本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



FIFA対プレミアの軋轢に発展も。ブラジル対アルゼンチン戦で何があったのか
 カオス——現在の状況を語るのにこれほどふさわしい言葉はないだろう。中止になったW杯南米予選ブラジル対アルゼンチンを巡っての出来事の数々だ。 9月5日、日曜日の午後。ブラジルは大型連休中でもあり、誰もがこの試合を楽しみにしていた。なにしろ行なわれるのはブラジル対アルゼンチン、ネイマール対リオネル・メ...
別窓で開く

「カッコイイ」「最高のプロ集団だ」メッシが公開したアルゼンチン代表メンバーとの集合フォトが大反響!
 現地時間9月8日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが自身のインスタグラムを更新。現在、カタール・ワールドカップに向けた南米予選を戦っている代表チームのメンバーと撮影した集合写真を公開し、大きな反響を集めている。 アルゼンチン代表は5日にブラジル代表とのアウェーマッチに臨んだものの、試合開始わず...
別窓で開く

メッシも怒ったW杯南米予選の強制中断はなぜ起こった!? アルゼンチン側の批判にブラジル当局は正当性を主張
現地時間9月5日にブラジル・サンパウロのアレーナ・デ・サンパウロで開催されたカタール・ワールドカップ南米予選のブラジル対アルゼンチンの大一番で、試合開始から間もなく、ブラジルの保健当局の関係者がピッチ上に現われたことで中断、その後、延期が発表されるというハプニングが起こった。...
別窓で開く

「なんて茶番だ」南米最大の大一番は、なぜ開始直後に中止という前代未聞の事態になったのか?
 世界が注目する大一番で、前代未聞の事態はなぜ起きたのか。 現地時間9月5日、ブラジルのサンパウロで開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の第6節、ブラジル対アルゼンチンの大一番は、キックオフ直後に試合が中断し、そのまま延期となった。 開始6分頃に、ブラジルの国家衛生監督庁(ANVISA)の関係...
別窓で開く

スケボー英代表スカイ・ブラウン、宮崎生まれの13歳 大怪我を乗り越えて銅メダル獲得<動画あり>
4日に有明アーバンスポーツパークで行われた東京オリンピック・スケートボード女子パーク決勝で、英国代表のスカイ・ブラウン選手(13)が銅メダルを獲得した。日本人と英国人の両親を持ち宮崎県で生まれ育ったスカイ選手は昨年、練習中に大怪我をして両親からスケートボードをやめるよう説得されたという。...
別窓で開く

3週間前に炭鉱事故で亡くなった飼い主を毎日探しに行く犬(メキシコ)<動画あり>
メキシコ北部の炭鉱で今月4日に落盤、浸水事故が発生し、作業員7名が死亡した。現場では事故発生から6日後に7人目の遺体が発見されたが、事故以来毎日やって来る1頭の犬が人々の涙を誘っているという。『Noticieros Televisa』などが伝えている。...
別窓で開く

ロシア、2番目のコロナワクチン「予防効果100%」を主張
世界各国が新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種を加速させている中、ロシアは自国が開発したワクチンの予防効果が「100%」だと主張した。ロシア“タス通信”によると、ロシアの保健・衛生・検疫当局である“ロシア連邦消費者 権利保護および福祉監督庁”は、シベリアのベクター研究所が開発した“エピワクコロナ(...
別窓で開く

ブラジル、ロシア産コロナワクチン承認しない「証拠不十分」=韓国報道
ブラジルがロシア産新型コロナウイルス感染症ワクチン「スプートニクV」の緊急承認申請書類を戻したことが明らかになった。ロイター通信によると、ブラジルの保健省国家衛生監視局(Anvisa)は17日、「スプートニクV」の承認のために地元の製薬会社が提出した書類を、返送したと発表した。...
別窓で開く

新型コロナワクチン、臨床第3相試験が世界で初めて承認=ブラジル
ブラジルが、オックスフォード大学で開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験を承認した。新型コロナウイルスのワクチン候補物質が、臨床第3相試験の承認を受けたのは今回が初めてだ。ブラジルでは、同ウイルスによる被害が幾何級数的に増えており、治療薬やワクチンが急がれている状況だ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>