本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本人のクオリティが活用されていない」鎌田大地ら補強に不満吐露のラツィオ指揮官を伊大手紙が痛烈批判!「代わりに加わった選手たちも、ろくでなしではない」
 ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督にとって、鎌田大地の獲得が第1希望でなかったのは周知のとおりだ。ただ、シーズンも終盤に向かうなかで、指揮官が思いどおりの補強でなかったと改めて口にしたことには批判も寄せられた。 チャンピオンズリーグでバイエルン相手に金星を挙げ、称賛を集めたラツィオだったが、安定感...
別窓で開く

「メンディエタを思い出させる失敗」出番激減の鎌田大地にラツィオ専門メディアが苦言「水から飛び出した魚のようだ」
 シーズンが残り3か月となっても、鎌田大地の状況は好転していない。少なくともここまでは、ラツィオへの移籍は成功だったと言えないだろう。 今季の鎌田は公式戦25試合に出場し、1得点・1アシストという成績だ。先発出場は12試合にとどまっている。アジアカップの日本代表メンバーから外れたにもかかわらず、年明...
別窓で開く

オーウェン、シアラー、ベルカンプ…多種多様な舞台で活躍するプレミアリーガーの娘たち
マンチェスター・シティに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドや、ボーンマスに所属するオランダ人FWジャスティン・クライファートなど、父親がサッカー選手だった頃に在籍したリーグで自らもプレーする「息子」たちは何人かいるが、プレミアリーガーの「娘」たちも、サッカー界とは異なれど、様々な舞台で...
別窓で開く

アーセナル冨安健洋の復帰時期を英メディアが予想。来月9日のブレントフォード戦か「パーテイやジンチェンコよりは遅れている」
 アーセナルの地元メディア『Evening Standard』が、日本代表DF冨安健洋の復帰時期に言及している。 日本代表として戦ったアジアカップを終えて、今月初めにチームに帰ってきた冨安。しかし帰還後は、ここまで欠場が続いている。そんななか、同メディアがアーセナルにおける負傷離脱中の選手たちの復帰...
別窓で開く

世界随一の「リベロGK」はこうして誕生した!「サイドバックとしてはスピードとスタミナが不足していたが…」マンCの守護神エデルソンのルーツを探る
 フィールドプレーヤー顔負けのボールスキルにフィード技術、ミスを恐れないハートの強さを武器に、ペップ・グアルディラオ率いるマンチェスター・シティのフットボールを最後尾で支えるエデルソン。ブラジルで育まれた“リベロGK”のルーツを探る。...
別窓で開く

「えっ!? 俺でいいの?」AZ菅原由勢に託された大役。責任を伴った発言とプレーに専心「頑張って走って、ピッチでやることをやる」【現地発】
 2月25日、エールディビジ第23節でAZは2−0でアヤックスに勝利して4位の座をキープした。5位アヤックスは3位トゥベンテとの勝点が11差まで広がり、来季のCLプレーオフ出場権争いから脱落した。 日本代表の菅原由勢(AZ)は右SBとしてフル出場した。...
別窓で開く

「31歳? 違う、彼はマシーンだ」リーグ杯制覇に大貢献の鉄人、遠藤航をクロップ監督が褒めちぎる!「我々はラッキー。本当に助かる」
 遠藤航を擁するリバプールは現地時間2月25日、カラバオカップ(リーグカップ)の決勝でチェルシーと聖地ウェンブリーで対戦。0−0で延長戦に突入してもゴールを奪えず、ついにはPK戦かと思われた118分に、フィルジル・ファン・ダイクがヘッドで決勝点を叩き込み、1−0で2年ぶり10度目の優勝を果たした。...
別窓で開く

「彼は今やチャンピオンだ」遠藤航を激賞、現地ファンの投稿が大バズリ!「エンドウ>カイセド」「戦士。リーダー。大胆」など共感の声続々
 日本代表キャプテンのハイパフォーマンスが現地でも称賛を浴びている。 遠藤航が所属するリバプールは現地2月25日、カラバオカップ(リーグカップ)の決勝でチェルシーと対戦し、1−0で勝利。延長後半の118分、フィルジル・ファン・ダイクのヘッド弾で勝負を決めた。 2シーズンぶり10回目の栄冠を果たした一...
別窓で開く

「本当に信じられない!」トッテナムOBが“若手多数”のリバプールに敗れたチェルシーを痛烈批判!「これ以上ないチャンスだった」
 現地2月25日に開催されたカラバオカップの決勝で、チェルシーは遠藤航が所属するリバプールと聖地ウェンブリーで対戦。延長戦の末に0−1で敗れた。 試合後、英衛星放送『Sky Sports』で元トッテナムのジェイミー・オハラ氏が、準優勝に終わったチェルシーを痛烈に批判した。...
別窓で開く

120分フル出場でリーグ杯制覇の立役者に!タフネス遠藤航に賛辞の嵐「周りが交代するなか不屈のプレー」「適切でエクセレント」
 現地時間2月25日に開催されたリーグカップ決勝で、遠藤航を擁するリバプールがチェルシーと聖地ウェンブリーで対戦。0−0で延長戦に突入して迎えた118分に、フィルジル・ファン・ダイクがヘッドで決勝点を叩き込み、南野拓実(現モナコ)が大活躍した2シーズン前以来の優勝を果たした。 次々に選手が交代するな...
別窓で開く