本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



定期的にPCがロックされ、腕立て伏せをしないと解除されないラズパイ利用のツール【やじうまWatch】
 1時間ごとにPCがロックされて利用できなくなり、解除するためには腕立て伏せが必要になるというユニークなツールが、Raspberry Piブログで紹介されている。...
別窓で開く

公園に撒いた愛犬の遺灰が犬の形に「最後のお別れをしに現れた」と飼い主(米)<動画あり>
愛犬が急死し寂しさで心にぽっかりと穴が空いてしまった女性が数か月後、大好きだった公園を訪れて散骨した。すると不思議なことに、宙に舞った遺灰が愛犬の姿に形を変えたという。当時の動画とともに『Good News Network』などが伝えている。...
別窓で開く

ケイト・モス、ジョニー・デップの裁判で証言「殴られたり蹴られたりしたことは一度もない」
ジョニー・デップ(58)が元妻アンバー・ハード(36)を名誉棄損で訴えている裁判で、ジョニーの元恋人ケイト・モス(48)がビデオ通話で証言を行った。ケイトはジョニーと交際中だった頃を振り返り、「彼から蹴られたり、殴られたり、階段から突き落とされたたことは一度もなかった」と述べた。...
別窓で開く

不振でも忘れない! 177キロの弾丸二塁打を呼び込んだ鈴木誠也の“掃除シーン”が話題に「これは善い行ないだ」
苦心のなかでも、野球に対する態度は変わっていない。シカゴ・カブスの鈴木誠也だ。 今季に鳴り物入りでカブスの一員となった鈴木。開幕から11試合では打率.414、4本塁打と打ちまくっていたが、相手の研究が徐々に進み始めると、その後の13試合では打率.157、0本と急失速。直近の7試合でも打率.179、出...
別窓で開く

乙一さん、中田永一さんらの新アンソロジーが発売。この本、何かが変だ。
 5月20日に発売されたアンソロジー『沈みかけの船より、愛をこめて』(朝日新聞出版)は、他のアンソロジーにはない一風変わった秘密をもっている。 作品を寄せたのは、『ZOO』『GOTH』などの乙一さん、『百瀬、こっちを向いて。』『くちびるに歌を』などの中田永一さん、『エムブリヲ奇譚』『私の頭が正常であ...
別窓で開く

発砲で穴が開いた給水塔、有名歌手のシルエットの急所から漏水で大注目(米)<動画あり>
米アーカンソー州キングスランドは、シンガーソングライターでありカントリー界のレジェンドとしても名を馳せたジョニー・キャッシュの生誕地として知られている。普段は静かなこの町が今月中旬、給水塔への発砲で全米の注目を浴びた。『TMZ』などが伝えている。...
別窓で開く

ウクライナが“今回の戦い”でロシアに勝たなければならない「もう1つの理由」 キーウ出身の国際政治学者が語る
ウクライナ・キーウ出身の国際政治学者グレンコ・アンドリー氏が5月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のウクライナ情勢について語った。...
別窓で開く

新人への“洗礼”に苦しむ鈴木誠也。またも起きた不可解判定にカブスOBは苦言「不利なジャッジがされている。証拠はある」
27歳のサムライルーキーは、“メジャーの洗礼”に泣かされている。シカゴ・カブスの鈴木誠也だ。 カブス打線の中軸を任されているなかで、もどかしい状況が続いている。「3番・ライト」で先発した現地5月22日に本拠地で行なわれたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦での一幕もそうだった。【...
別窓で開く

誘拐寸前の2歳女児、飼い犬が犯人に噛みついて守り抜く 母親「この恩は一生忘れない」(英)
英ハンプシャー州リングウッドの通りで11日、男2人組が白昼堂々と2歳女児を母親の目の前で奪い去る誘拐未遂事件が発生した。その場にいた飼い犬がすぐに犯人を追って男の脚に強く噛みついたところ、犯人は女児を置いて逃走したという。『The Sun』などが伝えている。...
別窓で開く

VPN装置やファイアウォールを無料でクラウド化! より使いやすく進化した「Cloudflare Zero Trust」【イニシャルB】
 CDN事業者として知られるCloudflareが提供するサービス「Cloudflare Zero Trust」が使いやすく進化した。  「ゼロトラストプラットフォーム」というと、ちょっと近寄りがたく感じるかもしれ...
別窓で開く