本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全豪主催者が会場へのロシア国旗持ち込みを禁止。観戦中のファンが掲げたことで騒動に<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」を主催するオーストラリア・テニス連盟が、現地1月17日に公式声明を発表。同大会におけるロシア・ベラルーシの国旗の持ち込みを禁止すると通告した。 事の発端は現地16日に行なわれたカミラ・ラヒモワ(ロシア/世界ランク110位)とカテリナ・バインドル(ウクライナ/...
別窓で開く

「もう黙ってろ!」ウクライナ軍で戦う名手スタコフスキが、ロシアの大会に出た元選手と激論!「モラルより金か」<SMASH>
今年2月末に始まったロシアのウクライナ侵攻は、いまだスポーツ界に大きな影響を与えており、無論テニス界も例外ではない。そのなかで今年1月にプロテニス選手を引退した男子元世界31位のセルゲイ・スタコフスキ氏(36歳)は、現在母国ウクライナを守るために国の予備軍の一員として戦場に赴いている。...
別窓で開く

ナダルに続きモンフィス、メドベージェフもパパに!テニス界の“おめでたラッシュ”<SMASH>
テニス界の“おめでたラッシュ”に大きな反響が上がっている。 まず先陣を切ったのが元世界ランク6位のガエル・モンフィス(フランス/現38位)と、その妻で今年5月に妊娠を発表した女子元世界3位のエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/現164位)だ。...
別窓で開く

女王シフィオンテクがウクライナ支援のチャリティーマッチを開催。戦場にいる元31位スタコフスキも参加<SMASH>
女子テニス世界ランク1位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)が自身の公式インスタグラム(@iga.swiatek)で、ウクライナ支援を目的としたチャリティーマッチを母国ポーランドで開催すると発表した。 今年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻は依然として収束の兆しが見えず、スポーツ界にも大きな影響を...
別窓で開く

「寄付するのは良いこと」世界10位のフルカチュと元王者マリーがウインブルドンでウクライナ支援のための寄付を発表<SMASH>
男子テニス世界ランク10位のフベルト・フルカチュ(ポーランド)が本日開幕するテニス四大大会「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/グラスコート/グランドスラム)でウクライナへの支援を目的として、サービスエース1本ごとに100ユーロ(約1万4000円)を寄付すると発表した。...
別窓で開く

「私たちは本当に悪いの?」男女の賞金格差に19歳の女子テニスプレーヤーが抗議のメッセージ!<SMASH>
女子プロスポーツには様々な競技が存在するが、収入の面で高い水準を維持しているのがテニス競技だ。米経済紙『Forbes』が今年1月に発表したアスリート長者番付によれば、1位の大坂なおみは5,730万ドル(約74億円)と大金を稼ぎ出している。しかもトップ10には大坂以外にも4名のテニス選手が名を連ねる。...
別窓で開く

ロシア・ベラルーシ選手除外を巡る波紋。ウクライナのコスチュクは「沈黙は殺人の継続につながる」と制裁強化を要求<SMASH>
ロシアと同国を支援するベラルーシのウクライナ侵攻はスポーツ界にも大きな影響を与えており、すでに様々な競技で国際大会からの「ロシア・ベラルーシ外し」が加速している。ところがテニス界ではまもなく開催される「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)でロシア・ベラル...
別窓で開く

ウクライナのスビトリーナがロシア選手との対戦を拒否し中立な立場を要請。同時に反戦を表明した選手に「敬意を表したい」<SMASH>
ロシアによる侵攻で多くの人命が奪われている状況を受け、ウクライナテニス連盟はロシアと今回の軍事攻撃に関与しているとされるベラルーシをITF(国際テニス連盟)から排除するように求める書簡を正式に提出した。 2月22日にはプーチン大統領が「特別作戦」を発表し、28日には核戦力部隊が戦闘態勢に入るなど、事...
別窓で開く

ナダルが粋なファンサービス!97歳のITF公認の世界最高齢プレーヤーとコートでラリー<SMASH>
左足のケガで8月半ばに2021年シーズン終了を発表した男子テニス世界ランク5位のラファエル・ナダル(スペイン)。そんな彼は自身が運営する「ラファエル・ナダル・アカデミー」で特別な時間を過ごしたようだ。 ナダルは今週、ITF(国際テニス連盟)公認の世界最高齢のテニスプレーヤーとしてギネスブックに登録さ...
別窓で開く

「プレーに戻るのが待ちきれない」ドーピング違反で出場停止のヤストレムスカが、晴れて処分解除に<SMASH>
ドーピング違反の疑いにより、ツアー出場停止処分を受けていた女子テニス元世界ランク21位のダヤナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)が、このほどの再審理で処分が解除となり、ツアーへの参戦が許可されることになったようだ。 ヤストレムスカは昨年11月に、モントリオールの世界ドーピング防止機構に送られた検体から禁...
別窓で開く


<前へ12次へ>