動手段のひとつが「電動車いす」です。他の電動モビリティと同様、この分野も驚くべき進化を遂げていますが、その一方で課題も顕在化しています。電動車いすが免許返納後の受け皿に 高齢者の運転免許返納の動きは全国各地で進んでいます。...
別窓で開く

羽田空港で増殖中「自動運転モビリティ」 イカツイ名前の割に操作が激シンプルだった件
ちなみに無料で乗れます。7月にはT2国内線エリアで全域利用可に 羽田空港の第1、第2ターミナルでは2021年6月14日(月)から、WHILL(東京都品川区)の手掛ける「自動運転パーソナルモビリティ」の導入を始めています。その様子が21日(月)、ANA(全日空)などが乗り入れる羽田空港第2ターミナルで...
別窓で開く

未来キタ! 羽田空港T1・T2で無料「パーソナルモビリティ自動運行サービス」全面展開
使用後も「自動返却」です!無料で利用可能! 自動運転の一人乗り電動モビリティにて空港内を移動するという、近未来の姿が現実になります。  JAL(日本航空)、ANA(全日空)ほか国内航空4社と日本空港ビルデングは2021年6月10日(木)、羽田空港国内線第1・第2ターミナル出発ゲートラウンジの全域で、...
別窓で開く

空港では世界初! 羽田空港の長〜い徒歩移動に強い味方「全自動車いす」JALが導入
JALの国内線が多数乗り入れる羽田空港の第1ターミナルで、空港内施設としては世界初という自動運転車いすを使ったサービスが始まります。羽田が選ばれたのは、そのターミナルの造りからとJALの担当者は話します。...
別窓で開く


<前へ1次へ>