本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「アバター」最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』邦題決定 5.4より特報上映
2009年に公開され世界中で大ヒットした『アバター』の続編となる最新作『Avatar: The Way Of Water(原題)』の邦題が、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』に決定した。さらに、9月23日より全世界的に前作『アバター』を改めて劇場公開することも発表された。...
別窓で開く

アバターの新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』2022年公開 ジェームズ・キャメロン監督が13年かけて創造する最高の映像体験に
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)、そしてジェームズ・キャメロン監督自身の『タイタニック』も上回る全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(2009)。今回、『アバター』の新作タイトル「Avatar:The Way Of Water」(12 月...
別窓で開く

新型コロナで"楽器需要"が増大 米ギター大手フェンダーが「過去最大の売上見込み」
新型コロナウイルスの影響を受け、消費者の生活が一変した。世界中で“ステイホーム”が広がる中、楽器を手に取る人が増えているという。ニューヨーク・タイムズ紙が9月、ギターメーカー大手のフェンダーの「売上が過去最大になる見込み」と報じた。...
別窓で開く

デュラントの会社が制作していた番組が、低視聴率を理由に打ち切り。しかし意欲は衰えず
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントのメディア会社「Thirty Five Ventures」が制作していた番組『The Boardroom』の打ち切りが決まった。配信していたESPNが『New York Post』の取材に対して明かしている。...
別窓で開く


<前へ1次へ>