本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メイド・イン・ジャパンの高品質パソコンを再び世界に——山野正樹(VAIO代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 ソニーが手掛けたパソコンとして業界に新風を吹き込んだ「VAIO」。だが8年前に不採算事業として切り離され、その後は独自で再建の道を探ってきた。そしていま、VAIOは完全に再生し、黒字企業に変貌した。そこではどのような経営が行われたのか。復活の歩みと今後の展望を聞いた。  ***佐藤 今年は日本でV...
別窓で開く

「東芝」経営再建、JIP中核とする国内連合と「優先交渉」...最大の焦点は、資金調達できるかどうか?
混迷を続けてきた東芝の再建の道筋が定まるのだろうか。東芝が公募で検討している経営再建策について、国内ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)を中核とする企業連合に、優先交渉権を与えたことが明らかになった。JIPは複数の日本企業に東芝再建に向けた出資を要請しており、中部電力とオリックスが応じる方向と伝...
別窓で開く

世界で人気だった日本の電子製品はなぜ消えてしまったのか—中国メディア
中国メディアの観察者網に17日、「世界で人気だった日本の電子製品はなぜ消えてしまったのか」と題する文章が掲載された。文章はまず、「日本には二つの基幹産業があり、一つは自動車、もう一つは電子産業だ」と述べ、日本の自動車産業は発展を続けているが電子製品は2010年以降、ほとんど鳴りを潜めたと指摘。...
別窓で開く

ソニーグループの株を1年前に買った人、本当はいくら儲けたのか【株主優待・配当金・株価】
− 株式投資の企業別年間リターン解説シリーズ −株式投資をする上で、配当金の動向や株主優待の内容を起点に買う株を選ぶ人もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、実際に配当金が振り込まれたり、優待ギフトが送られてきたりすると、株式投資のリターンを実感しやすいものです。しかし、株式投資では「株価の値上...
別窓で開く

ソニーの株主、この1年の「本当の儲け」はいくらだったのか(優待・配当・株価)
株式投資をする上で、配当金や株主優待を目当てに買う株を考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、実際にお金が振り込まれたり、優待ギフトが送られてきたりすると、リターンを実感しやすいです。しかし、株式投資には「株価の値上がり・値下がり」もリターンに大きく影響を与え、なかには驚くようなパフォー...
別窓で開く

15.6型の大画面に最新CPU搭載の「VAIO S15」はBDドライブ付きも選べるぞ!
VAIOから、仕事にゲームにバリバリ使える、ハイパフォーマンスかつ大型ディスプレイを搭載した15.6型ワイドオールインワンノートPC「VAIO S15」の新モデル(予想実勢価格:15万9800円〜)が登場。5月中旬以降受注開始、5月下旬以降発売となります。...
別窓で開く

ソニーの株式を1年前に買った人の優待・配当・株価変動含む「本当のリターン」はいくらか【2022年3月】
株式投資をする上で、配当金や株主優待を目当てに買う株を考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、実際にお金が振り込まれたり、優待ギフトが送られてきたりすると、リターンを実感しやすいです。しかし、株式投資には「株価の値上がり・値下がり」もリターンに大きく影響を与えます。...
別窓で開く

ソニー、EV市場参入検討の衝撃
「報道部畑中デスクの独り言」(第282回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、ソニーのEV市場への参入検討について—4日、米ラスベガスの家電・IT見本市「CES」で披露されたソニーの電気自動車(EV)=2022年1月4日 写真提供:産経新聞社昨年(2021年)暮れから、...
別窓で開く

本当に出る?それとも出ない?ソニー製EVの気になる現在地☆岡崎五朗の眼
2022年1月5〜7日に開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)において、ソニーが新しいEV(電気自動車)のコンセプトカーを発表しました。しかも、ソニーグループはEVビジネスの事業化を検討すべく新会社ソニーモビリティを2022年春に立ち上げるとアナウンスしたことから、国内外で俄然...
別窓で開く

Web会議時はマイク装着!音質だって妥協なしな完全ワイヤレス
急速に普及したテレワークによりWeb会議は一般的なものになりました。しかし、まだまだ新しい習慣なので、利用時に微妙な不満が残ることも。特に多くある不満が“周囲の音がうるさくて、場所を移動しなければならい場合がある”ということ。通常のイヤホンやPCのマイクが周囲の騒音まで拾ってしまって相手がよく聞こえ...
別窓で開く


<前へ12次へ>