本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日体大コンビ、堂々=最終日にアマV挑戦—パナソニック男子ゴルフ
 日体大コンビが堂々の1打差4位につけた。まずは世界アマチュアランキング1位の中島。1番(パー5)の3打目、グリーン手前15メートルからのアプローチをカップインさせた。乗せてからの傾斜までを読み切り、「イメージした通り」。イーグル発進で勢いに乗り、スコアを伸ばしていった。 河本も負けていない。女子プ...
別窓で開く

横浜市バスなのに現金不可/首都高経由/リムジン車両!「特急109系統」10月誕生
これは市バスなのか…?市バスの首都高経由、装いも新たに復活 横浜市交通局が2021年10月1日から、市営バス109系統に「特急」を新設します。市営バスながら観光バスタイプ(リムジン型車両と呼称)で運行されます。 109系統は横浜駅と大黒埠頭を結ぶ路線で、現在は普通系統と急行系統を運行。主に埠頭関係者...
別窓で開く

Visa=クレジットカードはもう古い? 「タッチ決済」の未来とは
ビザ・ワールドワイド・ジャパン(以下Visa)は、2021年9月9日に国内外で拡がる「Visaのタッチ決済」について、マスコミ向けにオンライン説明会を実施。日本のキャッシュレス決済の現状、そして今後の展望について発表しました。ビザ・ワールドワイド・ジャパン提供生活様式が一変してから1年以上が経過した...
別窓で開く

FIFA対プレミアの軋轢に発展も。ブラジル対アルゼンチン戦で何があったのか
 カオス——現在の状況を語るのにこれほどふさわしい言葉はないだろう。中止になったW杯南米予選ブラジル対アルゼンチンを巡っての出来事の数々だ。 9月5日、日曜日の午後。ブラジルは大型連休中でもあり、誰もがこの試合を楽しみにしていた。なにしろ行なわれるのはブラジル対アルゼンチン、ネイマール対リオネル・メ...
別窓で開く

「カッコイイ」「最高のプロ集団だ」メッシが公開したアルゼンチン代表メンバーとの集合フォトが大反響!
 現地時間9月8日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが自身のインスタグラムを更新。現在、カタール・ワールドカップに向けた南米予選を戦っている代表チームのメンバーと撮影した集合写真を公開し、大きな反響を集めている。 アルゼンチン代表は5日にブラジル代表とのアウェーマッチに臨んだものの、試合開始わず...
別窓で開く

静かなブーム「ステーブルコイン」って何だ? 法定通貨に連動で注目
【お金の学校】仮想通貨(13) 9月1日に発足したデジタル庁は、デジタル社会の実現に向けてブロックチェーン技術の研究も進めていく予定。一方で金融庁は仮想通貨(暗号資産)やデジタル通貨などの利用者を保護するため、有識者研究会を7月に新設している。仮想通貨に関する政府の動きもウオッチしておく必要がありそ...
別窓で開く

メッシも怒ったW杯南米予選の強制中断はなぜ起こった!? アルゼンチン側の批判にブラジル当局は正当性を主張
現地時間9月5日にブラジル・サンパウロのアレーナ・デ・サンパウロで開催されたカタール・ワールドカップ南米予選のブラジル対アルゼンチンの大一番で、試合開始から間もなく、ブラジルの保健当局の関係者がピッチ上に現われたことで中断、その後、延期が発表されるというハプニングが起こった。...
別窓で開く

「なんて茶番だ」南米最大の大一番は、なぜ開始直後に中止という前代未聞の事態になったのか?
 世界が注目する大一番で、前代未聞の事態はなぜ起きたのか。 現地時間9月5日、ブラジルのサンパウロで開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の第6節、ブラジル対アルゼンチンの大一番は、キックオフ直後に試合が中断し、そのまま延期となった。 開始6分頃に、ブラジルの国家衛生監督庁(ANVISA)の関係...
別窓で開く

保険会社の再定義に挑む「東京海上グループのDXの今」 グローバルな保険グループが取り組む「内側、外側のDX」
※本コンテンツは、2021年7月1日に開催されたJBpress主催「第1回 金融DXフォーラム」の特別講演Ⅱ「東京海上グループのデジタル戦略 〜次世代に向けた新たな価値提供の実現〜」の内容を採録したものです。...
別窓で開く

トヨタや日産も導入 経営の要として注目される「CSO」ってなんだ?
 CEO(最高経営責任者)やCFO(最高財務責任者)などは知られているが、最近はCSOが注目されている。といってもチーフ・ストラテジー・オフィサー(最高戦略責任者)ではなく、チーフ・サステナビリティー・オフィサー。サステナビリティー(持続可能性)担当の会社役員だ。...
別窓で開く