本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「コロナで自宅療養」でも保険が出る?今すぐ加入中の医療保険を確認すべき理由
コロナ禍となり2年が経過しました。周りでも「陽性者」や「濃厚接触者」になった方がいらっしゃると思います。中には自分自身が陽性となり、自宅療養を経験した方もいるのではないでしょうか。入院とまではいかなくとも、自宅療養で仕事を休んでいた方にとっては、経済的な不安を感じることもあったかと思います。...
別窓で開く

オミクロン株収まったら、米国株「いいとこどり」も終焉? エコノミストが警戒...ポストコロナの行方
「Gone With the Wind」(「風とともに去りぬ」)は米国映画史上の大傑作だが、米国株式市場の大繁栄も「Gone With the Coronavirus(コロナウイルス)」となるかもしれない。オミクロン株の感染急拡大がピークアウトしつつある米国で、皮肉なことに株価下落の危機がヒシヒシと...
別窓で開く

【ワクチン異聞】帯状疱疹ワクチン接種者では新型コロナの感染や入院が有意に少ない
今、成人〜高齢者に必要なワクチンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、帯状疱疹ワクチンの4つであり、前者ほど社会防衛、後者ほど個人防衛の意義が大きい、と考えます。しかるに、帯状疱疹ワクチン接種者ではCOVID-19の感染や入院が非接種者に...
別窓で開く

新年早々、「おとそ気分」を吹き飛ばすようなニュースが飛び込んできました! 世界中で新型コロナウイルスの感染が爆発的に広がるなか、インフルエンザとの「ダブル感染」が相次いで報告されているのです。先日、中東のイスラエルで最初の症例が報告されたばかりですが、ブラジルやハンガリー、そしてとうとう米国でも感染...
別窓で開く

オミクロン株より怖い! 英ジョンソン首相を窮地に追い込む「ラストクリスマス」の亡霊(井津川倫子)
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の勢いが止まりません。南アフリカで初めて検出されたと報じられてから、わずか2週間足らずで世界各国に拡大。慌てた世界保健機構(WHO)が「前代未聞のスピードで広がっている!」と警告を発しましたが、時すでに遅しで、英国ではオミクロン株による初めての死者が確...
別窓で開く

世界中をパニックに陥れた「オミクロン株」! 「時間稼ぎ」の水際対策に「ウイルスはまだ疲れていない!」(井津川倫子)
先日、南アフリカが新型コロナウイルスの新しい変異株「オミクロン」を検出したと発表し、世界中に衝撃が走っています。各国が相次いで南アフリカや周辺国からの渡航を停止する「水際対策」に動きましたが、専門家は「時間稼ぎにすぎない」と厳しい指摘。日本を含む23の国で感染が確認されるなど(2021年12月2日時...
別窓で開く

紅白で松平健さんのマツケンサンバ! ヒャダインさん「叫び続ければ何かが変わることもあるということを実感。この世は捨てたもんじゃない」
11月19日、大晦日恒例のNHK紅白歌合戦出場者が発表となった。また、特別企画枠で松平健さんの出場も発表となる。「SNSでの『マツケンサンバ待望論』が大きく影響した」と報じられている。...
別窓で開く

ドイツのコロナ感染が「ロケット級」の激増! ワクチン未接種者へのロックダウンは効果あるのか?(井津川倫子)
欧州で再び新型コロナウイルスの感染者数が急増しています。なかでも、ルールを守る「真面目な国民性」で知られるドイツとオーストリアでの感染拡大は、「いったい、何が起きているのか?」と世界中を震撼とさせています。両国では、ワクチン未接種者を対象とした「ロックダウン」など、厳しい規制も始まりました。...
別窓で開く

ワクチン後は手指消毒がいらない?—アフターワクチンの新型コロナ感染対策
コロナの流行によって、アルコール手指消毒薬が薬局やスーパーマーケットの店頭から消えたことがあります。「コロナがドアノブや手すりなどの高頻度接触面に付着していて、そこに触れた手指を介して、眼や鼻の粘膜に付着することによって感染する」という伝播経路を人々が理解したための現象と言えます。手指の清潔の重要性...
別窓で開く

ホンモノかと思った... 千疋屋総本店で「牛革製メロン皮」が配られているらしい
ケーキを買ったら「すごいぶっ飛んでる」粗品をもらった——。そんな投稿がツイッターで話題となっている。いったいどんなものをもらったのか。実際の画像がこちらだ。これは2021年10月13日にツイッターユーザーのC(@C_tokyovirus)さんが投稿した画像。...
別窓で開く